近畿農政局は1日、約360万円分の切手を着服したとして、同局総務部総務課付けの男性職員(39)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。この職員はすでに全額返済しているという。

 同局によると、男性職員は奈良農政事務所経理係長だった平成21年11月~今年3月にかけ、7回に渡って実際には必要のない約360万円分の切手を発注し、金券ショップなどで換金していたという。

【関連記事】
さらに小中3事務員が82万円着服 名古屋市
解明阻む中心人物の自殺 元神奈川県職員の公金流用
火葬料410万円着服の斎場職員を懲戒免 忌引も不正取得
業者との慣例「裏金システム」にメス 神奈川県の不正経理問題
親ぼく会費430万円着服で消防職員を処分 大阪・吹田市
「はやぶさ」帰還へ

口蹄疫 「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判(毎日新聞)
<パンダ>借受期限を5年間延長 神戸市立王子動物園(毎日新聞)
菅首相 会期延長を検討 2週間程度(毎日新聞)
中国語で「金を出せ」 銀座の整骨院に3人組の強盗 (産経新聞)
年109万円もらう橋下知事「子ども手当、7人の食費に」(産経新聞)
AD