トイレの取り換え

テーマ:

寒くなってきましたね((>д<))

トイレのウォシュレットのお話をしてみようかな・・・

ウォシュレットって、日本独自の機械で、とても精巧に作られています(-^□^-)

便座を暖める機能が付いているし、水でお尻を洗う機能も付いています。

脱臭機能もあり、便座のふたを自動で開け閉めするセンサーも組み込まれています。

一瞬にしてお湯を作る電熱器も入っていて、ウォシュレットを分解してみると、機械だけではなくセンサーなどの基盤がビッシリ入っています。

 

毎日、トイレは水を流すところなので、湿気や水滴がいつもそこにある状態になっています。

そんなウォシュレットは、よくトラブルが起きます。

原因は・・・『水』。

トイレの後に拭き掃除をする方はほとんどいません。

水滴や湿気がウォシュレットの隙間に入り、機械をサビさせたり、基盤をショートさせたりするのが原因です。

部品交換だけで済めばいいのですが、取り換えをすることの方が多いのが現状です。

最近では、1日でリフォームができるので、便器の取り換えをされる方が増えています。

便器の撤去のついでに、床のクッションフロアーも張り替えるのもオススメです。

そして、便器のタンクを取り換えることにより、水道料金を抑えることができます。

節水型のタンクになっているので、流す水の量が1回につき13リットル使っていたものが、4.8リットルになっています。

年間で14,200円の削減に!!

いつもどうりに使って節約できる!

それが1日でできるので、一度検討してみてはいかがでしょうか(-^□^-)

 

 

 

AD