広島市安佐動物公園で10日、ガラス越しにライオンと対面できる「レオガラス」が初公開された。ガラス1枚を隔てて猛獣と対面できる施設は全国でも類を見ないといい、人気を呼びそうだ。

 完成前は、ライオンとの距離は柵や溝を挟んで最短約9メートルあった。ところが、レオガラスの場合は厚さ約20ミリの強化ガラス1枚が間にあるだけ。ライオンがガラスに寄ってくると、迫力満点だ。

 襲いかからんばかりのライオンに「近い」「牙がすごい」など、子どもだけでなく大人も大興奮。あまりの近さに「食べられるかと思った」と笑う来園者も。【寺岡俊】

【関連ニュース】
札幌市円山動物園:また性別判定ミス ライオンとエゾシカ
札幌・円山動物園:また性別判定ミス…平謝り
世界の雑記帳:母親亡くしたライオンの子、雑種の犬から乳もらう
日立・かみね動物園:13年ぶり入園35万人突破 施設建設、赤ちゃん誕生で /茨城
まちかど:静岡市の日本平動物園に新たな展示施設 /静岡

新党「平沼党首」で始動 経済成長・財政再建「両輪」(産経新聞)
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル(産経新聞)
明細書発行で「医療が良い方向に」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
ピザ回し世界V2…埼玉の赤荻さん、大会新で(読売新聞)
石原都知事、参院選への出馬「あり得ない」 定例記者会見で(産経新聞)
AD