2006-12-26 22:22:22

DODAスタート間もなく

テーマ:ブログ




DODAがいよいよです。
インテリジェンスが放つ新商品DODA。
来年1月1日に商品として世に送り出す予定です。




そんなことで、先日、CMキャラクター発表会を実施しました。
今非常に注目を集める新庄剛志さんをCMキャラクターに起用したことが奏効して、パブリシティーの扱いも上々で、喜ばしい限りです。




1月1日からサービスがスタートする予定です。
そして、キャンペーン展開も1月1日から。
「イッシンジョーの都合でDODAしました」という少しベタな感じで展開されます。




写真は記者発表会で登場した新庄カットアウトに囲まれた鎌田です。


DODA3

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-12-18 22:22:22

キーワード経営その2

テーマ:ビジネス雑感

メッシュ戦略




キーワード経営で調子がつくかと思ったら、そうでもありませんでした…



が、思い出すのは「メッシュ戦略」。
恥かしい~。




2000年頃でしょうか。
当時、様々な事情で勢いづくインテリジェンスが次々事業会社を立ち上げていく際に出した方針です。




当時、現在よりも遥かに未成熟だった人材紹介市場では、自社のケイパビリティーを上げていくことが率直に事業拡大につながりました。
(この事情は現在も変化していませんが、ケイパビリティーの拡張方法は大きく変わってきました。)




自社のケイパビリティーを向上する方法として、当時展開したのが、メッシュ戦略でした。
市場を一つの網からすくい上げていくのではなく、複数の網ですくうことで、収穫高を上げていこうと言う考えでした。




市場をすくう網の目を複数同時に展開する(メッシュする)ということでメッシュ戦略と呼んでいました。
これは、経営の教科書に書いてあることからすると非常識です。
というのは、全く同じ性格の事業を同じ対象に対して展開していくわけで、普通はカニバリズム(食い合い)を起こすことや重複による不効率を考えて、実行すべきではありません。





ところが、当時の人材紹介の世界は、とても未成熟で、競争相手も小規模事業者がほとんど。
人材紹介という、これまであまり普及していないモノを広めるためには、複数の事業者が健全かつ熾烈に競争する必要があるわけですが、そういう環境とはいえませんでした。




そうした中で、ある意味で(不遜ではありますが)、自分たち自身で競争相手を作ってしまえばいいという発想が生まれました。
逆に言えば、強い競争相手が育つ前に、自分たちが作った同業者(表面的には同根には見えない)が勢いよく育てばよいという発想でした。




このメッシュ戦略は、仮説通りに動きました。
取り分け人材紹介をご利用になる個人の皆さんには、複数のブランド(事業者)を立てることによって、選択肢を提示することに成功しました。
各ブランドごとにご利用者の重複がほとんど発生しなかった。
つまり、市場をメッシュすることで、全体の収穫高を上げることができました。




では、なぜ、メッシュ戦略を転換したのか?
一言で言えば、規模の経済性による競争段階に突入していったからであり、ゲリラ的なメッシュ戦略での限界が見えたからでした。




競争の質が、あるいは、成長するための方法論が、ものすごく変化していったということです。




※今週からスキンがクリスマスバージョンになるみたいです!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-12-13 22:22:22

キーワード経営

テーマ:ビジネス雑感



キーワード経営とでもいいましょうか…
その時々、どんな考えで、どんな戦略で、どんなコンセプトでそれに取り組むのかネーミングするわけです。



ふっと思い出したのが、「集中と拡散のスパイラル」なるコンセプト。
今となっては、ちょっと恥かしい感じですが、今から5-6年前は大真面目に謳い上げておりました。



確かインテリジェンスのアニュアルレポートにも書いていた気がします。
ワーディングはともかくとして、いっていることは、我ながらなかなか正しいと思っております。



「集中と拡散のスパイラル」=会社の成長というものは集中と拡散という螺旋階段を上っていくようなイメージだということです。
別の言い方をすると、成長を実現するためには、水ぶくれでも構わないから、とにかく図体をでかくすることが必要です。
でもって、水ぶくれした体を筋肉質に鍛え上げていく。




肥満体でもいいからたくさん食べて太る→ぎゅうぎゅうに鍛え上げて筋肉質にする→太る→筋肉質にする→太る→筋肉質にする……
という具合です。




拡散的に新しいビジネス開発や新規領域への拡張を行うシーンというのは、ベンチャー的開拓精神を持った人材にとって大変に盛り上がります。
しかし、そうした盛り上がりをそのままに放置すると、会社は危険な状態に突入します。
つまり、とっ散らかって、ややもすると、あっちフラフラこっちフラフラで何だかわからなくなったりする。
でもって、収益が出なくなったりするわけです。




そこで、拡散するだけしたら、ある段階で見切りをつけて、駄目なものはやめ、まとまっていないものはまとめ…
つまり、集中の方向に舵を切っていくわけです。
これは、非常に骨の折れる取組ですが、そうした骨折りを惜しんではいけない。
苦しいからと手を緩めると、弱っちい事業になってしまう。
そこで、ぎゅうぎゅうと絞って絞って、太った力士が体重制限のあるボクサーに変身を遂げるような取組をやるわけです。




なかなか最初は効果が出ないけれども、時間をかけて取り組むうちに成果が出始めるので、絶対に諦めちゃいけないのが”集中”の時期の経営と思っています。
でも、筋肉質に置き換わることには、次の拡散を目指していかないといけない。
ところが、筋肉質への変革に慣れていると、新しい取組に躊躇するようになったりする。
面白いものであります。




調子が出てきたので、次回もキーワードで書こうかな…

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-12-07 22:22:22

懐かしき小田原

テーマ:フロク

懐かしき小田原



私、神奈川県小田原市出身で、小学校まで小田原でした。
その時代を知る人がコメントをくれました。
一体誰なのか、わからないものの、小田原人が応援してくれていることをうれしく思った次第です。




どなたかわかりませんが、有難うございます。




小田原というところは、海にも山にも恵まれていて、年間を通して過ごしやすい気候です。
いい意味で、大変に中途半端で、海をイメージさせる湘南の延長上でありながら、湘南と言い切れず。
また、すぐ隣りが観光の街---箱根なのですが、温泉地として全国的に有名な箱根もあくまでもお隣に過ぎない。



洗練されたイメージの湘南からも切り離されていて、全国的に有名な観光地の箱根と一体でもない。
そんな中途半端な町が小田原であり、それがいいところです。




東京からの距離も微妙。
通勤するにはちょっと遠い(最近は東京に通勤する小田原市民も多数いらっしゃるでしょうが、私が小学生の頃は、滅多に東京勤務の方はいませんでした)。
首都圏の西のはずれが小田原であり、たとえば、J-WAVEが聞こえるかどうか微妙なところです。




「出身地は小田原です」と言うと、「静岡県ですか?」と真顔で聞かれることも、しばしば。
つまり、首都圏内でありながら、「それってどこ?」という存在感が小田原であり、それがいいところです。




そんな微妙で中途半端な小田原ですが、海産物は本当にうまい。
取り分け、アジの干物、シラスの釜揚げは最高と思っています。




子供の頃からしょっちゅう食べていたものというのは、愛着があります。
「シラスの釜揚げ」なんていうのは、もうそれだけで、ご飯が何杯も食べられると思うのですが、一般には「生臭い」と敬遠されることが多いようです…




さらに、小田原には城址公園という市民の憩いの場があり、堅固な城として名高かった小田原城が復元されています。
そして、小田原城の足下には入場無料の遊園地(!)があり、また、入場無料の動物園があるのです。




遊園地の乗り物は最近どうなっているか知りませんが、私が小学生の頃から「ぼろいなぁ」と思っていた状態のまま、約30年経った今もほぼ同じく運営されています。
(もしかしたら、最近の安全に対する配慮などから操業が停止されているかもしれません…詳細は不明です)
これぞ!小田原!是非ともこれからも運営し続けてほしいと思っています。





シラス、アジの干物、城址公園…
小田原には東京から1時間半くらいで行けます。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-12-04 22:22:22

明日から模様替え!

テーマ:ブログ

どうも最近、調子が上がってこない。




どうも冴えない日々が続いています。
なんだか視界に「もや」がかかったままという感じ。
すっきりしないわけです。




そんな関係でフロクの更新もままならず、いつの間にか師走に突入してしまいました。




すっきりしない理由はよくわかりません。
だから、よりすっきりしない…




皆様もそういうことありませんか?




一ついえることはどうも最近、免疫力が低下しているようだということ。
これは、当社役員のFさんからの示唆です。




昔では考えられないことなのですが、最近、ごくごく自然にサプリメントを飲むようになりました。
色々、試したりして…




しかし、どれもピンとこない。
子どもの頃、私の母が、やれクロレラ、やれアロエと、色んな健康食品をやたらと試していたことを思い出します。



そんなことで、このフロクも気分を変えようということになりました。
明日からスキンが変わり、新キャラクターの登場です。




これまでタンバくんを愛してくださった皆様、ありがとうございました!
明日の午後から変わるみたいです。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース