2008-10-22 22:22:22

最近、やたらと携帯メールで…

テーマ:フロク




私のようなギリギリの世代にとって、携帯電話でのメールのやり取りというのは、本来、本流の通信手段を補完する道具なのであって、それを基幹に据えようなどとは考えられないわけです。




ところが、わたしのようなギリギリの世代においても、やたらと携帯メールでコミュニケーションしてくる人がいて、感覚的ですが、その人口がどんどん増加しているように感じます。




(なんという鈍感…なんという時代錯誤…とお感じの方はこれ以上読まないほうがいいです。といっても、すぐに終わってしまいますが。)




同世代のある(ギリギリな)友人は、携帯電話を充電するのに、「いちいち電源をOFFにしないと携帯が壊れる」と、つい最近まで信じていました。
が、彼との最近のやり取りは携帯メールになりつつあります。




また、ある友人は、携帯でメールを送信するのにあたり、まずPCで打ってからそれを携帯に送り、さらに自分の携帯から送るようにしています。
(理由としては、「自分の携帯から送りたいから」ということですが、なぜPCから直接送らないのかについては聞く気が起きません。)
したがって、彼からのメールは携帯からやってきます。




そんなことで、ギリギリな人々が何とか時代変化の端っこにしがみついてるというわけです。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-10-20 22:22:22

やたらと挨拶していると…

テーマ:フロク




インテリジェンスの首都圏の拠点はいくつかにバラけているために、(お恥ずかしい話ですが、)自分の会社の社員なのか、他社の人なのか見分けがつきません。




そこで、やたらと、自社の社員とおぼしき人には「おはようございます」「お疲れ様デース」などと気安く挨拶をするわけですが、すると当然”誰だ、こいつ”という反応をされて恥ずかしい思いをする。




しかし、考えてみると、単に挨拶しているだけなわけで、つまり全くの赤の他人であっても挨拶くらい交わしてもいいじゃないか、とも思うわけです。
世の中意外と、挨拶を交わす習慣というものが廃れているようで、「おはようございます!」に即座的に反応する人は少ないように思います(この点、当社は、反射的に挨拶するように鍛錬されているメンバーが多いため、社員を見分けるには便利に出来ています)。




一方、やたら挨拶して、ちょっと恥ずかしい思いをするのを避けると、これまた別の副作用が生じます。
つまり、自分の会社の社員なのに、挨拶しなくて「嫌な社長」になってしまう。




これも、小さいながら心理的な負担になる。
てことで、「嫌な社長」と思われるくらいなら、「やたらと馴れ馴れしい赤の他人」と思われようと、積極的に挨拶するわけです。
思いっきり清々しく挨拶すると、赤の他人でも思わず反応してしまう。
面白いものです。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2008-10-06 22:22:22

実は北海道で…

テーマ:フロク




実は今月、突然の事情で北海道に行きました。
そこで、ゴルフをやったのですが、なかなかユニークな仕組みに出会いました。




通常(これはあくまで私の常識)、「乗用カートあり」「キャディーさん付き」という場合、同じ乗用カートにキャディーさんもプレイヤーも同乗して回るものだと思います。
ところが、今回、北海道で、プレイヤーだけが乗用カートに乗って「足代わり」にし、キャディーさんはキャディーバッグ運搬用カートを操作する(つまり全く別行動)という変わった仕組みでした。




つまり、プレイヤー(自分)とキャディーさんの移動速度が極端に違う。
ゴルフをする方ならご理解いただけると思うのですが、これはとても問題です。




プレイヤーだけが極端に早く、第2打地点に到着してしまう。
そして、ひたすら、キャディーさんの到着を待つ。打ち気がはやっているので、ろくに「何ヤード」残っているか聞くこともなく、ハザードがあるかどうかを確認することもなく、バックから番手を取り出して打つ。
そして、次の地点に、道具もなく、たどり着く…。イライラと道具の到着を待つ…。




この状態が続くと、やがて、あらかじめ何本か道具を取り出して、次に打つ地点に行き、キャディーさんの到着を待たずに打ってしまう。
こうなると、「何のためにキャディーさんがいるのか?」わからなくなってくるわけです。




もはや、ほぼセルフプレー状態。キャディーさんはむしろ、足手まといという感じ。
なんでこんな仕組みが運用されているのやら…




恐らく「セルフプレーなら乗用カートを利用しましょう」、「キャディーさん付きならば歩行プレーしましょう」ということだろうと思うのですが…
「乗用カート希望」かつ「キャディー付き希望」という顧客側のニーズを言われるままに実行し、その結果、非常に不合理な運用になってしまい、かえって顧客に不満を与えるという一席。
考えさせられました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み