2005-07-26 20:37:12

タンバくん

テーマ:ブログ

最近、Ⅰ社のO役員との話題の一つが、「タンバくんをどうするか?」
ということであります。




悩み




O役員はタンバくんがキャラクターとして登場するⅠ社のサービスOPPOの
担当。
つまり、「タンバくんをどうするか」決める人ということになります。




私としては、当フロクに登場するタンバくんには相当の愛着もあり、
キャラクター商品の開発すら目論んでおります。




勿論、キャラクター商品の開発などということはⅠ社の仕事の範囲では
ないわけで、あくまで個人的に細々と商品開発を目指しております。



飛行機




Ⅰ社の経営企画部に、当フロクをご覧頂いている方から
「タンバくんのキャラクター商品はないのか?」といったお問い合わせを
頂いたり…


また、ブログの皆さんのコメントを見ておりますと
「タンバくん、かわいい!」といったお声も目立ちます。




そんなことで、取り敢えず、タンバくんの携帯ストラップくらい
作ってみようかな…なんて。




ブログの皆さん!
どうでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-07-23 17:24:57

"sleep with business"

テーマ:ブログ

私、以前は思いついたアイデアをメモする癖がありました。





これは、仕事の技術としてはなかなか良かった。





普段考えつくこと、思い浮かぶこと、数多くあります。
ところが、それを何かに残さないと忘れてしまうわけです。





折角思い浮かんだアイデアを忘れてしまうのが悔しくて…
それで、とにかくメモに書き付けておいたものです。



時には、夜中、眠りにつきかけたときに、ふっと思いついて、
がばっと起き上がってアイデアを走り書きしたり…





そういえば、"sleep with business" という表現があるそうです。
これ、私が昔お世話になったリクルートコスモスさんの役員の方から
聞いた話。



リクルートさんの創業者である江副さんが言っていたそうです。
"sleep with business"
つまり、寝ているときもビジネスのことを考えるくらいでないと
本当にプロの経営者とは言えないというような、そんな意味だと
解釈しています。



そういう意味では、私、今でも、"sleep with business"している
のですが、ベッドで思いついたことをメモする癖は失っています。



何でメモする癖をなくしたのか?
理由はメモ帳をもたなくなったからであります。



以前は、ファイロファックス社の1日のスケジュールが1ページに
記入できるタイプのスケジュール帳+メモ帳を常に携行して
おりました。









ところが!
スケジュールを全てアウトルックで管理するようになって、
このファイロファックスが全く機能しなくなりました。





現代のビジネスパースンは時間に縛られて生きております。
その時間管理の機能を失ったファイロファックスが携行されなく
なるのに、多くの時間を要することはありませんでした。






いまだにファイロファックスには2-3か月分のスケジュール帳が
入っているのですが、全て真っ白。


<<私の過去分のファイロファックス。
ご丁寧に保管してあるのですが、ここ4年分くらいのものは
ほぼ真っ白であります。>>


その代わりに秘書のSさんが打ち出してくれたアウトルックのコピーが
挟み込まれている。




ところが、最近は、毎日の行動予定表を前日に打ち出してもらうので、
打ち出された数週間分のスケジュールの存在感も減退。




そんなことで、日々思いついたアイデアを書き付ける癖が
なくなってしまいました。




これは、大きな問題です。
ブログのネタ。日々、思いつくのに忘れてしまう…




実に残念であります。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-07-15 08:27:14

Ⅰ社OB某氏を巡って

テーマ:フロク

Ⅰ社のOBは多方面で活躍しておりますが、
最近、Ⅰ社OBの某氏からこのブログに自分のことを書けという
珍しい依頼を受けました。




正確に言うと、自分のことを書けではなく、自分の店のことを書け
という依頼がありました。




この依頼ですが、実はかなり以前の話であります。
確か2週間か3週間ほど前だったように記憶しています。




なぜ、いまさら?
とお考えのブログの皆さんも多いことと思います。





理由は2つありまして・・・
①私の習慣の問題
②私のスケジュールの問題
であります。





①習慣の問題というのは、問題であって問題ではないのですが、
私、PEPというのを実践しております。
PEPとはPersonal Efficiency Program。
つまり、個人の仕事の効率を上げるための様々なコツを取り入れている
といえばいいでしょうか。




PEPについて書き始めると、それだけで終わってしまうので割愛しますが、
PEPはトレーニングプログラムで、そこで習ったことを実践しております。




PEPの考え方に従うと、電子メール(あるいは決裁箱にある書類)は、
1回以上触ることができません。
つまり、メールを見たら、必ず返信して捨てるか(あるいは保存する)、
読んで捨てるか(あるいは保存する)、後回しのホルダーに入れるか、
単純に保存するか、いずれかの動作を行う。


従って、メールを見たら、受信トレイからあらゆるメールがなくなるというわけです。






ということで、この某氏からのメールは、2-3週間前に読んだのですが、
火急なものではないという認識から消去しました。





某氏よ。Mさんよ。本当にすまない。

でも優先順位が低かった…






で、②のスケジュールなのですが、実は今週頭から、
ロンドンに出張予定だったのです。
ところが、ご存知の通りロンドンでテロがあり、1週間ほど予定が狂った次第です。





そんなことで、仕事の棚卸しをいたしました。
日常、なかなか出来なかった宿題を解決しようと色々ひっくり返した次第です。







すると、思い出しました。某氏(Mさん)の件を。










そんなことで、次回、某氏の店について書ければ書きたい考えです。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-07-13 07:43:53

平尾さんの話

テーマ:ブログ

Ⅰ社では四半期に1回、マネジャー向けのキックオフミーティングを
開催します。
今回Ⅰ社の第4四半期のキックオフでは、ラグビーで有名な平尾誠二さんに
おいでいただいて、講演いただきました。





スポーツ界の方を招聘して講演してもらうというのは、

なんだか古い会社っぽいかななどという変な感覚があったのですが、

実際、お話を聞いて大変勉強になりました。





様々、勉強になる事柄がありましたが、中でも、
「良いチームというのは、良いプレーヤーがたくさんいるチームなんだ」

という話。




よくチーム全体として戦略・戦術がすぐれているといった話があるけれども、
戦略・戦術というのは、今の競技の世界では1試合しか通用しない。

スポーツの世界も大変な情報戦時代に入っているので、非常に短期間に
ものすごく分析が出来てしまう。

従って、どれだけすぐれた作戦を展開しても、2回以上同じことは通用しない
そうです。



戦略・戦術はすぐに陳腐化してしまう。


今の時代は、作戦を立ててそのシナリオ通りに遂行するタイプのチームは駄目。
一人ひとりの選手が有能で、「その時、考える」ことが出来るチームでないと
良いチームといえないということでした。






コーチの仕事は、「俺の言う通りやれ」という昔かたぎなタイプでは駄目で、
「その時考えろ」そして「決めたら勇気をもってやれ」というタイプでないと
これからの時代は乗り切れないそうであります。




エクササイズ





なるほど、これは良い!
マネジメント諸兄には金言です。



平尾さんの話をビジネスに応用するとかなり「イケテル」上司になれそうです。



「これからの時代は変化が激しいんだ。」
「だから計画通りに行くとは限らない。むしろ計画通りに行くほうが奇跡的だ。」
「だから計画なんて気にするな!その時考えろ!その瞬間瞬間考えて答えを出せ!」






なかなか気風のいい”粋な”上司が出来上がります。
そして何より、アイデアがなく方針が示せないマネジメント諸兄にとっては、
かなり逆転なアプローチといえるでしょう。





方針が無い「イケテナイ」マネジメントを「イケテル」マネジメントに変身させる。
すごいアイデア!
平尾さん、ありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-07-11 20:50:09

なぜか少子化問題

テーマ:ブログ

最近、少子化対策の会合に出ました。


ある事情で、どうしてもということだったので出席しました。
正直、「少子化対策??」と思い、かなり逃げ腰な姿勢でした。
会議中、寝ないようにするにはどうすればいいか思案したくらいです。





ところが、そこで聞いた話が結構興味深かった。

政策研究大学院の松谷教授のお話を聞いたのですが、その話が私にとっては、
大変に「意外」でありました。



松谷先生は人口学(?)の第一線の先生だそうで(恥ずかしながら、全くもって
存じ上げず…)、ベストセラーの書籍も出している方。



『人口減少経済の新しい公式』という本(日本経済新聞社刊)。
かなり売れているそうであります。





で、その「意外に」思ったポイントなのですが、
松谷先生は人口減少すること、少子化することを大変に冷静に受け止めておられる。




人口減少について研究されているのだから、それに対して問題意識があり、
「何とかしよう」「どうにかすべきだ」といった態度なのかな、と考えるわけです。




ところが、先生は「少子化はしょうがないですよ」的な感覚です。



さらに、「確かに日本の人口は減少するけど、だから何だって言うわけ」的な
危機感のようなものがなく、大変自然体に人口減少を受け止めていらっしゃる。



松谷先生によれば
「人口減少して、確かに日本のGDPは下がるだろうけど、そんなの大したことじゃない」
「そもそも現在のドイツのGDPは日本の1/2で、フランスのそれは1/3。
だけど、国際社会での発言力やプレゼンスは全然低くない」
「人口減少=社会的大問題という考えが短絡的」
という感じであります。



なるほど、確かに「問題だ!問題だ!」という割りに、少子化の、人口減少の、
何が問題なのかはっきりしない面がありますね。




もしかしたら、少子化の何が問題なのかわかっていないのが、最大の問題点かも
しれません。



思うのですが、問題だと考えている問題が本当に問題なのかが問題ですよね。

少子化しても日本で生きる私たちの豊かさがさらに向上していくならば、
問題ではないはずです。
子供が少なくなるという漠然とした不安があることは確かです。
なんだか活性感のない、元気がない社会になってしまいそうですもんね…。


でも、それはまだ見ぬハイパー高齢化社会に対する見えない恐怖かもしれません。







ちなみに、今回の会議まで、私も「少子化は問題だ!」と考えておりました。
そして、それを解決するためには、「是非とも移民を受け入れるべき」と考えておりました。






でも、松谷先生によれば、移民を受け入れても問題の先送りにしかならず、
少子化・人口減少の対策にはならないそうであります。
勉強になりました。




ちなみに、「なぜ、少子化するのか?」という素朴な質問に対して、
先生曰く…




「諸説あるが、私見ながら生物学的要因が最も高いと思う。」
「これまでの人類の歴史を見ると、
年寄りが増えると女性は子供を生まなくなる。」とのこと。


ひらめき

よく、戦争が始まると、なぜか男の子がたくさん生まれるという話が
ありますが、それと同じように、
年寄りが増えると女性は子供を生まなくなるそうであります。






人の平均寿命が伸びて、人間の個体数が増える。
その個体数を調整するかたちで、少子化が進行するのだそうです。
ある意味、個体数を一定に保つために、女性が子供を産まなくなるのだという
ことでした。
勿論、生物学的にそうなのであって、女性が意識的にそう行動するということ
ではありません。



でも、ふと考えれば、意識してそう行動しているように見える人もいるかもしれませんね。




だから、どうしたという感じではありますが…

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-07-08 12:30:29

ビジネス技術講座①

テーマ:ブログ

いつまで続くか保証のないビジネス技術講座です。




第1回は


========================

「聞きかじり」処世術。
あなたも、あたかも専門家のようになれる。

========================





自分を良く見せようという努力は重要ですよね。


よく見せるというのは、

カッコよく見せるとか(本当はカッコ悪いのに)
上品に見せるとか(本当は下品なのに)
高く見せるとか(本当は安いのに)
頭良く見せるとか(本当は頭悪いのに)



そういえば、『頭を良く見せる本』みたいなのが、
売れているらしいですね。
確か、『賢く見せるための文章力』みたいな本も
売れていたように思います。

いずれも、日経ビジネスの書籍ランキングを見た曖昧な記憶ですが。



そんな自分を良く見せたいブログの皆さん。

私から新たな提案であります。



本当は良く知らないのに、あたかも専門家のようになれる方法が
あります。



私の身の回りにも、あたかもIT領域の専門家のごとく、先端技術に
詳しく、それらを独自に評価したり…
まるで情報技術を駆使してすごいプロジェクトをまわした経験でも
あるかのように見える。



が、しかし、現実的にはITについては素人に過ぎないという人。



こういう人が実在いたします。




これ、周囲に存在する本物のプロから「聞きかじった」情報を
つなぎ合わせているだけだったりします。

モザイク状に散らばった情報を色々なところから拾い集めて
一つにまとまると、結構な”知ったかぶり”が出来るもの。



コツとしては、似非(えせ)専門家になりたい領域のプロに
コンタクトし、聞きかじった情報を自分で経験したかのように
別のプロに話をすることで雪だるま式で情報を増やすことです。


更に、人から聞いた話を「鸚鵡(オウム)返し」で繰り返せば、
いつの間にか「自分の言葉」になっていく。



そんなことで、似非専門家の出来上がりであります。



ブログの皆さんもお試しあれ。

つづく

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース