陸上自衛隊は26日、那覇市に本部を置く第1混成団を第15旅団に改編した。軍備力を増強する中国を念頭に置いた南西諸島の防衛力強化が狙い。定員を約300人増の約2100人とし、中核となる普通科連隊のほか、偵察隊、化学防護隊などを新編した。
 第1混成団の旅団化は、1995年策定の防衛計画の大綱に盛り込まれた陸自改革の一環。北海道などの4師団を旅団に縮小し、沖縄、香川両県の混成団を旅団化する計画で、今回の改編で全国5方面隊の部隊は9師団6旅団体制となる。 

<参院三重選挙区>自民県連、小野崎氏を擁立(毎日新聞)
<嵐電>みやびな「京紫」色の車両公開 100周年でお色直し(毎日新聞)
シー・シェパード元船長の拘置延長(読売新聞)
女性受刑者4人を傷害で書類送検=同室者に集団暴行-札幌刑務所(時事通信)
首相「残念だ。党内の規律が守れない」 生方氏解任で(産経新聞)
AD