テーマ:
東京都庭園美術館で、建物公開事業の一環として、
「アール・デコの邸宅美術館」展が開催されます。
→ 

2015年7月8日(水)、旧朝香宮邸は重要文化財(建造物)に指定されました。

この建物は、朝香宮家の本邸として1933年に竣工した建築であり、
戦後は外相公邸や、迎賓館として使用され、
1983年に美術館として公開され現在に至っています。

重要文化財に指定されたこの建造物を
パーツごとに分解して、違った視点でご紹介しています。

次は家具・調度品を見ていきましょう。

家具・調度品の庭園美術館アート

大広間に飾られたマホガニーの肘掛椅子セット。


家具・調度品の庭園美術館アート

R曲線が美しい大客室の応接セット。
ガラス、ベークライト(初期のプラスチック)ローズウッドの突板の
アール・デコらしいテーブル

家具・調度品の庭園美術館アート

モスグリーンとこげ茶のシックなソファ、椅子と茶卓のセット


家具・調度品の庭園美術館アート

家具・調度品の庭園美術館アート

妃殿下居間の金色で彩色の美しいソファと椅子
他の家具がシックで上品な中で、華やかさがあります。



次はキャビネット。

家具・調度品の庭園美術館アート

ウォールナットのキャビネット


家具・調度品の庭園美術館アート

左側のキャビネットは楽譜収納用キャビネット。


家具・調度品の庭園美術館アート

家具・調度品の庭園美術館アート

メープル素材の調度品を飾るキュリオケース


家具・調度品の庭園美術館アート

メープルの突板のデスク。


家具・調度品の庭園美術館アート

現在でも参考になるテーブルコーディネ―ネーション。

細かく細工された突板による模様や美しい仕上がりの塗装は
当時の家具製造技術のレベルの高さが覗えます。


今回展示されている家具・調度品はすべてが
朝香宮邸で使われていたものではありませんが、
当時の生活を垣間見ることができるものばかりです。


「アール・デコの邸宅美術館」展は9月23日(水)まで開催されています。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。