井上英昭のひらめきわくわくブログ

モバイルマーケティングのビートレンド株式会社の社長 井上英昭の絵日記型のブログ。挿絵は毎回自分で描いてます。このブログでは、あまり業界や業務のことは書かないと思いますので、最新情報などはビートレンドのWEBサイトhttp://www.betrend.com/で見てくださいね。


テーマ:
先月の剣道連盟の昇段審査で五段に昇段した。
今年の正月から30年ぶりに剣道を再開して一年も経たないうちに受かってしまった。東京都で約5百人くらいが受験して数十人しか合格していなかったようなので、受からなかった大部分の方々には大変申し訳ない結果になったが、実は、こちらとて、そうやすやすと受かったわけではない。

ここ3年間くらいは、ほぼ毎日、腹筋100回、腕立て100回、ランニング5-8Km(休日10km)を実践した。「いずれ剣道を再開する」と決意してから再開するまでの1年間は、日頃のランニングなどに加え、竹刀の何倍もの重さの大木刀を毎日2-3百回振り続けた。

素振りの大木刀↓
素振り木刀

そして、体力復活のひとつの目標であった昨年末のホノルルマラソンでフルマラソン初完走を果たし、ようやく今年の正月から剣道界に復帰したというわけである。なので、準備期間を入れ3年くらいで受かったというのが本当のところである。

友人の推薦で千代田区の剣道連盟に所属し、「千代田土曜会」という社会人の剣道稽古会に参加し、土曜日を中心に火曜日・木曜日は仕事の都合がつく日に稽古。道場の稽古は厳しく、人は暖かい。
稽古後の第二道場(剣道界では居酒屋の事をこのように呼ぶ)では、その日の稽古の中での私の剣道の反省点や注意点を、先生達(だいたい六~七段以上)や剣友達が、懇切丁寧に解説&指導してくれる。七段以上が必ず持っていて大一番でしか繰り出さないと思われる「必殺技」以外は、惜しみなく一から十までご指導いただける。
こちらも、酔っぱらいながらも(酔っぱらっているだけに)、教えを忘れてはならじと、家に帰ってすぐに剣道ノートをつけて忘れないようにしている。

剣道ノート↓
剣道ノート3

昇段審査の話に戻る。審査の1-2ヶ月前になると、驚くべき「利他」の行動が道場全体で行われた。
昇段審査では、一次審査の実技(2回の試合)に加え、二次試験があり「日本剣道形」という奥深い剣の理論に基づいた演武を、10本覚えてそれを完璧に演じなくてはならない。当道場ではそれが苦手な人、準備が間に合ってない人向けに東京でも高名な先生が「形の講習会」を開催してくれた。また、少し稽古に早出してきて日本剣道形の練習をしたい人もいることだろうと、六~七段の先生達や剣友達が毎週自然と稽古前一時間程も早く集まってくれて指導してくれるのであった。また、著名な先生が書かれた剣道の基本書、自分で作られた「審査のコツ」のコピー、剣道形のDVDなどを「これ良かったら見といてね」といろんな方が貸してくれて大変参考になった。道場の全員が新たに受験する道場仲間全員を助けるべく協力してくれるのである。
指導を受ける側から見ると、先生達の指導は毎回無料だし、そこには、何のギブアンドテークもない。先生達や剣友達からのギブ、ギブ、ギブしかないのである。
受験当日も自分の昇段とは何も関係ないのに、会場の東京武道館までたくさんの方が応援に来てくださった。一次審査前の着装確認や二次審査前の形のチェックなど大変心強かった。

道場から10数人がそれぞれの段位の受験をして、結果、4人が合格したわけだが、その祝賀会(いつもの居酒屋第二道場)では、今回、運悪く落ちた方々もきちんと参加してくれていて、合格した人に心からおめでとうと言ってくれた。内心は複雑なのは当たり前だが、それはそれとして、自分のことのように喜んでくれる「武士の姿」に接し、自然と涙が溢れて来るのであった。
まさに、「交剣知愛(こうけんちあい:剣を交えて愛を知る)」を実感する。

ところが、一方でひとつのしきたりがあった。合格した人は、自分の段位の数だけ焼酎のボトルを入れて、みんなに振る舞わなくてはなくてはならないのである。
稽古に参加し始めてまだ間もない頃の第二道場で、直前の審査で七段に合格した人が、みんなのために7本のボトルを入れている光景を見た。「どうして、受かった人がプレゼントをあげるのか?」もらうのではなくて、なぜ、逆にプレゼントをみんなにあげなくてはならないのか?何か、ゴルフのホールインワンのようなしきたりでもあるのか?と不思議に思っていたが、そのようなラッキーのお裾分け的なことではないのが、今回、我が事になって初めてきちんと理解できた。
合格した人は、これまでご指導いただいた剣友のみなさまに、ボトルキープという形で、「感謝の心」を伝えていたのである。新しい段位を戴いた感謝の心をみなさんに飲んでいただきたいのであった。

私も心から喜んで5本の焼酎ボトルを献上させていただいた。

ボトル4

次の目標は六段の取得となるが、規則では五段昇段から5年間経過しないと六段の受験資格はない。六段から6年間経過しないと7段の受験資格は与えられず、それから10年間が経過しないと現在の日本最高位である八段の受験資格はない。受験資格があったからとて、次の段位に合格するまで数年かかるのは一般的である。私がこの先仮に順調に行ったとして、八段を受験できるのは75才前後と推定される。剣道の神様が、剣道家には一生剣道を続けさせようと仕向けているに違いない。ホトホトよく考えられたシステムだ。剣道は生涯スポーツであり、何才になっても新しい境地で上達できる唯一の競技である。いやたぶん、これはスポーツではないのだろう。

剣道とは何か?
全日本剣道連盟が定義した理念をよく噛み締めて稽古に励みたいと思う。

「剣道は、剣の理法の修練による人間形成の道である」
http://www.kendo.or.jp/kendo/concept/#all

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日、仕事の関係で青森県八戸市役所を訪問した。市庁舎の前には、八戸市が誇る景勝地である種差海岸(たねさしかいがん)が三陸復興国立公園に指定された看板が出ていた。
八戸市庁舎
種差海岸は、過去に多くの文学者や芸術家が作品を残している絶景の海岸で、砂地ではなく青い芝生からそのまま海が広がる眺望が素晴らしい。
かつて、草野心平や、宮沢賢治、井伏鱒二などの文学者や東山魁夷などの画家が訪ねてその美しさを讃えている。司馬遼太郎は、「街道を行く」で、種差海岸を「どこか宇宙からの来訪者があったら一番先に案内したい海岸」と表現している。
種差海岸
市役所でのお打ち合せが終わり、役所内の旧交のある方のところにご挨拶に行くと、平成21年の市制80周年記念イメージソングで種差海岸をテーマにした「目をつむれば」が、(国立公園に指定されたことで)新しく設置されたインフォーメーションセンターの「水飲み場」でスピーカーから流れるようになっているということを教えてくださった。
「んっ?水飲み場ってなんだろう!?」
実際に行って観ることを勧められたのでその足で現場に向った。

どうせこんなのかなぁ
水飲み場2

行ってみたらまさかこんなことはないよな
水飲み場1

と、あれこれ想像しながら到着すると、かなり立派なインフォメーションセンター。
インフォーメーションセンター

その建物の横に、ありました!水飲み場。すごい!立派。
ひゃっこい全体像拡大ひゃっこい
ひゃっこい水飲み場

さすが、音楽や美術が好きな八戸市長がじきじきに制作指示をだされたというだけあって芸術的だ。伝統工芸の細工でできた八戸市の鳥であるウミネコの模型をモチーフに、スピーカが内蔵されていて、確かに僕の歌が….
あれっ、歌が流れていない!わざわざここまで訪ねて来たのに歌が流れてない。インフォーメーションセンターの受付に「音楽はいつ流れるのかっ?」と聞きにいった。
「1時間に1回、時報代わりに流れる」のだそうだ。良くデパートや商店街の入り口等にある、からくり時計のようなやつだ。おお、なかなかしゃれてるじゃないか。
今、16時45分。ならば、15分待って17時00分の演奏を聞いて帰ることにした。

「ひゃっこい水飲み場」というのが正式名称のようだ。大自然の良質な冷たいお水が飲める水飲み場だ。上の方に解説が書いてあるパネルがあったので、読んで見ると何と!
僕の歌と僕の名前が刻まれていたっ!「作詞:井上英昭」。

国立公園に自分の名前が残った!

パネル

帰りのタクシーの運転手さん曰く「先月、天皇陛下がこの種差海岸にお越しになり、新しくできたこのインフォーメーションセンターもご覧になられたらしい」とか。まさか、よもや水飲み場ではお水はお飲みになれてはいないだろうが。。そのようなことを万にひとつでも考えるのも畏れ多く、自慢もいい加減にここまでにしておく。

海が大好きな私だが、初めてこの素晴らしい海を見て、感動し、この海を未来永劫、この美しい状態のままでみんなで守らなければならないという思いでこの歌を創った。市制80周年のお祝いの際は、地元放送局のBeFMさんでCDを発売していただき、八戸市で約2,000枚が販売された。印税は全額この種差海岸の清掃費用に寄付したことは言うまでもない(言ってしまってる..)。

実際の映像はこちら。
目をつむれば~種差海岸インフォーメーションセンター
目をつむれば~ひゃっこい水飲み場

小林市長のブログに掲載されました(2014年)
藤川ゆり市議会議員のブログに掲載されました(2009年)
目をつむれば~オリジナルバージョン
目をつむれば~女性ヴォーカルバージョン

====================================================

「目をつむれば」 
作詞:井上英昭 作曲:宮下浩司 プロデュ-ス:大谷真樹 永田雅規

緑青い芝の向こうに 
はるか広がる海は 空の色
吹きぬける浦風 岩瀬に
白銀の波しぶき

牧場の丘の上で 
見渡せば 遠くの 水平線 
昇る太陽燃える 朝焼け 
ハマナスの花のような 赤い光は
さかなたち 目覚めさす 命の色

(*)人の世は変わっても この海は
いつまでもどこまでも 変わらないから
夏が終わり飛び去った うみねこも 
春には また 戻ってくる
えんこえんこ舞う 子供達よ
奇跡の恵みを 未来に

夜空に 何を願う
幾千の星 月の光浴び 
黄金色の凪は きらめく
時の流れは静かに 止まったままで
波だけが 打ち寄せて 打ち返す

(*)繰り返し

鳴き砂の白浜を 歩きながら
口ずさむうたは 波間に 消えてく
遠くの あなたの 幸せ願う
帰ってくる日 風のこえ

(*)繰り返し

この美しい海を いつの日までも

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
仕事の件で、炭の製造・販売で80年の会社の社長を訪問した。
炭にはこんなに多様な用途があるとは知らなかった。

基本的に木炭には空気や水や土壌を清浄してくれる作用があり、脱臭、調湿などの効果もある。この性質を応用して、観葉植物の植木鉢に炭を挽いたり、クルマの脱臭剤に炭が入っていたり。
先日行った和食のお店は、お客さん用の水のピッチャーに一本の炭が入っていた。女将に聞くと「焼酎の水割りがまろやかになるのですよ」と。
炭入りのまくらも一時流行った。これは調湿と脱臭作用を活かしたものか。

珍しいものでは、お腹の調子を整えるサプリがあって、名前が「美んちょう炭」と絶妙にツボに入った(備長炭と美ん腸炭)ので、この会社の敷地内にある「炭ギャラリー」で購入して来た。
美んちょう
この黒い小さなタブレットを3錠口に入れてみると、まったく炭の味がしない。思い切って噛んでみた。さぞや苦かろうと思いきや、まったく味がしない。良い炭とはこんな感じなのかと実感した。

「備長炭」はアウトドア量販店やディスカウントストアにも安く出回っているが、室内の火鉢にも使えるような本物の良質の炭は、「全く炎が上がらず、煙も立たない」そうだ。

今回のひらめきは、

会社帰りに仲間達とBBQが気軽にできるところを探しているが、どこも予約が一杯だったり、公営のBBQ場は夕方4時か5時くらいまでで営業時間終了のところがほとんど。
高級な良質の備長炭を使えば、ちょっとしたベランダでもBBQができるのでは。「火も出ないし、煙も立たない」電磁プレートと同じなのに、味は炭焼きの風味が加わり、いい具合なのではないか。
ただし、おしゃべりをして騒いでしまうと、近所迷惑なのは変わらないが。。。

炭の(株)増田屋 http://www.masudaya.co.jp/
AD
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
先月末にベトナムのハノイに初めて出張した。南北に長い地形のベトナムの北の方に位置する歴史ある都市だ。到着するといきなり気温は36度。やはり暑い国だ。
偶然、帰りの飛行機で「三丁目の夕日」の映画を見たが、ハノイの町並みは、まさに東京オリンピックの時の日本の昭和な風景とほぼ同じような感じだった。でも、圧倒的に若い人が多いベトナムの人々の真面目で前向きな生活態度から想定すると、日本が高度成長時代に成長してきた何倍ものスピードで都会になっていくのだろう。

ベトナムの第一印象は「バイクが多過ぎ!」だ。こんなに多くのバイクが街を走っている光景は見たことがない。クルマも歩行者もバイクの合間を縫って進む形だ。ベトナムには2,500万台ものバイクが走っているそうだ。二人乗り、三人乗りもよく見かける。バイクに山盛りの衣類やカバンなどの荷物を積んで移動販売(行商)をしている人もいる。

驚いたのは、道路に中央車線もきちんとひかれてないのになんとなく右側通行で大量のバイクやクルマがすれ違っていることだ。歩行者は、横断歩道も何もないのにバイクの群れを避けながらひょいひょいと平気で道を横切る。バイクの群れは、なんとなく速度を落として歩行者を通す。歩行者が横切っていると群れ全体が極めて自然に速度を落とす。信号機付きの横断歩道を見つけたが、赤も青もそもそも電気が切れて真っ黒だから、人々は信号に関係なく道を渡る。
現地の人に聞くと、「待ってたら、永久に道は横切れない」そうだ。これで、交通事故が起きないのが不思議。
日本であれば少しでも交通ルールを守らないと即座に事故になる。例えば、国道246でクルマがぶんぶん走っている車道を勝手に人が渡ったら確実に人身事故になるし、高速で走るクルマは、中央車線を少しはみ出しただけでもぶつかって大事故になる。 
ベトナムの交通社会はルールがないか、あってもゆるゆる過ぎるので、お互いを尊重しながら避けたり止まったりし合うのが普通。中央車線をはみ出そうが、蛇行しようが、勝手に道を横切ろうが、お互いが気をつけて避けるので事故にはならない。
日本からベトナムに赴任してしばらく経った人に聞くと、ベトナムには親切な人が多いし、相手を思いやっての会話が普通だそうだ。「思いやり型交通システムなんだ!」と僕は思った。
バイクの群れバイクの群れを避けながら進むクルマ(車中から撮影)

ベトナムの人の朝は早い。日本のバイク会社の現地工場に朝の9時にお伺いしたが、オフィスも工場ももうフル稼働。聞くと始業は午前7時だという。そして、午後4時には終業で、みんな一斉に帰宅する。その後は買い物に行ったり運動をしたり。大人数の家族全員で一緒に夕食を取る。(これっていろんな意味で豊かな生活なのでは…?)

ホンダバイク工場のショールーム

東南アジアに赴任した日本人が、現地のお米は日本のお米に比べておいしくないので、慣れるのに苦労するというのは良く聞く話だ。
でも、日本の本社でしばらく勤務して帰国したベトナム人の若者に聞くと、日本ではベトナムのようにお米がおいしくないので、日本の「ごはん」に慣れるのに苦労したという。(お米のおいしさはとはいったい何だろうか…?)

チャン街の人々と一緒に路上でビール

出張した時期が、丁度、南シナ海のベトナム領で中国が石油を掘削して大規模なデモが起きていた時だったこともあるが、このベトナム人の若手エリートに「もし戦争になったら」と聞くと「もちろん、戦って国を守るんですよ」と言い切った。「ベトナムの若者は結構愛国心あるんですよ」と、それまでの優しい顔を少しこわばらせて教えてくれた。
ちなみにベトナムは徴兵制度がある国だそうだ。特にハノイのある北部は軍事大国である中国と隣接しているため、過去にも押されたり押し返したりの歴史がある。
中国に勝ってきたベトナムの歴史

日本に住んでいる若者にとっては徴兵とかあり得ない世界観だろうし、日本の若者に「もし、戦争になったら」と同じ質問をしたとすると、「いやー、いろんな考え方があるとは思うけど、その時になってみないとわからないかなぁ」という類いの答えが返ってくるのが普通なのではないだろうか。

このように、いろいろな常識が崩壊したベトナムの出張であった。

PS. なんでこんなに道にバイクが溢れているのだろうかと現地赴任の日本人の方に聞いてみると、地下鉄がないからだという答えであった。(そうか、日本やシンガポールで道路がバイクの群れを見かけないのは、公共交通機関が発達しているからなのか…?)もし、東京に地下鉄がなかったら、道路上を走るバイクの数は、ベトナムよりだいぶ多くなるそうだ。

ココナッツカフェで飲んだココナッツジュース(上部を切ってそのまんまストロー突っ込んだだけ

いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:
今日は真夏のようなお天気で、この時期、毎年恒例の「高円寺ビックリ大道芸2014」フェスティバルを見に行った。

大道芸人達は、芸一つで身を立てている。観衆の評価を得た度合いが収入の度合いとなる。その場で現金収益化する究極のプロだけに、それぞれの芸人さん達のクロージング(帽子に現金を入れてもらうまでの)手法が面白い。

最初の数人の客寄せ→少し芸をやって本格的集客→観客と一体感がでる会話→すごい芸が出たら最後に帽子の中にお金をいれてちょうだいという仮クロージング→実際に凄い芸を出す→更に難易度の高い芸を出す→拍手喝采、観客との一体感の再確認→できるだけ大きなお金を入れてくれるようにと可愛くお願い→そのまま帰らないでくださいと面白くお願い→一体感の再々確認→集金。

各芸人さんのお金の集まり具合を見ていたが、芸の難易度とお金の集まりには相関はあまりなく、技を出す前後の面白く巧みな話術で観客との一体感をうまく醸成できた人がたくさん集金できていたようだ。

自分が表現(パフォーマンス)したい内容を一方的に繰り出す芸人よりも、お客様が見たいと思ったところでタイミングよく芸を繰り出す芸人の方が受けが良い。

また、大道芸ファン(私もそのひとりだが)には、お気に入りの芸人さんがいるし、その人のパフォーマンスの時間には予定場所の沿道に座っている。(去年素晴らしい芸を見せてくれて、今年はどんなだろうという期待感に胸を膨らませて待っているのだ。)

芸が終わって帽子の中に、100円玉や500円玉を入れるのは、だいたいがイチゲンさん。1,000円札を入れている人は芸人さんと「久しぶり」と会話したり、握手したりのリピート顧客。

一般社会でも、すべての営業販売は、同じ原理で動いているのかもしれない。

中国雑技団の大技↓

中国雑技団

大道芸の人気者サンキュー手塚さん↓

サンキュー
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード