2007-01-31 22:22:22

読書会?

テーマ:インテリジェンス

先日、珍しく読書会なるモノを設営しました。



きっかけはインテリジェンスのマネジャー研修。
IMBという研修を一昨年から導入していまして、これはEラーニングでの受講が主体で、最後の最後に(つまりEラーニング受講後に)集合研修が2日間パックされています。




その集合研修の1日目の夜に、私が1時間ほど時間をもらいまして、現状の経営課題など主要な認識を受講マネジャーたちと共有するようにしています。
で、その後に、懇親会を行う形が定着しています。




その懇親会の場で、ちょっとした盛り上がりがあり、一部の人々と「読書勉強会」をやろうという”柄にもない”話になりました。
そもそもは、「鎌田さんが今読んでいる本は何ですか?」と言う問い。
たまたまその時は、「悪夢のサイクル」(内橋克人著)を読んでいて、とても面白かったので、その場の皆に届けることを約束。

内橋 克人
悪夢のサイクル―ネオリベラリズム循環


それだけじゃ面白くないということで、いつか読書会をやろうじゃないかと…そういう話になったわけです。

が、ただ読書会なるモノを開いても、それでアカデミックな議論ができるわけじゃないということがわかりました。

あるいは、集ったメンバーに問題があったのか…
はたまた、何の段取りも考えずに、その場に臨んだ私が悪かったのか…




まぁ、それにしても、日常のビジネスを離れたディスカッションというものは、中身のレベルはともかく、広い意味で有意義ではあると思った次第。
そんなことで、また、新たな読書課題を与えて、次回は「もう少しまともにやろうじゃないか」とまとめて終了しました。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-01-30 22:22:22

漆塗りのキーボード

テーマ:フロク

たまには、雑誌も読んでみるものです。





なかなかおもしろくて、役に立たない情報を得ることができる。

漆塗りのキーボードが売られているという記事を読みました。
しかも、キーボードに刻印がない。
つまり、完全なるブラインドタッチキーボード。しかも漆塗り。






実に渋い。プロフェッショナルを感じる一品です。
刻印がなく、打ってみないと正しいかどうかもわからないというストイックさがすごい。






ちょっと購買意欲がそそられましたが、すぐにさめました。
もし、私が著述業かなんかとにかく物書きのプロならば、是非とも買うべきかも知れない。
(あくまでイメージに過ぎないが)かつての文豪が大切に使ったビスコンティの万年筆みたいな、そんな感じでもって、現代なら刻印のない漆塗りのキーボードで執筆(執筆というのか…?)みたいな。






100㎡はあろうという広々とした書斎に、静かに佇むデスク。
空間が広すぎて、ちょっと寒々しく感じられるんだけど、「執筆に集中するためには、むしろ広すぎて、ガランとして味気ないくらいがいい」とか言って。
でもって、普通のキーボードなら、モノが少なくて天井も高いもんだから、一打ごとに反響してうるさいところが、「これ(漆塗りのキーボード)のやわらかいタッチは耳障りな反響がない」とかなんとか軽い自慢をしながら使うには良いと思います。






所詮、私はオフィスユース以外にPCを触ることはほとんどないわけで、また、物書きが専門なわけでもなく、衝動で買うには、かさ張るし…ということで、買うのはやめておきました。
因みに、値段は50万円くらいで、注文生産だそうです。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007-01-20 22:22:22

遂にタイムスリップランドがオープン

テーマ:フロク



間もなくタイムスリップランドがオープンする。



「ALWAYS 三丁目の夕日」「メトロに乗って」など昭和30年代を題材とした映画がヒットを飛ばす中で、タイムスリップランド(TSL)が開業の運びとなった。



TSLの敷地面積は200ヘクタール。
ほぼ東京ディズニーリゾートと同規模だ。
大きな違いは、ある町の町並みや地形をそっくりそのまま利用している点と言える。
TSLは昭和40年頃の人口20万人程度の地方都市の駅周辺を再現。
モデルとしては大規模な開発を間近に控えた町田市や相模原市といったところだろう。




TSL開業までの道のりは決して平坦ではなかった。
昭和40年代の町並みを陳腐でないスケールで再現するために、TSL運営準備会社は現有の町並みや自然背景を基調としたアミューズメントパーク作りを企図した。
パーク建設地の選定は難航を極めた。
第一の条件としては、単に陳腐化した町並みの「村おこし」的開発ではタイムスリップというコンセプトのダイナミズムに合致しない。
つまり、一定規模で成立している町をそっくりそのままパークに作り変えなければならない。




また、東京ディズニーリゾートなどの大規模開発事業との競争を前提として、都市型ではなく自然と共生する地方都市的な「風情」を大事にしなければならない。
更に、町そのものの大改造であり、町全体を巻き込んだ事業となるために、行政との連携や住民たちの協力が不可欠であるという条件も加わった。
そうした難易度の高い選定作業が、最大の生みの苦しみであったという。




今回、報道関係者向けに先行的に公開されたTSLは、現段階でも具体的な開業場所を公表しないこととしている。
理由は、TSLが最大の売り物とする”リアリズム”を実現するためだ。
すでに、パーク内には”駅舎”と”駅前商店街”が完成している。しかし、それらの箱モノはあくまで箱モノにすぎない。
それらの箱モノにいかにリアリティーのあるコンテンツを乗せていくことができるかが重要となる。




映画館では昭和40年代に流されたニュース映画を鮮やかに再現。「若大将シリーズ」など当時ヒットしたロードショー映画を月替わり3本立てで上映する。
また、量販店進出前の駅前商店街には鮮魚店、青果店、衣料店、電気店、雑貨屋などが軒を連ねるが、置かれる製品は全て昭和40年代を色鮮やかに再現する。
最大の難問は、昭和40年当時の世相・環境を理解して対応するキャストの教育だ。
服装やファッション、ヘアスタイルなどにも気を配る。
キャスト養成にはまだ3ヶ月程度はかかる見られる。




そして、TSLが提供する”リアリズム”の極致が「家族キャスティングサービス」である。
タイムスリップを存分に楽しみたいゲストに対して、アテンダントとして”家族”を提供する。
待ち合わせ場所はパークの中心地”駅前”。
あなたの”家族”が駅まで迎えに来てくれるのだ。
駅前商店街をゆっくり散策しながら、夕飯の材料を整え、アパートの一室に”帰る”。



昭和40年代をそっくり再現した2DKのアパートで家族の団欒が展開される。
キャストが作る料理の味は保証されていないが、それもまた一興。
もちろん、ゲスト自らが腕をふるう自由もあるが、旧式のガスコンロにマッチで火をつけるなどちょっと苦労が伴うだろう。
運営会社は「ゲストはカレーライスを希望するケースが一番多いはず」と見ている。
また、「料理に失敗して、店屋物を頼む」「料理中にやけどをして、近くの薬屋さんに駆け込む」といった偶発的な演出も準備されているという。



ゲストにとっての密かな楽しみになりそうなのは、ご近所とのトラブルや人情味あふれた交流だ。
「テレビの音がうるさい」などといって突然怒鳴り込んでくる隣りのハゲ親父。
家賃の滞納を取り立てにくる強欲な大家さんなど…

殺伐とした現代では考えられない”やわらかいトラブル”を再現していく。
家賃の取立てなどに対しては「ごめんなさい。来月まで待ってください。」などといえば、許してもらえる設計だ。
「お隣りから回ってくる回覧板」、「おしょうゆを借りにくる近所のおばさん」などは常設のアトラクションとなる予定。
一方、「ケンカの仲裁」など複雑な人間模様の展開については別途オプション料金がかかるという。




久しぶりの作り話でした…
当たり前ですけど、信じないでください。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-01-10 22:22:22

昔はテレビがあんなに好きだったのに…

テーマ:フロク


今更ながらあけましておめでとうございます。



2007年に入って10日も過ぎてしまいました。




本当に時間が過ぎるのが早い!
そして、有意義に時間を過ごすことは本当に難しい!




同じ1時間でも、めちゃくちゃに生産性が高いときもあれば、どうにもならない=寝ていたのと変わらないときもある。
できる限り有意義に過ごしたいという思いが強くなっています。
それは時間が有限であるということをなんとなく実感してきているからだと思います。
やはり、2回目の成人式を過ぎてからでしょうか…徐々に実感してきているように思います。



そんなことで時間を有意義に過ごそうと努力すると、おのずとテレビを見る時間がなくなります。
1日のテレビ視聴時間がドンドン短くなっている。
平日の朝10分くらいかなぁ(色々準備しながらをあわせてもせいぜい30分くらい)。
土日は全く見なくなっています。



私がいうのもなんですが、見るべき価値のある番組が減少している。
あるいは、私がテレビから”ずれてきている”のかもしれません。
昔はテレビがあんなに好きだったのに…




というわけで、DODAの新庄さんCFをまだ一度も見ていない状態であります。
(勿論、社内で試写は見ています)

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース