サプリメントアドバイザー@hiroの健康ブログ

サプリメントは医薬品ではないため、その効果・効能を謳うことはできません。サプリメントをご利用になる方は、ご自分でその効果・効能を調べなくてはなりません。そこで、サプリメント選択の一助になる情報を公開すべく、ブログを公開しております。


テーマ:

プラセンタは、「若返りのエキス」として注目されています。

とくに、ここ数年は、その人気が急激に高まっています。


美容や健康に関心のある人であれば、一度ぐらいはこの言葉を聞いたことがあると思います。

プラセンタを配合したサプリメントや化粧品を、実際に利用したことがある方も多いと思います。



プラセンタの正体は「胎盤」


プラセンタ(Placenta)とは、直訳すると「胎盤」という意味です。

妊娠中の女性の子宮内にできる、あの胎盤のことです。

ただし、サプリメントや化粧品に用いるのは、馬や羊など哺乳類全般の胎盤です。


「そんなものを利用して大丈夫なのか」と思う人もいるかもしれませんが、実は胎盤は栄養満点です。

哺乳類は出産後に自分の胎盤を食べることも多いのです。


胎盤はもともと胎児に充分に栄養を届けるためのものですから、身体に良い成分が豊富なわけです。


動物たちが自分の胎盤を食べる理由は、体力を回復させるためです。

出産は動物にとっては重労働であるため、出産直後は体力を消耗しきっています。

そこで、栄養満点で自然治癒力を回復させる効果をもつ胎盤を食べるのです。

動物たちは、胎盤のもつ力を本能的に知っているのです。




プラセンタをサプリメントや化粧品に配合するのは、この胎盤の持つ力を利用しているわけです。

すなわち、動物の胎盤から抽出したエキスであるプラセンタを、サプリメントや化粧品に配合しているのです。


プラセンタという言葉が日本で有名になったのは最近のことですが、人類の歴史を振り返れば、プラセンタが古くから美容・健康のために使われていたことが判ります。


なんと紀元前4世紀には、すでにヨーロッパ中で治療薬として使用されていました。

また、クレオパトラやマリー・アントワネットといった歴史上の美女たちも、若返りの薬としてプラセンタを使っていました。

中国でも漢方薬として長い歴史を持っており、秦の始皇帝が不老長寿の薬として活用していたという記録もあります。

日本でも、実は江戸時代にすでに民間薬として使用されていたようです。


動物たちと同様に、人間も生活の知恵と経験からプラセンタの効能を理解していたというわけです。


20世紀後半に入ってからは、プラセンタについての本格的な研究がなされるようになりました。

現在ではプラセンタがもたらす効果・効能が科学的に実証されてきていますので、今後も期待される成分です。


 


このように、プラセンタは優れた美容成分ですので、その利用を検討してみるべきだと思います。


そこでお勧めしたいのが、小林製薬のプラセンタゼリーです。


プラセンタゼリーに含まれる美容成分は、プラセンタだけではありません。


プラセンタゼリーには、プラセンタに加えて、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンおよびセラミドという4つの美容成分が配合されております。


 


コラーゲン

コラーゲンは人間の肌や骨、関節などの軟骨、目の水晶体や角膜などにも含まれています。

コラーゲンは美肌だけでなく人間の体を形成するのに欠かせない重要な成分で、人体にあるタンパク質の約30%を占めています。

コラーゲンが不足すると様々な老化の原因となります。


 


ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、もともと人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類(ねばねばした物質)の一つです。

ムコ多糖の中でもヒアルロン酸は、特に水分を保持する能力(保水力)にすぐれた物質で、非常にたくさんの水を蓄えると言われています。

保水力はヒアルロン酸自身の重量の約6000倍(1gで水6リットル)といわれています。

人体の約60%は水分から構成されていますので、ヒアルロン酸が、いかに私たちになくてはならない大切な存在であるかがわかります。


 


エラスチン

エラスチンはゴムのように伸縮します。

これは、エラスチンがコラーゲンと共に網目状にネットワークを形成し、コラーゲンの線維をつなぎ止めるようにして支えている弾力線維だからです。

エラスチンは皮膚や血管などの弾性に富む組織に多く存在しているタンパク質の一種で、ゴムのように伸縮する性質があることで、肌に柔軟性を与えているといわれています。


 


セラミド

セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在( 細胞間脂質)です。

肌や髪のうるおいに欠かせない働きをします。

肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできており、その一つ一つを接着しているようなイメージです。

セラミドは細胞間脂質の主成分にあたり、約半分の50%を占めています。

もともと体内にある成分で、肌にうるおいを与えます。


小林製薬のプラセンタゼリーは、ゼリータイプですからプラセンタを気軽に美味しく食べていただくことができます。


また、スティクタイプで簡単に持ち運べ、手軽に食べていただけます。


さらに、素材には富士の清水と新鮮なラズベリーを使用しているので、ほどよい甘酸っぱさで美味しく食べていただけます。


この小林製薬のプラセンタゼリーは、お一人様一回1セット限りではありますが、「お試し品7本入」を500円(税込み、送料無料)で試していただけます。


 


【小林製薬】プラセンタゼリー


プラセンタゼリー


 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

女性の身体は40歳を過ぎたころから卵巣機能が徐々に衰え、
やがて閉経を迎えます。

この閉経をはさんだ前後約10年を「更年期」といいます。

この時期になると、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つであるエストロゲンが急激に減少し、 体の中のホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが乱れると自律神経の調節が乱れて、 ほてり・のぼせ・冷えなど、体にさまざまな不調が現れます。

その症状は実に様々で、100種類に及ぶともいわれており、 約9割の女性が何らかの不快症状を感じます。

%e5%88%86%e6%b3%8c%e9%87%8f

大事なのは、女性ホルモンと似た働きをする「エクオール」であることが判明いたしました。

つらい大人の女性のゆらぎをやわらげるのが大豆製品です。

近年の研究で、この作用(すなわち、ゆらぎの緩和作用)をもたらしているのは、 大豆イソフラボンを摂取した時に腸内で代謝される女性ホルモンと似た働きを持つ「エクオール」という物質であることが解明されました。

重要なのは、 大豆を食べたときに腸内で代謝される女性ホルモン様物質 「エクオール」だったのです。

ところが現実には、日本人女性の約50%がエクオールを作れない状況にあります。

市場には更年期障害を緩和するサプリメントとして、イソフラボンを主成分とするものが流通していますが、 実は日本人の2人に1人、欧米人では3人に2人が、イソフラボンから女性ホルモン様物質エクオールを産生するために必要な腸内細菌を持っていないのです。

このような方々は、大豆製品を食べても、イソフラボンのサプリメントを摂取しても、 エクオールが体内にほとんど提供されないため、 ゆらぎ対策になっていないのです。

しかも、近年日本人の豆類摂取量は減少しており、エクオールを産生できる方でも、十分な恩恵を受けられていない状況が懸念されています。

今、体質に関わらず「エクオール」そのものの直接摂取が鍵となっております。

より効果的な対策は、 女性の味方「エクオール」そのものを摂取することなのです。

「命の母」の小林製薬が、不調に悩む女性を応援いたします。

発酵技術の進歩により、 大豆イソフラボンを発酵させて 「エクオール」を作ることができるようになりました。

抽出したエクオールを効率よく補給できるように サプリメントとして作り上げたのが、小林製薬の

『発酵大豆イソフラボン エクオール』

です。

 

エクオール

 

これからも、元気で素敵な毎日を目指していきましょう。

エクオール は女性のQOL向上の強い味方です。

女性ホルモンのバランスが崩れると 身体と心に様々な影響が出てきてしまいます。

「ほてり」「のぼせ」「イライラ」などの不調を 「年齢のせいだから仕方ない」と我慢せず、エクオール をぜひお試しください。

エクオール によれば、 大豆イソフラボンでは1/2の女性が代謝できなかった 女性ホルモン様物質「エクオール」が直接取れます。

大豆イソフラボンをエクオールに代謝できない方にも、 大豆製品をあまり召し上がらない方にも!

大人の女性のゆらぎのための、新世代サプリメントです。

大豆由来の安心で身体に優しいサプリメント。

ホルモン療法はちょっと不安・・・とお感じの方にも。

大豆イソフラボンでは1/2の女性が代謝できなかった 女性ホルモン様物質「エクオール」が直接取れます。

小林製薬は、 お腹の中でエクオールが作られる工程を、 健常な日本人が持っている腸内微生物を使ってタンクの中に再現しました。

小林製薬のサプリメントは、GMP認定工場で生産されています。

「年齢と共に、調子が悪くなるのは仕方がない」 とあきらめて見過ごしがちなちょっとした変化も、実はホルモンバランスの乱れによるものかもしれません。

エクオールの関連記事一覧

  1. エクオールを作れる人と作れない人がいます
  2. エクオールは大豆由来の成分
  3. エクオールは成熟女性の輝きの鍵!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(5)