よくネットで書かれているのは「30を過ぎるとぐんと結婚できる割合が減っていきます」ということ。

結婚できる割合が減るのは、年齢が原因だとは私は思っていません。


以前に私がお世話になっていた結婚相談所は個人情報をデータ管理ではなく、すべて紙ファイルで管理していたため、アドバイザーさんのすぐ後ろに男女それぞれのファイルが見やすく置いてあります。

男性はブルーファイル。

女性はピンクファイル。


年代ごとに分けてファイリングしてあるので、どの年齢がたくさんいるのか一目瞭然。

たくさんファイルがあるのは30〜40の間の女性のファイルでした。


年齢が壁を作っているのではなく、婚活市場にこの年齢層が多いだけ。

年齢で結婚できないというわけではありません。


「30を過ぎているから結婚できない」という年齢を理由にする制限は私には通用しません!笑


ただし、他にもひしめき合う婚活女性たちがいる中で、あなただけが選ばれる婚活スタイルを考えて行動する必要がありますよね?


他と差がつく、あなただけのオリジナル婚活マニュアル。

いつか手渡せるように、私も日々努力をしていますから楽しみにしていてくださいませ!

{5EB3239E-7888-40E9-9CE5-5BF1377ECF85}


AD

婚活女性に多いお悩み

『自分の決断・判断に自信が持てない』

自分で決断しないといけないのに、ついつい人に聞いてしまって初めは「うんうん」と聞いているのに、いざ行動しよう!と思ってもなかなか行動に移せなかったり、決断できなかったり…。


自分はどうしたいの?というよりも

『自分はこれからどうなりたいか』という未来形の言葉にしてみると明確です。

自分がこれからどうなりたいのか?

そしてどんな人と出会ってどうなりたいのか?



そこに向かって一直線でいいのですから、ぶれる必要もないのです。

婚活女性は未来ある女性達なのですから、これからの未来を描いた人生を語ってほしいなと思っています。
{FD955BBB-0CA7-4B94-9DC7-D0AF20678F47}


AD
外見と内面から自信を取り戻す コンプレックスのない私で結婚しよう!

ポジティブマリッジコンシェルジュ 松井ともみです。

{7083AC66-62C6-4A98-89D5-87180BE7C25F}


「婚活に着ていく洋服を選びに行ったら、何を着ても似合いますねと言ってくれる店員さん。嬉しかったのですが、自分も迷ってしまって。全部を買うわけにはいかないし…」とお悩みの婚活女性へ。


私がかなり自己投資しているのは洋服と鞄と靴。

ほぼ全部…笑

失敗もたくさんしていて、「これ絶対着ないっしょ」という服もたくさん買ってはたくさん捨ててきました。

どうしてこうなってしまうのかな?というと、いつもいつも色んなお店を転々としていたためだと思っています。

お店の人だってあなたがどういう人が知らないからです。


あなたがどういう生活をし

何を欲して

どういう考え方をもち

どうなりたいか

を、初対面で引き出してくれる店員さんてなかなかいないですよ。

毎週のようにデパート教信者の私としては、これは自身あり!!!



まずはなりたい自分の姿をイメージしてみてください。


そのイメージに近いお店を探してみます。


そこから、お店に行ってみます。


すぐに買わなくてもいい!

また時間があるときに「通ってみる」という感覚で行ってみてください。


そうすると手に取る商品がわかってきますし、好みのもの・嫌いなものが自分でわかってきます。

それを店員さんも知ることでお互いに提供してほしいもの・するものがわかるのです。


そして一番大切な事。

「これは◯◯さんには違いますよね」とハッキリ言ってくれる人。



私はこれを大事にしています。

自分でも「ちょっと違うかな?」と思う視点が同じなら、またこのお店に通おうと思える基準になるからです。




洋服を買いにいくという感覚より、私はデパートに『通う』と言うほうがふさわしい。

そして何よりお店の方との会話を楽しむことも忘れずに!
AD
外見と内面から自信を取り戻す コンプレックスのない私で結婚しよう!

ポジティブマリッジコンシェルジュ 松井ともみです。


「同級生からの結婚報告がどうしても心から喜べない…」という婚活女性のお悩み。


私、学生の頃、根暗だったので笑、同級生からお式に呼ばれたのは1回だけなんですよね。

あとは二次会のみに2回。


だからhappy報告ってなかなか無かったので、あんまりこの経験はないのですが。

でもやっぱり友達のhappy報告って、なんだか心がザワザワしてしまうのはわかります。

「えー、結婚するんだ…」という感じ。



思い出したのが、今の主人の話。

学生の頃から主人の周りには沢山の友達であふれていたと、いろんな方からその言葉を聞いていたので、「友達の結婚式にはどれくらい呼ばれた?」と聞いたところ


「覚えてないほど」だそうです…。


その時の友達のhappy報告はどう思ったのか聞いてみたところ

「友達が幸せになるのは喜ばしいことだよ」と。

こういう人の幸せを見ることで、「よし、自分も頑張ろう」と思えるのだとか。

私がイメージしたのは、決起会みたいなもんですね笑



「ああ、羨ましい…」と思うのも自由。

それを

「よし、自分も頑張ろう!」と気持ちをそこまで持っていくのも自由。

「あー、なんであの子が私より先に結婚するんだろ」と妬むのも自由。


結婚するのに早いも遅いも関係なし。

幸せかどうかは自分が納得することだし、そのhappy報告を自分の意気込みに変えられたら幸せが近づくのかなと思いましたよ。


あなたはどうですか?


{4EB283F6-D35C-4468-9DA4-9DC1D93F5828}




外見と内面から自信を取り戻す コンプレックスのない私で結婚しよう!

ポジティブマリッジコンシェルジュ 松井ともみです。


「これからの自分の人生について、色々と考えることがあります。一人のままでいいのか、本当に結婚できるのか。婚活はしているのだけれど、結果が出ないとやっぱり不安になります」


という婚活女性のお悩み。

これからどうなりたいですか?という質問をすると

「幸せになりたい」

「結婚したい」と答える人が多いのですが…

幸せになりたいって私にとっては漠然としすぎていて、あなたの幸せってなんですの????と、クエスチョンマークがたくさん付いてしまいます。



私にとっての幸せとは

⭐︎病気にならずに毎日家族が元気で過ごすこと

⭐︎なりたい自分の姿(起業して自分で自分の道を作っていくこと)を実現すること


です。

婚活女性は皆、口を揃えて『幸せになりたい』とばかり言っていますが、あなたの幸せの形ってなんでしょう??


『いい人と巡り会いたい』というのも漠然としすぎてダメですよ。

あなたがいう『いい人』ってなんですの???????笑


漠然としたイメージを、具体的な言葉にしてみてくださいね!