2007-09-26 22:22:22

佐藤優さんの著書

テーマ:日記?

佐藤優さんの著書は結局全部読みました。




最初に読んだのが『獄中記』(岩波書店、佐藤優著)。

獄中記/佐藤 優
¥1,995
Amazon.co.jp



”獄中”という何とも恐ろしいワーディングに誘われて、思わず購入。
獄中という特殊な環境で綴られた”日記”ですから、全部まともに付き合っているとやっていられないので、適宜読み飛ばしたものの、佐藤優さんの博識ぶりに感心しつつ、すぐに読み切りました。


本を読んでいる



『獄中記』で佐藤優さんに興味を持って、次にジャーナリストの何とかさんと対談している本。書名は失念しましたが、対談形式ということであっという間に読み切りました。




数ヶ月経って、ふっとまた佐藤優さんの”ちょっとよじれた精神構造”から見た世界に触れたくなって、『自壊する帝国』(新潮社)を読みました。

自壊する帝国/佐藤 優
¥1,680
Amazon.co.jp

ソ連が崩壊していくプロセスやその中でのバルト三国の動きなど、佐藤優タッチの真実なんだろうけどフィクションっぽい。そして、登場する人物の人間性をえぐる描写が面白く、すらすら読みました。




それで、先週ですか、『国家の罠』(新潮社)を読みました。

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて/佐藤 優
¥1,680
Amazon.co.jp

これは佐藤優さんが彼が主張するところの”国策捜査”にいかにして陥れられたかを描いています。
特に取調検事とのやり取りは、当たり前ながら迫真で、先行きをドキドキしながら読みました。
結局、『国家の罠』もすらすらと読み切った次第です。





それにしても、接見禁止で512日間も拘留されていたにもかかわらず、精神に異常をきたすことなく乗り切った佐藤さんという人は、ちょっと普通ではないと思います。
彼の言うとおり、ソ連・ロシア、そしてイスラエルといった政治的に厳しい国々で仕事をし、国の意志で突然捕まってしまった人々がいかに生き延びたかという実話に数多く触れていたことが大きかったのでしょうか。




ともかく、何だか知らないうちに、それまで何の興味も持っていなかった佐藤優さんの著作をほぼ全部読んでしまったわけです…

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-09-20 22:22:22

新宿おにぎり

テーマ:日記?

今日はインテリジェンス新宿支社で勤務でした。
インテリジェンスの首都圏の拠点は大きな括りで、丸の内、市ヶ谷、新宿、溜池山王にあって、それぞれ丸の内=人材紹介(DODA)、市ヶ谷=管理部門、新宿=人材派遣、溜池山王=anのそれぞれの部門が入っています。




そんなことで、今日は派遣系部門の拠点にいたのですが、そこで、秋の商戦期”おにぎり”支給に出会いました。
インテリジェンスでは、部門によって、商戦期などにあわせて、おにぎりとか、ベーグルとか、おすしとか…そうした食べ物が配られることがあります。




写真はおにぎりに食らいつく白井君です(入社5年目で事業企画の仕事をしてくれています)。
無理を言って、モデルになってもらいました。



onigiri2



そんなことで、今日は、私も配給おにぎりをいただきました。



onigiri1

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-09-03 22:22:22

シリーズ【大人の証】

テーマ:フロク



「新聞で連載小説を読む」
日経新聞の「私の履歴書」を欠かさないというのは、マセた大学生にもいる。
が、1年にも及ぶ連載小説を欠かさないというのは、なかなかの大人である。




会議の中の説明で、連載小説の登場人物を比喩に取り込んだり、連載小説内のエピソードを教訓に用いたりすると、大人っぽい会議になる。
ところが、連載小説を読んでいない人間が大半を占める会議の場で、これをやると、”単なる年寄り”になるから気をつけたい。
当然のことだが、特性上、新聞を読むことがスタイリッシュではないとされる業界では、新聞の連載小説ネタを会議に持ち込むなど言語道断。
変質者扱いとなるから絶対避けなければならない。




また、幼い集団に属していると、新聞に連載小説のコーナーがあるという事実すら認識されていないこともある。
そんなときは、そういうものが世の中にはあるのだということを教えてやるのも大人の役割であろう。

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース