医局講座制が、医者の人事を支配していたといわれている。

昨今の新研修医制度は、教授の人事権が弱められ、研修医が自由に病院を選べるようになったということらしい。

これは新制度は改革なのか、改悪なのか。

結果、大学病院で奉公する研修医がぐっと減った事になった、あれほど無尽蔵に扱き使えた研修医も人数が削減、大学では医師不足で益々青色吐息。

研修医の穴埋めのために、関連病院の中堅の医師を大学に戻し、地方の関連病院は中堅はいないは、研修医もいないではで、疾駆八苦というところなのだろう。


この新制度によって、大学に医者がそれほど縛られなくても、生きていけるようになった。

教授になるばかりが、医者の出世じゃないという方向性がみえてきたのだろう、安月給に激務に耐えるだけの、大学病院と大病院、医者が病院を飛び出し始めている。これを、開業と言うサボタージュというらしい。

東京では、開業医ばかり増えている、地方でも都市部はそうだろう。しかし肝心の中核病院には、ちゃんといした救急体制はととのってはいない。開業医ばかりでは医療はできないことは、当たり前の事です。

更に地方に若い医者がいかなくなった、教授人事が威力を発揮できなくなったからだろう、医者は本当に不足してるのこのままの状態で医者を補填してもだめじゃない。無医村といわなくとも都市部と田舎の医療の格差はますます酷い事になるのだろうか。


悪の根源といわれた、あの医局講座制も悪い事ばかりではなかったのだ。教授人事で田舎に医者をしっかり送る事が出来たということは評価に値する。しかし、市場主義にあって、医者だけ共産主義の制度の中に押し込めておく事はできなくなったのだろう。

多分、医局講座制は、ある面では日本の医療を支えていただろうし、国土均衡の一翼を担っていたのだ。

教授人事に左右されない、新研修医制度は、医者の認識を大きく変えた一度開けたパンドラの箱はそう簡単に閉じる事ができない。


ところで、ある方の案内でミッドタウンクリニックを見学してきました。

まだ、全て自由診療とおもいきや、完全自由診療ではなく、基本は健康保険で治療をするそうだ。

患者様にあった治療、手術を、国内外からチョイスしてうけられるそうだ。場合によっては治療費だって安くなる場合もあるそうで、東南アジアにも紹介するし、アメリカはじめ世界中だって金に糸目をつけない治療もうけられるということだ。


新薬使用がこの日本ではが数年以上遅れることがしばしば、これは東南アジア以下といわれて久しい。

日本でだめなら世界へというところなのだろうが、それだけでいいのか。

丸の内の東京クリニックも、同じ主旨なのだろうか。

あそこの院長はかってお世話になった宮崎東洋先生、先生は今東洋どころか世界にはばたいているのですね。

メインはやっぱり福島崇徳先生、ゴットハンドですか。

いずれにしても、新研修医制度、世界的な視野に立ったクリニックといい混合治療解禁、自由診療万歳ですか。

まさに、こうしたクリニックはまさにパンドラの箱を開けてしまったし、ドル箱ともいえるだろう。

世界を相手にすれば、日本の大学病院や大病院に頼らずともいいという発想なのだろうか。

それぞれ、こららのクリニックに関わってるDr.、面識もある先生もいるし個人的にはきらいな先生ではない。

でもね、皆さんに聞きたい、日本の誇るべき皆保険制度どう堅持していけばいいのでしょう。このグローバリズムの最中、皆保険はもう堅持できないなっておもっているのでしょうか。

一度、その辺で噛み付いてみたいのだが、ちょっと皆さん偉くなりすぎたよね。

それぞれ、昭和終わりの頃、みんな一介の医者として頑張っていらっしゃった、日本の皆保険制度を堅持する一翼をになっていらっしゃった。しかし、時代は変わり医者も変わっていく。

もう、一介の患者が相手できる相手じゃない?

でもね、一介の患者だからこそ引き下がれない部分もあるのですよ。

名医たちよ、もう一度こっちをふりむいてくれ。




AD