天皇賞(春)の予想┃2016年の出走予定馬・オッズ等の最新情報

2016年の天皇賞(春)の予想を公開しております。出走予定馬・予想オッズ等の最新情報もお伝えしております。


テーマ:
5/1(日)に京都11R・芝3200mにて
《天皇賞・春》が開催されます。





波乱含みの最強ステイヤー決定戦。


ゴールドシップの引退を
埋め合わせるには十分と言って良い
優秀なステイヤー達が集結。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


まずは出走馬を見ていきましょう。


===========
天皇賞・春の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 脚質 騎手
1 1 キタサンブラック 先 武豊
1 2 トゥインクル 差 勝浦正樹
2 3 カレンミロティック 先 池添謙一
2 4 トーセンレーヴ 差 武幸四郎
3 5 フェイムゲーム 差 ボウマン
3 6 アドマイヤデウス 差 岩田康誠
4 7 ファタモルガーナ 先 内田博幸
4 8 シュヴァルグラン 差 福永祐一
5 9 トーホウジャッカル 先 酒井学
5 10 アルバート 差 ルメール
6 11 タンタアレグリア 差 蛯名正義
6 12 ヤマニンボワラクテ 先 丸山元気
7 13 マイネルメダリスト 差 柴田大知
7 14 サトノノブレス 先 和田竜二
7 15 サウンズオブアース 差 藤岡祐介
8 16 ファントムライト 差 三浦皇成
8 17 ゴールドアクター 先 吉田隼人
8 18 レーヴミストラル 先 川田将雅


以上、出走馬18頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ゴールドアクター

昨年の有馬記念の覇者。

今季初戦の日経賞も快勝し
現在重賞を3連勝中で
条件戦も入れると5連勝。

主戦の吉田騎手とは相性抜群で
息の合った先行力と勝負強さに
プラスして貫禄も出てきた。

堂々たる快進撃を続ける同馬が、
この勢いにノッたまま勝利なるか。


キタサンブラック

昨年の菊花賞馬。

オーナーはあの北島三郎。

菊花賞勝利時には淀の空に
『祭』がこだまし、昨年の競馬界
名シーンの一つとなった。

鞍上は大阪杯に続き2戦目の手綱となる武豊。

抜群の安定感を誇る同馬が、
再び淀の舞台を黒に染められるか。




シュヴァルグラン

3歳春は勝ち上がるのに苦労したが、
秋になってから破竹の3連勝。

そして4歳になり福永とのコンビで挑んだ
阪神大賞典を圧勝して重賞初制覇。

長距離型ハーツクライ産駒の
典型的な成長曲線を描いている。

折り合いがつくタイプなので
3200mの距離にも不安は無い。

この完成度でG1馬相手にどこまでやれるか期待。


サウンズオブアース

重賞2着6回と惜敗が続く。

鞍上予定だったデムーロ騎手は
皐月賞で他馬の走行を妨害したとして
騎乗停止となり藤岡騎手に乗り替わり。

同騎手は神戸新聞杯で一度騎乗し
2着になってるので心配は無いだろう。

京都替わりはプラスだし、
距離が延びるのも好材料。

G1連勝中の厩舎の勢いに乗って
悲願のビッグタイトル獲得なるか。


フェイムゲーム

今年で三度目の挑戦。

初めて天皇賞・春に出走したのは
2014年で結果は6着、翌15年にも出走し
ゴールドシップにクビ差で敗れて2着。

今年こそ昨年の雪辱を果たして
悲願のG1制覇達成といきたいところ。

ただ、鞍上が今回が初コンビとなる
ボウマンへ乗り替わりとなるのが懸念。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【1-0-1-8】
2番人気【4-2-1-3】
3番人気【1-4-0-5】
4番人気【1-2-1-6】
5番人気【0-0-2-8】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【1-1-1-27】
10番人気以下【2-1-3-76】


大穴の好走が多く波乱傾向。
過去10年で1番人気は1連対のみ。

2005年、2007年・2009年・2012年で
馬連万馬券が出ている。

また、単勝100倍以上の馬でも
馬券に絡んでるので注意が必要。

穴なら中途半端な人気馬よりも
大穴を思いきって狙う方が期待値が高い。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【4-1-2-12】
2枠【0-1-2-16】
3枠【2-0-1-17】
4枠【2-0-0-18】
5枠【0-1-0-19】
6枠【1-2-3-14】
7枠【0-2-1-23】
8枠【1-3-1-23】


1枠が連対率26.3%となっており
他を大きく離してトップの成績。

また、3~6枠に入った馬で
5番人気以下の穴は1度も連対が
無いので注意が必要。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-0-0-11】
先行【3-6-5-21】
差し【4-4-5-64】
追込【0-0-0-44】
マクリ【2-0-0-2】


3200mを逃げ切るのは容易では無く、
後方一気も決まりにくい。

同レースは極端な脚質よりも、
先行か早めに動ける差しが良い成績。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==========
予想情報局の総括
==========


天皇賞(春)は京都の芝3200mで開催される。


傾向として1番人気の成績が
あまり芳しくない。


過去10年の1番人気馬の成績は
【1-0-1-8】と壊滅的。


唯一の1勝も歴史的名馬である
ディープインパクトによるものなので
度外視していいだろう。


また、道中の位置取りはともかく、
4コーナー通過時点で先行できていないと
勝ちきることが難しい。


実際、過去10年の勝ち馬10頭中9頭が
4コーナーを5番手以内で通過しており、
残りの1頭も6番手で通過している。


よって、大外一気や後方からの末脚自慢は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
軽視した予想をしていきたい。
~~~~~~~~~~~~~~


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


本命は【ゴールドアクター


1番人気が予想されるが、あえて本命とする。

先行でき、距離不安も無い。

過去1番人気で着外となった
馬とは違いレースぶりや気性に不安が少なく
本命として信頼できると判断。


対抗は【キタサンブラック


昨年の菊花賞馬。

先行でき、堅実さが光る。

本来なら本命にしたいとこだが、
血統面に不安が残るので対抗とする。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ゴールドアクター
◯:キタサンブラック
▲:トーホウジャッカル
△:サウンズオブアース
△:タンタアレグリア


実績馬が揃い難解な一戦だが、
◎から流していく形で勝負したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


その他の最新ニュースはコチラから

【Facebook】
【Twitter】


今号は以上となります。

新たな情報が入り次第、ご連絡させていただきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。