1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-09-08 10:27:28

最近出会ったレストランたち

テーマ:日記?
私もわずかではありますが、飲食関係の経営に関与しています。
これが良かったかどうかは評価が分かれますが、少なくともワインを中心にした酒類の知識が広がったことと美味いレストランの情報が入手しやすくなったというのは利点として数えることができます。

最近、巡り合った(あるいは再会した)お店について諸々思うところがあります。
というわけで、自らの備忘のためにも記しておこうと思います。

まず青山の閑静なエリアに佇む「I・K・U青山」。
こちらは10年近くお付き合いのある村田育生さんが出されたお店です。
読み方としてはイクということになるのでしょう。
育生さんが経営しているのでイクとなったのだろうと理解しています。

正式オープンはこの9月ということでしたが、私はすでに二度ほどお邪魔した次第です。
何事にも追及の手を緩めない村田さんがオーナーだけあってロケーションは旧岡本太郎邸近辺。骨董通りをちょっと入った真新しいビルの3階です。内装はモダンシック。実に上品な空間が設えられています。

料理としてはイタリアンに属するでしょう。
コールドプレスした3種の野菜から始まって全体に極めてヘルシー志向。食材も吟味されているので安心して美味いものが食べられます。
世の流れにマッチした今風のお店ということになるでしょう。
落ち着いた場所柄デートによし、わいわいと集まるによし、家族でしっとりでまたよしという感じでしょうか。

次に最近出会った新しいお店で印象的なのは「金蔦」です。
こちらは六本木ミッドタウンにほど近いビルの地下1階。
ロケーションこそやや猥雑、そして内装こそやや無骨ではありますが、コスパ最高のここでしか味わえない料理を出してくれます。

たまたまお呼びいただいた日本酒の会で、この隠れた名店のシェフ盛山貴行さんと知り合い、行ってみようというので行ったら良かったというパターンです。
なんでも盛山シェフはニューヨークの和食レストランで修行していたとのこと。コースで頼むと彼が手がけた前菜が出てきますが、こいつが値段以上のクオリティ。

そして、メインが「博多炊き肉鍋」なる料理。
個人的には豚だけがいいと思いますが、ガッツリ行きたければ牛もありでしょう。ジンギスカンとしゃぶしゃぶを合体させたような食べ方です。
コースで5000円以下からの設定でパフォーマンス最高じゃないでしょうか。
ここは大人数で行くのが良いかと。

さて、最後ですが、こちらは「再会」です。
誰でも知っているというか、この店を誉めても、だれも意外に思わないお店です。
白金から品川に移転した「カンテサンス」。

私のようなものが言うことではありませんが、カンテサンスは移転してグッと良くなったと思います。
もともと岸田シェフの作るものはオリジナリティもあり、かつ、肉の火入れなんかも丁寧で繊細という売りがあったと思います。
完全なカルトブランシェで、隣と違うものが出るとかなんとか、開店当初はそんなちょっと気をてらったような部分も評価されていたと思います。

でも、今は月に1回メニューが入れ替わり、固定された料理が安定的に供されます。
これはもう、まさに顧客との明確な約束を自ら提示し、それを裏切らないという表れだと感じます。

メニューが固定されて安定しているということと関連しているかもしれないのですが、岸田シェフの料理には二つのとても感心するポイントがあると分析しています。
一つには極めてオリジナルなのにどこかで食べた「おいしいもの」の印象が脳内でつながるという点です。

例えば、今月出ている(どうやら比較的定番のようですが)クレープ生地の上にフライされたエビと粗くすりおろされた別種のエビがのっていて、そいつを自分で手巻きして食べるという絶品な料理。
これはもう美味いんですけれども、エビのフライされた部分は高級なエビセンを食べている香ばしさだし、その風味は食べ方からも連想できるように北京ダックのような味わいなのです。

また、デザートに出されるメロンのシャーベットは子供の頃に食べたメロンシャーベットを高級にしたような(もちろん味わいは別格ですが)懐かしい気分とともに食べられるわけです。
いくらオリジナルでも理解できないものはうまくともなんともありませんし、いくら食材がいいからといって、まったく想像できない組み合わせを持ってこられても美味いとは思えない。
この店、岸田シェフの料理は必ず理解できる範囲でオリジナルだというのが凄いところだと思っています。

そして、もう一つのポイントは温度です。
私は個人的にフレンチで「魚」は難しいと思っています。
いくら新鮮な最高の魚であっても、うまい和食屋以上のクオリティで出すのは不可能だというのが私の意見です。

最近フレンチで出される白身魚は、皮の部分をカリッとした食感に仕上げ、身の部分は半透明くらいの微妙な火入れにとどめるというのが典型じゃないでしょうか。
ソースはそれぞれの料理人の個性が出る部分ですが、基本調理のスタイルは今風なら身は半透明です。
すると、だいたい身の部分の温度が低い。
これが問題になります。

私はプロではないのでわかりませんが、おそらく、身を半透明程度に維持しながら、提供温度を人肌以上にするというのが困難なのだろうと推測しています。
もちろん、それでうまければいいのですが、半透明部分の温度が低いとなぜか生っぽさが引き立ち食感も悪くなります。
それが普通の料理人の仕事なのですが、岸田シェフの場合、その半透明部分も完全に火が通っている部分と同じくらい温かいのです。
これはもう、腕以外の何物でもありません。

くどくなりますが、例えば、豚を提供する場合、中をほんのりピンク色に仕上げるというのが、今風のフレンチの流れだと思います。
岸田シェフも同じように出してくるのですが、そのピンクの部分もしっかり温かい。
どうしてできるのかわかりませんが、提供温度に文句のつけようなないのです。
だから、最後まで美味しく食べられる。
凄いことです。

もちろん、ディナーでの活用をおすすめしますが、お得に岸田シェフの料理を味わいたいならランチじゃないでしょうか。
2ヶ月待ちでも行って後悔しないレストランだと思います。

ちなみにご紹介したレストランは……
>I・K・U青山
>金蔦
>カンテサンス
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009-09-25 22:22:22

フエ―ベトナム

テーマ:日記?




今回の連休は色々あってフエというリゾート地に行ってきました。
ベトナムの中部、ダナンから50Kmほど北に位置するベトナムの古都。
その古都が隠れたリゾート地として徐々に発展しているということで、ある御仁に誘われるままに行ってまいりました。




ベトナムの通貨”ドン”は日本で両替ができません。
(なぜできないのかは不明…ベトナム側の事情なのか、日本に需要が少ないために金融機関が扱わないのか…)
そこで、手持ちのドルを持って、行ってまいりました。




たいがいの場所でドルは普通に使えます。
とりわけ、ゴルフ場のような外国人がよく来る場所だと、少額の支払いで100ドル紙幣を出しても、きれいなドル紙幣たちで、さっさかとお釣りをくれる。
これは、ちょっとうれしい。




というのは、1ドル紙幣というのは、どんな旅先でもちょこっとしたチップなどで「使える」しろもの。
ところが、その分、手元からなくなって、次の旅に出る時には、50ドル、20ドルの紙幣はあるけど、少額の1ドル、5ドルがないということが起きてしまう。
さらに、困るのは、ドルで払ってお釣りは現地通貨という場合。とりわけドンのようなマイナーな通貨でおつりをもらうと余計な買い物をして通貨を消化しないといけなくなります。




ゴルフをしたのはフエから50km離れたダナンでした。
ダナンといえば、私のイメージでは、ベトナム戦争時代の米軍の補給基地(だったと思う)。
ところが、行ってみると、軍港というイメージは全くなく、とてつもないリゾート開発が進行中でした。
そのリゾート開発の一環としてなんでしょう、このほどオープンしたというMontgomerie Golf Links。
ベトナム中部で初めて誕生したゴルフ場でプレーしました。




ゴルフ場としては、起伏が少なく一見単調になりそうなところをふんだんな池と激しいブッシュ、起伏の激しいグリーン(ほとんど砲台)でもってなかなか過酷な作りになっています。




で、何といっても、暑い…。
暑さ対策で8時ティーオフにしたものの、10時以降は暑さでふらふら。
よほど物好きでない限りダナンで12時前後のゴルフはおすすめできません。
無理です。




ところでフエですが、日本に帰ってきてから聞きましたが、世界有数の亀の産卵場所ということで、それが有名だそうです。
(そんなことは全く知りませんでした)
それと、古都ということで、それをしのばせる王宮が世界遺産に指定されている。
そこをぐるっと一回りしましたが、ゴルフ同様に暑くて暑くて、ゆっくり見る気は起きないという有様でした。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2009-05-28 11:11:11

初・感謝状

テーマ:日記?



もう終わろうとしている5月。
私にとって今年の5月は、ちょっとした変節点になっています。
(というよりも、今年はとにかく全部変節点なんですが…)



これまで関わってきた人材業界。
諸先輩から「自社視点だけでなく、業界視点で仕事をすべし」とご指導を頂いて、少しづつ日本人材派遣協会の活動に関与させてもらいようになりました。
それが7年ほど前だったでしょうか。



協会に出入りをさせてもらった当初は、評論家的に勝手な発言をしているだけでしたが、やがて、副理事長、理事長として執行に関与させてもらうようになり、昨年から会長という大役を頂いていました。
ところが、色々あって、インテリジェンスの社長を辞めることにしたために、業界の皆さんにご迷惑をおかけすることになってしまいました。



会長の任期は2年です。
昨年5月に会長を拝命したわけで、任期を全うするには来年5月まで務めねばなりません。




ただ、事業会社の社長ではない人間が、そんなに長く業界団体の長を務めるのも不自然。
そうしたことで、迷惑をお掛けすることは承知しつつも、任期途中で会長を退任させていただきました。
業界の皆様には、本当に申し訳なく思っております。




そんな私に、先日の総会の際、協会から感謝状を頂きました。
(ちなみに、一定の役職にて協会活動をお手伝いすると、退任する際に、誰でも感謝状はもらえるようになっています。)
考えてみると、感謝状というのは生まれて初めて。
そして、賞状を頂くというのも久々のことです。




会社として表彰してもらうことはあっても、個人として表彰されたというのは、恥ずかしながら、記憶にない…
そんなことで、初・感謝状。
ありがたいお話です。




そして、どうやら、このフロクもそろそろ”お別れ”が近づいてきています。
あと少し、がんばります。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-05-09 11:11:11

GW中

テーマ:日記?

GW中



今年のGWは一部の方々にとって、長い長い連休であったようですが、私は暦通りに動いておりました。
しかも、暦上の休みの日も特定的な予定もほぼなく過ごしました。




記憶の中で、ここまでノープランのGWはありません。
敢えてノープランで臨んだGWなので、問題はありませんが…




そんな中、突然思い立って牛久のゴルフ場に行くことにしました。
いつでも空いているゴルフ場なので、一応「9時30分くらいには着くと思います」とだけ伝え、向かったのですが、例のETC1000円の影響で高速が渋滞。




それで、早めに高速を諦めて、国道4号線を北上しました。
いつもの倍はかかるだろうと覚悟しつつ、そこは少しでも早く着きたいというのが人間の心理。
しかも、ゴルフ場には9時半という期限を示しています。




そんなことで、カーナビ表示で「残り19km」まで来たところで、国道4号線上に常磐自動車道が「さも近くに走っている」ような表示を発見しました。
さすがに渋滞も和らいでいるであろうという甘い観測のもと、ついフラフラと再度高速に乗ることを選択したのですが、これがいけなかった。




ビジネスの世界でもそうですが、目先の欲目というのはロクな結果を生み出しません。
国道4号で行くならずっと4号線で行く、高速で行くならずっと高速で行く。
そういう一貫性こそ、最終的に安定した成果を生み出すもの。





ちょっとうまみがありそうだから右に行き、ちょっとショートカットできそうだから左に行き…
つまらない欲をかいても結局損をする。





どうやら、いくら渋滞してはいても、我慢して高速を走り続けるのが、一番早道だったようです。
急がば回れということでしょう。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2009-04-24 11:11:11

引越と2つの教訓

テーマ:日記?

引越と2つの教訓

今日、インテリジェンスにあるオフィスを引き払ったのですが、教訓2つ。
まず、ひとつは20年間ため続けてきた書類やら物品というのは、相当なもので、これまでも(周辺スタッフに手伝ってもらって)整理はしてきたつもりでも、背の高さのストレージにして2本分くらいの書類になっていました。

さらに、本。サイドボードというか書棚いっぱいに本を溜め込んでいました。
これらの書類や物品、本をどうしたか?
結局ほとんど全部捨てました。


オフィスの引き払いを準備する中で、最初に捨てることを躊躇したのは、本でした。
どうも昔から本を捨てるということに抵抗があって、全部運び出そうと思ったのでしたが、「もう一度、読むことがあるのか?」ということを自分に問い直すと、それは「否」。


「これは、見直すかもしれない」と思える本も含め「えいや!」とばかり全部処分してもらいました。
となると、今まで読んだ本を溜め込んでいたのは、「なんだったんだろう」と考えます。
何となく捨てられなかっただけで、捨てても何も困ることはない。
教訓のひとつ目は、ただ何となく惜しいと思って取っておくというのは無意味だということ。


いや、この教訓、私は結構実践してきたつもりです。
いらないものはどんどん捨てる。
それでも、本だけは心理的にどうしても捨てられなかった。
この書棚に溜め込んでいた本、ほしい人に持って行ってもらったのですが、中に「この本、是非読んでみたかった」という人もいて、なるほど溜め込むよりも処分したほうが、よほど役に立つというわけです。

それからもう一つの教訓は、人間、なんでも器の大きさで入れるものを決めてしまうものだということ。
よく「自社ビルを持つと、自社ビルの容量でやることを決めてしまうからダメなんだ」ということを言います。
身近な個人的体験でいえば、旅行の時、「大は小兼ねる」ということで大きめのカバンを用意すると不思議とそれに合わせて余計なものまで持っていくことになる。「ちょっと小さめかな?」と思えるカバンのほうが無駄なものを持っていかないですむということがある。




私が愛用してきた机やそれと基調を同じくしたサイドボード類。
今更、こんなものを残しておいても、会社としては無用の長物です。
したがって、私が買い取るのが一番いいだろうと考えたわけですが、いざ、これをどこかに運ぼうと思うと、意外にデカイ。
最初、私の個人事務所に運び込もうと考えたわけですが、この机一式を運び込むといかんせん手狭になってしまいます。
つまり、まさに器が決まっているために、それに合わせて何を”捨て”、何を”残すか”考えることなる。




そんなことで、随分とスリム化できました。
人間、新しい制約が生まれることによって、それに合わせてどうにかするということができるものです。




結局、机一式は新プロジェクトを遂行するオフィスに運び込むことにしました。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2009-02-23 11:11:11

発熱

テーマ:日記?



これは一つの神からの啓示なんであろうか。
先週、お客様にお誘いいただいたゴルフの後、
39度の発熱。
当日朝からやや体調不全を感じながらも、
出かけたわけですが、まさかの発熱。



高い熱が出るというのは、根本が健康だから
という話を聞きます。
確かに、20代、30代の平日寝てるんだかどうか
わからないような生活をしているときは、年間の
半分くらい風邪を引いていたように思います。




つまり、平常の健全性レベルが低いために
風邪が治りきらない。
そのかわり、風邪を引いても
あまり熱も出ない。
ただただ、だらだらと調子が悪いということが多かった
ことを思い出します。




その点、この年になって39度も熱が出たということは、
喜びに値する!
ハッピー39度!
私の体は今、病原菌と戦っている!




一方、なぜ基礎的な健全性のレベルが上がっているのに
今回このような事態に見舞われたのか…
このために、予定されていたI社96年入社組との懇親会が
中止されることになってしまいました。
参加予定であった皆さん、本当にすいません。





考えると、どうも色んなことを詰め込んでやり過ぎていたようです。
今回は、少しゆっくりせよという神からの忠告と思って、先行きの
予定をだいぶキャンセルさせてもらうことにしました。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2009-02-02 22:22:22

2月2日

テーマ:日記?

こうしてフロクを更新するというのも時に苦痛である。




なんでこんなことやっているのか、とむなしくなることもしばしば。
色々と非難を受けることもあるわけで、そんなことがあると尚更である。




とまぁ、そんなことはどうでもいいことなんだが、フロクを見ていただいている方々もどうも一定の率で”回転”し続けているようで、何度かコメント等で
「なぜ、22:22:22に更新しているんですか?」という問い合わせを受ける。
特別な理由などないのだが、たまたまあるとき、任意に時間設定して更新できることに気付いて、それ以来、22:22:22にしているだけのこと。
全く無意味なんですが、逆に今度は、「2並び」の日には更新しないと!
という変な意識が生み出されたりして、おかしなもんです。




自分自身がたまたま作り出したルールに自ら縛られるという愚。
それじゃぁ、毎年2月2日に更新していたかというと、さにあらず…
2年前は2月22日が「フロクの日」などと書いている。
そして、そんなことがあったことも忘れているという始末。




ということで、22:22:22の更新にも区切りをつけて、今度からは11:11:11にしようと思う。
丁度、2月3日は「節分」だし、まさに節目になるでしょう。
大げさだけど…




今日のところは、以上です。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-01-10 22:22:22

何かと自分でやるということは

テーマ:日記?




大変です。
去年の11月くらいでしたか。
家でPCを利用するのに”無線”じゃないというのも、いかにも古かろうということで、某社の無線LANルーターを購入。




まず、はじめに突き当たった問題が、PCを2台つなげないという事態…
よく理解できなかったのですが、1台目と2台目の設定方法が違うという。
で、会社の詳しい人間(要はITセクションのメンバー)に「私的なことで申し訳ないが…」などと言い訳しながら、どうすりゃいいかをサポートしてもらい、結局、彼女がこのルーターメーカーのWEBページから設定方法を探りだしてくれて、ひとまず解決しました。




ところが、ほどなく、なぜか今度は1台目のPCが接続不良に陥る。
いたしかたなく、1台目はLANケーブルで接続を余儀なくされる…
(しかも、無線接続後、嬉しさのあまりLANケーブルを捨ててしまったため、短さゆえに不便極まりない予備のケーブルで我慢せんといかん始末。)




数日後、事態はさらに悪化。
遂に2台目も接続不能に…
どうしようもなく、恐る恐るメーカーのサポートセンターに電話。
ところが何度かけても到底つながる気配がない。
半ば意地になって架電し続けて、ようやくサポートの女性につながったのも束の間、こちらが何も言う前から、彼女は明らかに電話を取った瞬間から苛立っている。




確かに気持ちもわかります。
電話を取り続けるサポートの仕事。
でもって、電話のつながり具合から考えて、完全にオーバーフローしているに違いない。




話せば話すほどケンカ腰になる彼女にあきれて休戦。
「しばらく放っておけばつながるようになる…かも…」などと考えて、しばらく放置するも、つながるようになるはずもなく、仕方なく、メーカーのWEB上の「お客様サポート」コーナーを頼りに悪戦苦闘して、何とか2台目はつながるようになったのですが、なぜか常に断線して安定しない。
それをなんとか我慢して使い続けて2週間ほどでしたでしょうか、我が家にi-pod touchがやってきました。




これは、何としてもWi-Fi接続せねばいかん、ということで、もはやヘビーユーザーと化した「お客様サポート」コーナーへ。
やはり私と同じニーズのユーザーが多いのか「i-podをつなぐ」みたいなコーナーがあり、どうやらルーター側の設定を変更するというので、PCからルーターをいじるんだが、なんせ私の主力機(2台目のPC)は断線を克服できていない。
手間取りながら、なんとかサポートセンターの力を借りずに設定に成功!




ところが、年明け。
突然、i-podのWi-Fi接続が不能になりました。




もはや観念して(いらだち抑えきれず)、”破壊的出直し”をしようかとも考えました…
が、それも大人げない。
休日の朝から、まずアップルのサポートに電話。
(アップルはすぐにつながりました…私の短いユーザーサポート体験がここで覆された感じです。)
一通り症状を伝え、あれこれといじった挙句、「やはりルーター側の設定についてメーカーさんとお話しされたほうがいいですねぇ~」という温和ながら匙を投げられたかっこう。




そして、恐怖のメーカーサポートに再チャレンジ。
電話はなかなかつながらず、ようやくつながったかと思うと、予定通りに、のっけからケンカ腰の雰囲気。
(同一人物でないことは確かなので、このケンカ腰はもはや企業文化?)
それでも前回よりは、だいぶ無線LANの知識が増加していることもあって、会話がキャッチボールになってきた。




結局、何とかいうソフトをダウンロードして、アップロードしたり、周波数を変えたり、なんじゃかんじゃとメーカーのサポートとアップルのサポートに交互に電話しながら、何とかすべてのキカイを無線でつなぐことができました。
まぁ、なんともかんとも、すべてが終わったのは昼過ぎでした…
何でも自分でやるというのは骨が折れますなぁ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008-12-15 22:22:22

カウンターにて

テーマ:日記?

たまたまですが、毎年恒例の某社の忘年パーティに出席後、インテリジェンス新社長の高橋さんと一緒に仲良くしていただいている六本木の某お店に行きました。




このお店は冬場、大変に込み合いまして、カウンターで食事をしていますと、顔見知りの方とお会いすることがあります。




今回もお二人の先輩とたまたま再会するという幸運に恵まれました。
お一方はある上場企業の経営者でもう10年近いお付き合いですが、再会は4-5年ぶりでしょうか。もうお一方も、以前、あることで提携していた会社を経営されていた方で、来年民主党から都議選に出馬予定とのこと。
このお二人につながりがあることは知りませんでしたが、「ついさっきまで、鎌田はどうしているか…と話をしていたところだった」というので、これは何かの思し召しかと感じた次第です。




「近日、ワインパーティをやろう」とお誘いを受けましたが、酒席ゆえ実現しないで終わるかもしれません…
やはり、人生の節目ということなのか、いろいろな「再会」に恵まれている今日この頃。
こうした「たまたま」や「偶然」を”楽しむようにしないといけない”などと考えたりします。
つまり、決まったことをやらない。流れに任せるというか成り行き任せというか…時にそれでいいと思うわけです。




一つの課題は、すぐにスケジュールを埋めようとしてしまうこと。
そもそも忙しがりということもありますし、実際、会社を経営するという仕事はいろんなことでもって時間が埋められていくものです。
ましてや、時間管理を他人(秘書)に任せていれば、どんどんとスケジュールが制御不能になっていって、ややもすると自分で自分のことが決められなくなったりする。




”今”を一つの人生の節目と位置付けている私としては、まず、時間がドンドン埋められる状態を変えていきたいと考えています。
スケジュールがびっしりと埋まっている状態に慣れてしまっているために、スケジュールが決まっていないと何だか不安になったりする。
これはもはや強迫観念というやつで、折角の人生の節目を台無しにしてしまいます。




まず、「何の予定もない」という1日を作りたい…
来年の2月ごろにはそれができそうな感じです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008-12-04 22:22:22

先日、インテリジェンスの広報から

テーマ:日記?




このフロクの始末について提起がありました。
でもって、「丸の内で働く社長のフロク」というのはまずかろうから(事実と異なるという点で)、タイトルなど変えるべしと…




何もそこまで厳密である必要もあるまいと思うわけですが、実はこのフロクの運営には、インテリジェンスの広報セクションが関与しており(フロクの中身は全て自分で書いていますが、スキンの変更だったり諸々は広報セクションがやってます)、私の勝手というわけにもいかない背景があります。
それでも、まぁそこまでかたく考えなくてもいいじゃないかと思うわけで、もうしばらくはこのままで(いきなり変更というのもそれなりに工数が掛かりますので)、やらせてもらうしかないだろうと考えておる次第です。




何も釈迦力(しゃかりき)になって、修正しなくても世間は許してくれるでしょう。
そもそも、最近、丸の内で働いているわけでもないし…(たまには丸の内にいます)





方向としては「丸の内で働いていない社長じゃないフロク」が最有力候補です。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース