モヨコ

テーマ:
先週土曜、久々満喫にて。
安野 モヨコ
ジェリービーンズ 1 (1)
紹介するのにこの表紙をはっつけるのもちょっと恥ずかしいけど、
結構おもしろかったのですぐ読破。

なんかこの安野モヨコって人の本は自分好みかも。

花とミツバチなんかはどーだろう・・・。
AD

陰日向

テーマ:
ちょっと前、なんかわかんないけどふと本が読みたくなって
一冊勢いで買いました。

買ったのは以前から気になっていた劇団ひとりの処女小説。
劇団ひとり
陰日向に咲く
久々に小説読んだけど、かなり読みやすくてすぐに読破できました。
小説を何冊も読んでるような本好きの人には
あんまり評価してもらえないような気もするけど、
自分は読み終えて面白かったと思います。

勝手になんだけど、なんとなく劇団ひとりっぽいなぁって言うところが
文字にも出てたと思います。

でも、気になるのがタイトルの「陰日向」。
これってなんて読むの?
「日向」は「ひなた」だと思うから、
「かげひなた」ってそのままの読みでいいのかな?

もしかしたらこれで自分のばかさが出てるかも・・・。
AD

さくらん読後

テーマ:
本屋で結構分かりにくいところから見つけてきて
800いくらで買って読みました。

だけど、ん~って感じだった。
もうちょっと面白いかなって勝手に想像してたんだけど、
自分的には働きマンの方がgoodかな。

AD

99.9%は仮説

テーマ:
ニュースじゃないけど、今日の日経の中から。

「99.9%は仮説」

世の中の科学や哲学には仮説で成り立ってるものが多く存在する。
飛行機がなぜ飛ぶのか本当は良く分からないとか・・・。
ちょっと興味そそられる一冊です。

参考書評:
本屋好きが本を紹介 さん
bookmarks=本の栞 さん
竹内 薫
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

さくらん

テーマ:
安野 モヨコ
さくらん
働きマンの安野モヨコと
ブックマークにもある蜷川実花。

蜷川さんがさくらん映画化の際に監督をするとの話。
さくらんは読んだことないので
早速買って来ようと思います。