2014年06月28日

カレイドインキ

テーマ:印刷技術
25年位前から思っていたことがあります。

4色の写真印刷で、
何故に写真が鮮やかに印刷できないのだろうかと…。

理由は当時から知っていました。


プロセスインキは
シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色で
その掛け合わせで写真印刷は出来ています。

シアンのインキの中には少しだけマゼンタ・イエローの要素が含まれています。
マゼンタのインキの中には少しだけイエロー・シアンの要素が含まれています。
イエローのインキの中には少しだけシアン・・マゼンタの要素が含まれています。

シアンとマゼンタが混ざったときにイエローが邪魔をします。
マゼンタとイエローが混ざったときにシアンが邪魔をします。
イエローとシアンが混ざったときにマゼンタが邪魔をします。

それぞれ邪魔なインキが彩度を下げています。

だから、インキメーカーに
純粋なシアン。マゼンタ、イエローインキを作って欲しいと
お願いしました。

しかし、当時は不可能と言われ、
何故出来ないのか疑問でした。


ところが、20数年も経てば出来るんですね。
それが東洋インキさんのカレイドインキ


正に待ち望んでいたインキなのです。


でも、価格が高い!
通常のインキの約5倍?


価格は別として
何故かカレイドインキの使用率が低い。

今までの4色印刷がスタンダードになってしまっているのか?
彩度の高い印刷物が不要なのか?
このインキのことを知らないのか?
色々理由は有るともいますが…。


何れにしても
世の中の4色印刷がカレイドインキに置き換わらないのが
不思議でなりません。


現在、各メーカーさんから
同じようなインキが発売されているのに…。


はやり、宣伝不足でしょうか?????
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

もりもりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>詠み人知らずさん
やはり価格でしょうか?
でも、見積もり依頼すら来ないのは告知不足かもしれませんね?

1 ■無題

もともとDICの方がTOYOより濁っていたような…
Pantoneは更に彩度が高かったような…

普及しないのは、価格と、さくっと置き換えられるわけじゃないからじゃないでしょうか?

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。