1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-05-31 22:22:22

週刊文春の映画評

テーマ:フロク

私はほぼ毎週、週刊文春を買います。
理由は連載のコラムやコーナーで気に入っているものがあるからであります。



私が楽しみにしているのが、シネマチャートのコーナーで、ここに5人の評論家(?)たちの映画評が出ている。
この映画評の表現がいつ読んでも秀逸なのです。
実に言葉巧み。5人それぞれ相当に表現能力が高い。



一本の映画への評価コメントをわずか18字×3行=54文字で見事に表現している。
で、それぞれの感性でかなり辛辣な評価が下されています。
わずか54文字で、たとえば
「無意識の井戸が浅く、末梢神経の刺戟がわずらわしい、流れも凡庸。ピーターデミングのキャメラが浪費されている。」(芝山幹郎、翻訳家)
といった高尚な表現が展開されていて、大変刺戟(刺激じゃなく刺戟らしい)になります。
無意識の井戸ってどんな井戸なんだろうとか考えつつも、何だかわかった気になります。



この映画評で、その映画を見ようとか、見たいなとか、考えたことはありません。
完全に54文字の表現力だけが楽しみで読んでいます。
さらに、今度映画を見たら、54文字で評価してみようかな、なんて考えたりしますが、結局バカバカしくなってやめてしまっております。

取り留めない内容でした…

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-05-30 22:22:22

書けないマーカーはすぐに捨てろ!

テーマ:ビジネス雑感

今日ふっと目に入ったある本の見出し…
「書けないマーカーはすぐに捨てろ!」。


全くもって仰るとおりです。
書けないマーカーがホワイトボードに置いてあって、書こうと思ったら全然インクが出なくって、2本目を取ったらまた出なくって、3本目もまた出ない…
そんな経験があります。


「何で書けないマーカーが置いてあるんだ!」といいながらまた元に戻したりして…
誰かがまたもや同じ思いをする。
そういう状態の仕事場って本当に生産性が悪いですね。



ある時から書けないマーカーは見つけ次第、捨て切るようにしましたね。私の場合は。



燃えるごみとか燃えないごみとか、そんなことは関係なく(本当は関係ありますが)、どんどんゴミ箱に捨てる。
今では、ちょっとでも「字が薄くなっているな」と思ったら、その瞬間に捨てます。
そうやってとにかく余計なモノを捨てるのが仕事をうまく進めるコツとさえ思っています。


ですから、メールもドンドン捨てます。大して読んでなくてもドンドン捨てる。
捨てないとドンドンたまるだけですので、バンバン捨てます。



インテリジェンスで導入しているPEPという効率アップトレーニングでは、”Do it Now”を叩き込まれます。
とにかく手につけた仕事は手につけたときやり切れと。
メールを読んだら、返信するものは返信し、保存するものは適したファイルに保存し、あるいは誰かに転送しろと。
でもって、「全部捨ててしまえ」という極めて西洋風合理主義的な教えです。


ところが、最近、自分の仕事におけるPEPが停滞している。

モノを捨てていない状態に突入しています。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-05-29 22:22:22

作業進行

テーマ:日記?

先週末は「統合ブック」の作業をだいぶ進めました。



「統合ブック」というのはインテリジェンスと学生援護会の統合日に新会社の理念・ビジョンを共有する本として配布予定のものです。
統合日は7月1日だから残り1ヶ月ちょっと…
自らの手で作ると決めて取り掛かったものの、案の定、なかなか前に進まぬまま、いよいよ切羽詰ってきている状態。




週末は土曜日が関西出張で、日曜日がインテリジェンスカップ(社内ゴルフコンペ)でした。
日曜日はゴルフコンペだし作業できるとは思えず、これは関西出張中に相当集中して書くしかないと腹を決めました。(大げさですが…)



朝6:50の新幹線に乗り込むや否やすぐに作業開始。まずまずのペースで手が進んで、京都に着くくらいまで集中。やれば出来る!
10:00~11:00で新卒向け採用セミナー。
その後、関西支社に移動して(土曜日だから当然だが)メンバーがあまりいないオフィスでゆっくりと執筆続行。
時間がもったいないので、途中、2002年入社のタカラダさんに付き合ってもらって近くのコンビニに買出しへ。
時間がもったいないという割りに、相当悩んだ挙句に菓子パンを購入。
菓子パンを食べながら13:40くらいまで作業。
途中、関西支社Mgrのヤマダさんに「何やってるんですか?」的な邪魔を受けるが、うまく排除。
結局、作業能率はイマイチ。



14:00~15:00で再度新卒採用セミナー。
15:00から会場控室で再び作業。
16:00~17:00で中途採用セミナー。
その後、新大阪へ移動。17時台前半ののぞみに乗車。



乗り込むや否や作業開始。
途中、頭の回転速度を速めることを目的に白ワインを注文。更にウィスキーで脳内をチューニング。
ということで、だいぶ進めましたが、結局いまだ未完です。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-05-26 22:22:22

臨時株主総会

テーマ:インテリジェンス

本日午前10:00からインテリジェンスの臨時株主総会を行いました。



株主の皆様のご理解を賜り、学生援護会との合併が承認可決されました。
ご報告申し上げると同時に、株主の皆様には心より御礼申し上げます。
本当に有難うございました。



株主総会全体の所要時間は31分でした。
上場以来これまで定時総会・臨時総会と8回目の総会と記憶していますが、恐らく今回が最短と思います。
頂いたご質問も合併後の発展に対して前向きなご支持を前提としたものばかりでありました。


本日はご報告まで。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-05-25 22:22:22

先週金曜日の日記

テーマ:日記?

また、”つなぎ”ですけど…
などといいながら、何が”つなぎ”で何が”本物”なのか…
そもそもフロク全体が”つなぎ”みたいなものではないか!とか考えつつも忙しくなってきて、短時間で更新してみました。



最近、学生援護会の一部の役員の方々と個別に懇親しています。
先週末にも都内某所にて二人で懇親しました。

(原野さん、お疲れ様でした。)



で、その店ですが2回目でした。
串揚げの店です。
料理はうまい。というか、非常に創作性に富んでいる。
それは良いのですが、ひとつ注文をつけたくなります。




店のポリシーらしく、ワインリストがない。
どうも貯蔵しているワインの品揃えも相当らしい。
(どこに貯蔵しているのかはわからないのですが)



でも、ワインリストはあったほうがいいでしょう。
自分で選びたい客だっていますし…
串揚げはうまいんだけどなー…。
以上、古い日記でした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-24 22:22:22

古い日記…

テーマ:日記?

古い日記です。完全に”つなぎ”です。

(ネタが思いつかなかった…)





銀座での落語の会に行ってきました。
苦労して手に入れたチケットで。
(以前ご案内したとおりです。)



下らん人間、低俗な人間、経営者らしくない人間とご批判を受けようとも将来落語家を目指している(?)私として非常に良かった。



行ったのはGW中でした。
(もう2週間以上前だよ…)





で、どうやら非常に好評らしく6月からは席数を増加して展開するとの由。
これまでは60名定員だったのを会場を拡大して90名定員にするとの
ことでした。





「これは朗報。是非とも席を取ろう。」と思ったのですが、
何と6月分はとっくに売り切れ(らしい)です。
どなたかチケットの取り方を教えてくれませんか…
正直、誰にも頼めませんで…





銀座らくごアーベント。
6月4日日曜日のチケットを入手いたしたく…

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-05-23 22:22:22

読書感想のつづき

テーマ:フロク

さて、「ヤバい経済学」の中で、私が「ほーっ」と思いましたのが、「割れたガラス理論」の否定です。



レヴィット先生は世の中の通説を疑うんですねー。これが立派。
誤解を恐れず、批判を恐れず、傲慢と思われることを恐れず、私見を申し上げれば、通説などクソ喰らえですから、こうした通説の否定に心地よさを感じます。

---何でも、かのガルブレイス先生によれば、通念(Conventional wisdom)というものは、とても単純であり、かつ、そうだと都合が良いことが条件だと本書内に書いてありました。---



さて、「割れたガラス理論」は私も「なるほど!」と思っていた話です。
ニューヨークの犯罪件数の激減。これに貢献したのが「割れたガラス理論」。
割れたガラスを放置するから、つまり、細かい犯罪をしっかり取り締まらないから、凶悪な犯罪が減らないのだというスタンス。
地下鉄の落書きを消したり、細かい風紀の乱れを正したら犯罪が減ったという話です。


この話をはじめて聞いたとき、大変感心しました。
「なるほど、一事が万事なのだなー」と。


「割れたガラス理論」は色々な場面で使いました。
朝礼、メンバーの説得、役員会で例示、フロク…
この理論にはお世話になりました。



で、レヴィット先生はニューヨークの犯罪件数の減少は「割れたガラス理論」など関係ないとおっしゃってます。
ニューヨークだけ犯罪が減ってわけではなくて、全米の各都市で犯罪が減少しているのだと。
そして、その要因は1970年以降の中絶の合法化によるのだと主張しています。
ご興味ある方は、是非お読みください。
私としては、最近読んだ本で最も興味深いものでした。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-05-22 22:22:22

黄色信号

テーマ:フロク

「ヤバい経済学」を語っている場合ではなくなってきました。
フロクの更新も黄色信号が灯っています。



統合ブックを自ら書くことにして少しづつ(少しづつというのが間違っていたかもしれません)書いてきたのですが、まだ全体量の半分くらいしか出来ていない。
もともとかなり無理なスケジュールで動いていたものの、そこを何とかしようということで進めておりましたが、初回の〆切りを外してしまいそうです。



デザイナーさんに5月21日までに初校を渡しますというようなことを言ったように思いますが、出来ておりません。
日曜日(昨日)もかなりの時間を費やしたのですが、多くの前進が得られておりません。




ということで、もしかすると連続更新が危ういです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-19 22:22:22

読書感想

テーマ:フロク


最近、読んだ本で面白かったのは「ヤバい経済学」(東洋経済新報社)。



ご批判を恐れず私見を申し上げれば、何がヤバいって、タイトルがヤバいと思う。
訳者の方には申し訳ないが、”ヤバい”経済学っていうのはどうなんでしょう。
原書タイトルはFreakonomics。造語だから訳者も困ったのだろうと思います。



内容はかなり面白いです。でも、この本を面白いというのに少し躊躇を覚えます。
途中かなりキツイ内容があって、これを面白いと表現していいのかとは思いますが、でも、面白いです。



学者というのは、当たり前のアプローチをやっていても駄目なんだろうと思います。
誤解を恐れず、かつ、身の程知らずに私見を申し上げれば…
日本で著名な学者先生の中には、海外の学者のオリジナルな発想・研究を単純に輸出してきて、ヨコに書いてあることをタテに書き直すだけで評価されている方がいらっしゃいますが、どうなんだろうと思います。

一方、他にはない発想・アプローチで独自の説を展開する先生には、たとえ未完成な部分があったとしても賞賛を送りたくなります。(私の賞賛などいらないでしょうが…)



「ヤバい経済学」の著者は相当ひねくれものと思われます。
レヴィット先生というシカゴ大学の先生らしいのですが、発想が相当ユニーク。
何に対しても「それは本当なのか?」という疑いの眼で見ている。これが素晴らしい。
通説・通念と思われているようなことをひっくり返したり、否定したり…
それが非常に痛快です。



以前に読んで、面白かった「反社会学講座」(イーストプレス)に似ています。
この本も通説を否定する。
たとえば、「最近凶悪犯罪が増えているなどというけれども、それは真っ赤なウソ」といったこと。



「ヤバい経済学」がどう面白かったか、もう1回引っ張らせてください。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-05-18 22:22:22

1ヶ月連続…自慢になりませんが…

テーマ:日記?

平日ベースでの連続更新が本日で1ヶ月となりました。
よく続いている。我ながら…


同時に、タバコも吸っていない。
フロクの更新とタバコを吸わないことに関係性はありませんが、私の中では関係しています。




タバコといえば、先日、驚くべき事実に遭遇しました。
USEN社の宇野社長が約1ヶ月タバコを吸っていないとのこと。
宇野さんとは20年以上の付き合いですが、今まで宇野さんがタバコをやめるなど考えられなかった。
大変な時代になりました…




月曜日に書いたオリエンタルランドさんに連れて行っていただいたお店について数件問い合わせを頂きました。
何でも予約でいっぱいのお店らしいです。
お店は青山のオーバルビルの隣に新しく出来たビルの2階のCasitaというお店です。
不親切な紹介で申し訳ありません。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース