環境相の確認なしにミャンマーに廃棄物の冷蔵庫を輸出しようとしたとして、大阪府警は17日、大阪府八尾市の貿易会社「祝氏貿易」社長で中国籍の祝洪波被告(41)=同市東老原1、廃棄物処理法違反罪で起訴=ら2人を同法違反(無確認輸出未遂)容疑で再逮捕した。府警生活環境課によると、同法の無確認輸出未遂罪が05年10月に新設されてから、摘発は全国で初めて。

 容疑は昨年10月、環境相の確認なしに、電源コードが切れたり、庫内にカビが生えている廃棄物の冷蔵庫45台をミャンマーに輸出しようとした、としている。大阪税関南港出張所で発見された。06年以降、冷蔵庫約7000台を中国などに輸出していたとみられる。【渋江千春】

【関連ニュース】
不法投棄:容疑で6人逮捕 田畑に産廃3万トン 愛知
廃棄物処理法違反:容疑で廃タイル処分委託の弁護士告発
動物死骸遺棄:ペット葬儀業者を詐欺容疑で再逮捕 埼玉
ペット投棄:「被害者の会」発足 埼玉・三芳町で初会合
ニッポン密着:「廃棄物」ペット死体、葬儀業者規制なし 「弔いの場」に遠く

子ども手当申請書に本来不要な年金番号記入欄(読売新聞)
<iPad>米国から空箱で到着 被害相次ぐ(毎日新聞)
口蹄疫 殺処分に追われる関係者 疲労と焦燥が蓄積(毎日新聞)
常用漢字改定案、文化審議会分科会も了承(産経新聞)
男性2人刺され心肺停止…大阪のマンション(読売新聞)
AD