2007-08-27 22:22:22

驚くべき非効率

テーマ:ビジネス雑感

以前、イタリアでワインを大量買いしようとして、カードを出したら、「そのカード会社の手数料は高いから、うちじゃ使えないんだ」といわれ、
おそらく世界で一番加盟店が多いと思われるクレジットカードを出すと、長いことカード会社の与信担当者と電話で話した挙句、「与信がおりない」と言われ…




「与信がおりない」ことに、遠い異国で文句言っても仕方ないわけですが、それにしても店に決済端末がないとは!
いまどき、信じがたいが、さすがはイタリアと思ったものです。




別にクレジットカードの決済端末がないくらいで、どうということもないわけですが…ワインもほとんど全部常温で置きっ放し。
そのエノテカがその都市でも有数の店というのにも驚いた次第です。
まぁ、考えれば単なる酒屋だからなぁ…もし、日本にコンビニ旋風が吹き荒れず、昔の酒屋が今に残っていたならば、日本の酒屋も同じような近代化レベルだったかもしれません。




で、話を戻して、そのエノテカで、カードが使えないということに引き下がれず、持っていたユーロ全部だけでも不足。
それで、手持ちのドルをユーロに両替して払おうと考えたわけです。




エノテカのはす向かいに小さな銀行があって、「そこで両替してきたら」と言われて、入った銀行が想像している姿と随分と違いました。
入るとすぐ右側に単なる机が置いてあって、そこに一人女性クラークがいる。
左側にカウンターがあって、中にオジサンが一人。
えらく規模が小さいというのと、なんとも無用心で強盗が入ったらひとたまりもないような銀行でした。




小さいだけならいいのですが、この銀行の作業が極端にのろい。
外貨両替というそんなに難しくない作業をオジサンはあっちに行ったりこっちに行ったり…
電話で問い合わせたり、クラークの女性に何やら聞いたりしながら、なんともおぼつかない様子で作業し、極め付けは計算結果に自信がないらしく、何度も計算機を叩いているような始末。




外貨両替だけで30分くらいかかり、カード決済端末がないエノテカに驚いているようでは、イタリアでは生きていけないことを思い知ったのでした。




そんなイタリアの銀行の非効率にも驚きましたが、日本の銀行の形式主義というか、柔軟性のなさというか、イタリアとは全く別次元の非効率にも驚かされます。
ある定期的な送金手続きをするために、面倒な窓口作業を避けて、メール手続きをしたのですが、銀行名を「東京三菱UFJ」と書いてしまったわけです。




すると、銀行名を修正せよという返信が帰ってきました。
確かに、正確には「三菱東京UFJ」なわけですが、誰が見ても「三菱東京UFJ」を誤って「東京三菱UFJ」としたことはわかるはず…
もちろん、不正確に記入した私に問題があります。
でも、このやり取りに郵送料だけで片道300円(配達記録になっている)かける価値があるんでしょうか?




「東京三菱UFJ」でも「三菱UFJ」でも、「三菱東京UFJ」だと認識するルールにしてもらえませんでしょうか…
イタリアの非効率には、人をあきらめさせる”いじらしさ”があります。
一方、日本の非効率からは、形式ばかりを重んじる官僚臭が漂ってきます。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-08-15 22:22:22

人と違うこと

テーマ:フロク




世の中で成功者といわれる人は、結構”変な人”が多い。
考えれば、この変な人というのは、正常な人が一定以上いて、はじめて”変な人”なわけで、正常と認識される一定のものさしが社会にあってこそ成立する話です。




いつぞや、ある学生さんからこんな質問をされました。
「何年間か海外で放浪生活をしてみたいが、そうした空白時間があると就職するのに不利になりますか?」




一般的にはYESでしょう。
みんなと同じように行動して、世の中のものさしの中で計れるように行動すれば、安全に見えます。
だから、海外での放浪生活は就職に不利だという話になる。
世間に定着した尺度で見ると、海外で何年も放浪することは”変”だから。




でも、人と同じことを選択することこそ、実は大変なリスクでもあります。
(たとえば株式市場で、皆が売っているときに売り、皆が買っているときに買えば、得することはない。皆が売っているときに買い、皆が買っているときに売れば得をする。これが典型例です。)
世の中に定着しているものさしを無視して、変な行動を取れば、他の人が選択していない分だけ、自分の希少価値が高まります。
その結果、一般には得られない結果を得ることができる。




まぁ、もちろん、ただ単に”変”でも意味はないわけですが…

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2007-08-13 22:22:22

ビザで思うこと…

テーマ:フロク

今週は海外脱出ラッシュとか…
インテリジェンスでも多くの部門が今週夏休みとなっています。




とはいっても、完全に休みではなくて、会社全体のスコープで見ると50%出力くらいで走っているイメージでしょうか。




そんなことで、海外に出て行く人も多いようです。
昔から比べると、日本人にとって海外旅行は随分と楽チンなものになっています。
なんせ手続きがすくなくていい。
大概、どんな国でもビザなしで行けますし…


ラジオ体操



たとえば、現在、アメリカにビザなしで行ける国は27カ国だそうです。
つまり、世界中でアメリカにフリーで入れる国というのは、まだわずかだということ。




最近、アメリカがビザなしで観光客を受け入れる国を増やそうとしているらしく、その基準がビザ発行手続き者のうち発行拒否率が10%を下回った国だそうです。
一般的な日本人の感覚からすると、10人に1人、アメリカに入国を断られる国があるということにも驚きますが・・・
ハンガリー、スロヴァキア、ブルガリア、ラトビア、ポーランドなどといったEU加盟国ですら、旧共産圏の国々の場合、いまだに10%以上の人々がビザ発給を断られるそうです。
ハンガリーで10人に1人、ポーランドで4人に1人、ルーマニアでは3人に1人がビザを発給してもらえない。




逆に言うならば、アメリカというのは、それほど「行きたい」国だということでしょうし、それだけ不法に「居続けてしまう」ということなんでしょう。





もう一ついえるのは、アメリカが3人に1人しか受け入れない国(たとえばルーマニア)を全面的に行き来自由にしてしまったEUというのは、すごい許容力です。
こういう許容力がEUの活力源なんだろうと思います。
当然、従来の西側諸国に犯罪をもたらすといったマイナス面もあるのでしょうが、それでも経済的国境を無くして、出入りを自由にしたことによって得たプラス面のほうが多い。
ユーロ高だけを見てもそう思います。




最近では、EU全体を経済圏と見ることが定着してきて、日本は世界の3番目と言われることが多くなっています。
もはや、日本を世界第2位の経済大国とか言っているのは日本人だけでしょう。
国という単位ではなくて経済圏という単位での括り直しが進んでいる。
アジアという単位での括りでも日本は外されやすいですから、EUに抜かれ、やがて中国に抜かれ、更には東南アジアにも抜かれ…
どんどんと日本の存在感が薄くなっていきますね…

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-08-10 22:22:22

”金”曜日…

テーマ:フロク

人類がこれまでに採掘した”金”(元素記号=Au、きん)を全部かき集めると一辺が20メートルの立方体が出来るそうです。
これはちょうどタンカー一隻分くらいらしい。




全世界の金をかき集めても、わずか20立方メートルにしかならないというのは、随分と少ない気がします。





その金の需要が世界レベルで増えている(らしい)。
さすがに、私は金の相場に手を出したりしていないので、金の価格がどんな感じで推移しているか詳細を知りませんが、最近、高いらしいですね…





中国をはじめとする新興国にお金持ちがたくさん生まれていて、そうした人々が金の宝飾品を好んで購買したりするのも要因の一つ。
ドルの信頼感の低下が金を上昇させるもう一つの要因でしょうか。





金の需要のほとんどが投機筋らしいですが、中国の勢いで世界的にお金持ちが増えれば、実需でも金が手に入りにくくなったりするかも知れませんね。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007-08-01 22:22:22

ベンチャー企業のジレンマ

テーマ:ビジネス雑感

会社が立派になると新しいことに取り組むことが苦手になるようです。
なぜか。それはSOX法を代表とするような会社内秩序の構築を迫られて、世間が理解できないものや説明できないものが排除されるようになるからです。




ベンチャー企業としてがんばるという行為は、実に矛盾に満ちています。
なぜか。そもそも反骨精神を持ち、既存の勢力を打破していこうというモチベーションが原動力であるにもかかわらず、がんばり続けた結果、そのベンチャー企業はいつの間にか既存勢力側に回ってしまう。




既存勢力側とみなされるようになったベンチャー企業は、一種の違和感を抱えながらも、社会からの要請に応えるべく、”立派な会社”として認められるような常識的な社内整備を実行していきます。
(これをしないと、社会ルールから逸脱した増長し続ける勢力ということになって、最終的には社会から弾き飛ばされてしまう。)
そんなことで、ベンチャー企業は一生懸命に社内を整備していきます。




その結果、会社はいつの間にか怪しいもの、当てにならないもの、とにかく変なものたちを嫌っていくようになります。
ところが、その会社は、本来、ベンチャー企業として既存勢力がやらない”変なこと”をやったことによって成長したはず。
しかし、いつまでも”変なこと”をやる企業と見られるわけにいかず、それを否定せざるを得ない。
すると、ベンチャー企業らしさが損なわれ、自分たちが忌み嫌っていた”ちゃんとした会社”にどんどんと向かっていく。
このジレンマは辛いものがあります。



泣いている



世の中で画期的と言われるものや、既存勢力を打ち負かすようなものというのは、大抵生い立ちにおいて、胡散臭いものです。
そうした胡散臭さの許容がなければ新しいものは生まれないともいえます。





世の中に恥ずかしくないだけの企業としての構造を維持しつつ、胡散臭いことも許容できる企業というのは、すごいですね。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み