井ノ上奈々オフィシャルブログ「なっさんのあしあと」Powered by Ameba

井ノ上奈々オフィシャルブログ「なっさんのあしあと」Powered by Ameba


テーマ:
12/7〜12/11まで下北沢 小劇場「楽園」で上演されます『2016 観光ホテル オーシャン望海』に出演いたします!!
こちらの作品は去年の12月に初演がありまして、今回は再演となります。
私はちょうど『魔王ロス症候群』の稽古中で見に行くことができなかったのですが、評判は聞いておりました。
プロデューサーのひらさわさんからも「井ノ上さん、絶対好きだと思う」と太鼓判を押されていたこの作品。
見られなかったのは残念だな〜と思いつつ、舞台はその期間だけのナマモノなので、見ることは諦めていました。
そして、今年の秋。
『ぽわわわわん にこめ』『プリモ・ピアット』と2作続けて朗読の舞台に出演することが決まっていた時に、オーシャンへの出演のお話をいただきました。
正直悩みました。
ぽわわわわんの稽古中にプリモ・ピアットの稽古が始まり、プリモ・ピアットの稽古中にオーシャンの稽古が始まる……。
体、もつかなぁ……頭、回るかなぁ……という心配がありました。
でも、せっかく声をかけてくださっている。
いつでも、どの仕事でも思うけど、このチャンスを逃したら、次がいつになるかわからない。
これが最後かもしれない。
そう考えて、出ることを決めました。

作品内容は、ひらさわさんが言う通り、私が好きなテイスト。
ネガティブな主人公が周りの人との関わり合いの中で少しずつ成長していく…。
劇的なことは起こらないし、ものすごくドラマチックなわけではない。
でも、 少しずつ確実に、目標としている父の姿に近づいていく。
そんな、主人公の成長の過程のどこかに、自分が重なる部分があると思うんです。
最初のネガティブな部分かもしれない。
途中の悩みながらもがむしゃらに頑張る姿かもしれない。
どこかはわからないけど、きっと自分自身の歩いてきた道や、今現在の悩みに重なる部分があったなら。
見てよかった、って思ってもらえるはずです。

今回は再演なので、去年見ている人もいると思います。
その時の印象が強い人もいるでしょう。
もちろん、ストーリーは一緒なんですが…。
『ぽわわわわん』『プリモ・ピアット』でも感じましたが、同じセリフでも演じる役者が違えば、全然違うニュアンスになったりするんです。
オーシャンでも、それがあります。
だからこそ、去年見た人にはもう一度見てもらいたい。
私だけじゃなく、何人もの新しい役者が、新しいオーシャンに挑戦しています。
もちろん続投の役者も、挑戦です。
一度出来上がったものを、もう一度最初から作るんですから。
私たちの挑戦を、ぜひ見てください。

『2016 観光ホテル オーシャン望海』
12/7(水)〜12/11(日)
下北沢 小劇場「楽園」

①7日(水)  19:00
②8日(木)  19:00
③9日(金)  14:00
④9日(金)  19:00
⑤10日(土)  14:00
⑥10日(土)  19:00
⑦11日(日)  13:00
⑧11日(日)  18:00【アベンジ組との合同イベント】

※受付開始は開演時間の40分前、開場開始は開演時間の30分前です。
※全席自由席となっております。

前売料金:3800円
当日料金:4500円

井ノ上奈々専用予約フォーム

公演終了後には、皆様とご挨拶させていただく時間もあります。
小劇場での舞台ではこういうことができるので、その時間がとても楽しみです。
ぜひ、皆様に直接お礼を言わせてください。


そして。
最後になりましたが、1つご連絡です。
年内、皆様とお会いできるのはこの舞台が最後になります。
本当に心苦しく、申し訳ないのですが、コミックマーケット最終日である大晦日、「奈々屋」としてサークル参加させていただくのですが、私はスペースで皆様とお会いすることができなくなりました。
何かしちゃったとか、ペナルティとかではなく、完全に個人の事情なのですが。
当日は、私以外のファスティアージのメンバーが頑張ってくれます。
代表の私が不在となりますが、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
このことに関しては、ファスティアージのツイッターにも書きますね。

なのでぜひ、下北沢で年末のご挨拶をさせてください。
お待ちしています!
{C58E7298-1949-4311-9F87-283CCF28F7B4}

{82052694-72EB-4FB1-84A1-94A3A727B049}

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
※先日ツイッターに載せた文章に加筆修正を加えてお届けします。

いよいよ来週に迫ってまいりました『プリモ・ピアット〜おいしい関係〜』。
ちょっと前までやっていたぽわわわわんとはガラリと世界が変わりました。
動く動く。
セットがある。
何だか舞台みたい。
全貌をお伝えすることはできないので、言える範囲でオススメポイントをお伝えしますね!

【プリモ・ピアットのススメ①】
毎公演、組み合わせが変わります!
6つの短編をABCFとADEFに分け、さらに役者の組み合わせも変わるので、同じ舞台は2度とありません!
たった一度きりの組み合わせをお楽しみください☆ 
ちなみに、金元寿子ちゃんは2日のみ、本名陽子さんは4日のみと1日だけの出演の方もいらっしゃるので、毎日のスペシャルな組み合わせにワクワクしてくださいね!

【プリモ・ピアットのススメ②】
お話の舞台はイタリアンレストラン。
クリスマス付近の忙しい時期に起こる様々なドラマをお届けします。
飲食店で働いた経験のある方なら、繁忙期のバタバタにクスリと出来るかも?
やってくるお客さんにもしっかりドラマがあるので要注目!
きっと見終わった後、イタリアンを食べに行きたくなるでしょう……。
だって稽古している私達が行きたいんだから!
美味しそうなお料理の名前、厨房で調理をしている音……涎に注意です!

【プリモ・ピアットのススメ③】
今回は朗読の舞台ですが、ステージ上にはレストランのテーブルや椅子が並んでいます。
台本を持ち、それを読むスタイルは朗読ですが、セットの中での移動にきちんと意味がある部分は、演劇に近いかもしれませんね!
どれくらいの割合で朗読をするのか、どれくらいの割合でしっかり相手を見てしゃべるのか。
まだまだ模索中です。
むむむ(。-_-。)

【プリモ・ピアットのススメ④】
今回の舞台は、特殊構造です。普通の舞台と客席の位置関係ではなく、客席と客席の間に舞台を作るんです!
360°というわけではないけれど、前を向いても後ろを向いてもお客さんがいる感じ。
2回以上観劇する方は楽しみが増えますね! 
そして、生演奏&生歌があります!
どの席とは言えませんが、とっておきの特等席があるんです。
その席に座れた方は、とてもラッキーかもしれませんね!

【プリモ・ピアットのススメ⑤】
おすすめの回は4日の昼夜!
なぜかというと、アフタートークショーがあるからなんです。
何を話すんでしょう?
今から楽しみです。
個人的には今回演じる役を全部やれるのは4日の昼の回だけなので、見に来てくれたら嬉しいな…って思います!
ちなみに、アフタートークはその日出演した役者のみが出る予定だったんですが、夜の回に金元寿子ちゃんが来てくれることになりました!
これは嬉しいサプライズ!
ぜひ2日に寿子ちゃんの朗読を見たお客様でご都合よろしい方がいらっしゃいましたら、4日の夜もお越しください☆

では最後に公演情報!

演劇企画CRANQ、新作!


今回はちょっと趣向を変えた番外公演、朗読劇。〝おいしい〟をテーマに、さまざまな分野で活躍する5人の作家の全6作品をオムニバス上演。声と音で楽しむ、おいしいCRANQの秋のスペシャリテを、召し上がれ。


◆タイトル

演劇企画CRANQ

4th STAGE  Sound Play #1

『プリモ・ピアット~おいしい関係~』


◆公演期間

2016年11/2(水)~6(日)

◆劇場

新宿シアターモリエール

◆構成・演出/佐藤秀一


◆cast

下田麻美

吉田ボイス

松崎亜希子

中村繪里子

白石 稔

船木まひと

甲斐田裕子

生天目仁美

釘宮理恵

河原木志穂

井ノ上奈々

清水香里

金元寿子

波多野和俊

本名陽子

石井 真

(各回キャスト入れ替り)


◆執筆作家

松本陽一(劇団6番シード)

森 悠

鈴木智晴(劇団東京都鈴木区)

諸星 崇

佐藤秀一(3LDK)


◆本番日程

11/2(水)

19:00[本番①]


11/3(木) 

14:00[本番②]/19:00[本番③]


11/4(金)

14:00[本番④]/19:00[本番⑤]

※各回後アフタートーク有り!


11/5(土)

14:00[本番⑥]/19:00[本番⑦]


11/6(日)

12:00[本番⑧]/16:00[本番⑨]


◆チケット料金

[ロッソ&ヴェルデ] 前売り4800円

[ロッソ&ヴェルデ] 当    日5000円

[スペシャリテ]       当    日7000円 


◆公演情報は

公式サイト

http://www.cranq.jp/top/top.htm


演劇企画CRANQ公式Twitterにて随時更新中!

@projectCRANQ



私が出るのは、3日昼夜、4日昼夜、6日夜です!
回によっては完売してるところもあるみたいなので、ご確認の上ご予約ください!
お待ちしてまーす(*´∀`*)
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の続きです。
音楽陣について。
{0341DB23-2040-4300-ABC4-FA49D949928D}
ひとりずつ紹介していきましょう。

左上の男性、中島慧くん。
歌パート以外の楽曲を全て担当した、作曲家さん。
穏やかでのほほんとした見た目の彼ですが、観劇された方には彼の凄さがわかったのではないでしょうか?
既存の脚本のピンポイントのシーンに当てる曲を1から作る。
私は音楽に詳しくないけれど、それが凄いことはわかります。
音楽の力は凄いです。
私達が何もない状態で練習していた時には感じなかった高揚感。
まさに朗読と音楽、両方が主役のような舞台でした。
そしてけいくんの仕事はもうひとつ。
本番中の照明さんです。
客席の左斜め前で、絶妙なタイミングでライティングを操作してくれていたのが、けいくんでした。
よく食べ、よく笑い、しっかり仕事をこなす。
心強い、頼もしい、スーパースタッフでした!

次は右上の鈴木絵由子ちゃん。
えゆちゃんはヴァイオリニストです。
私は今までバンド系のミュージシャンとはお仕事を何度もしたことがあったんですが、クラシックの方々とはなかなかご縁がなく。
どんな人たちなのかな、共通の話題とかあるかな……と少し不安に思ってたんですが、全然そんなことはなく。
特にえゆちゃんは、ざっくばらんに気さくに話してくれる子で、とても楽しい時間を過ごせました(*´∀`*)
色んな話をしましたよ。
とりとめのない、色んな話。
だから、何を話したか覚えてない笑
でも、友達との会話なんてそんなもんですよね。
それくらい、いい関係を築けたんじゃないかなと思っています。
ヴァイオリンを弾いてる時のキリッとしたえゆちゃん、皆さんからはもしかしたら見えづらかったかもしれませんが、とてもかっこよかったですよ!
機会があったらしっかり見てみてくださいね!

左下は、fifi légerさん。
アーティスト名、何て読むんだろう……。
ピアニストのゆうりちゃんです。
ゆうりちゃんとは帰る方向が同じなので結構一緒にいた気がします。
ほわほわとしゃべるゆうりちゃんが紡ぐ言葉はとても優しい。
奏でる音も優しい。
そして、歌。
「星にリボン」のテーマ曲「まいごのほし」。
とても優しく、あたたかく、切なく、やわらかく。
ゆうりちゃんの人柄が滲み出るような、そんな曲でした。
いつかこの曲がゆうりちゃんのCDに収録されるかも?という情報をゲットしたので、首を長くして待ちたいなと思います。
楽しみだね!

最後は、右下の水野須美子ちゃん。
チェロのすみちゃんです。
ピアノとヴァイオリンは、実際に触れてきたわけじゃないけど、存在としてはそんなに遠くない楽器だと思っていて。
単純に音色を色んなところで耳にするし、テレビなどでもよく見ます。
でもチェロは。
こんなに間近で見たのは初めてで、その存在感にも音色にも圧倒されたのを覚えています。
低く厳かに響くチェロの音色。
ストーリーに深みと厚みを出してくれたと思います。
そして、色んなシーンで必要な「この曲はこの台詞で終わる」というタイミング。
私はすみちゃんのチェロの音を頼りにしてる部分が大きかったです。
耳に入りやすいんですよね。
だから、実際は見えていないけど、すみちゃんの動きを想像しながら、台詞を喋ったりもしてました!

素晴らしい音楽陣の音色で、ぽわわわわんの世界が鮮やかに彩られました。
今でもふとした時に頭の中でメロディーが流れます。
♡組と☆組で役者の演技が微妙に違うからやりづらい部分もあったかもだけど、臨機応変に対応してくれる姿はとても頼もしかったです。
ありがとう!!!


今回は全員年齢が近かったおかげで、すぐに打ち解けられました。
楽しい時間、楽しい空間に浸ることができて、幸せでした。
本番中わたしたちを支えてくれた、スタッフの名波翔さんと楠見さやかさん(藍子ちゃんの妹!)にも心から感謝です。
日替わりゲストの森谷里美さん、楠見尚己さん、市来光弘さん、古木のぞみさん、高橋英則さんとも素敵な時間を過ごせました。
そして、来てくださった全てのお客様。
本当にありがとうございます。
いつかまた、新しいぽわわわわんな世界が生まれることを願って。

最後まで読んでくださってありがとうございました(*´∀`*)
{BA87B296-47A2-4F44-92A0-0E8A44838A3A}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
燃え尽き症候群から少し復活……したような、してないような。
それだけ気持ちを注いで、心を寄せた、幸せな時間だったと思います。

稽古中は一生懸命で写真はあまり撮れなくて。
本番中も各回が終わった後の集合写真くらいしか撮れなくて。
使った写真ばかりだけど、許してね。

{5A95E4FD-5832-47B3-ACFF-575D1C9F0417}

21・22日の♡組。
左から、楠見藍子ちゃん、金城大和くん、井ノ上奈々、坂巻学さん。

藍子ちゃんとは舞台「テン・カウント・ゴング」からのお付き合い。
同い年なんだけど、私に素直に甘えてくれて、私のことがすごく好きで、私のことをよく褒めてくれる……うちの妹みたいな、そんな藍子ちゃん。
しっかりした挨拶ができなくて、みんなからツッコまれて、困った顔で私たちを見つめてくるわりに、稽古中はものすごく真剣な顔で演出をして、指示を出して、イメージを伝えてくれる、そんな藍子ちゃん。
稽古場では出演者で演出家、お家では制作をしつつ、ママ仕事をこなし、本番中も「メイクする時間がない!」と言いながらギリギリまで色んな調整をしてくれた、そんな藍子ちゃん。
そんなあなただから、私たちは感謝の気持ちと親愛の情をもって、支えたくなるんです。
そんなあなただから、困った顔でこっちを見たら、手助けしたくなっちゃうんです。
「ぽわわわわん」は藍子ちゃんそのもの。
藍子ちゃんの心と、あったかさを、皆さんにお届けするお手伝い。
振り返ってみると、そういう部分もあったんじゃないかなぁと思ったりします。
藍子ちゃん、お疲れ様。
さんこめも、何か、少しでいいから、手伝わせてね。

金城くんは今回が初めまして。
最初に会った時、「お、周りにいないタイプだな、どうやって仲良くなろうかな」と少しだけ緊張したのを覚えています。
ですが、実は金城くんもその時まあまあ緊張していたというオチで。
稽古を重ねるうちに少しずつ喋る時間が増え、金城くんと坂巻さんのやり取りから、意外とお茶目で面白そうな人だなということがわかり、金城くんとおしゃべりするのがとっても楽しくなりました。
カメラを向けると、いつも何かしてくれる人なので、たくさん撮った気がします。
打ち上げ後の最後の最後の写真はこちら。
{51109172-8856-4E50-B90D-D6023E2C1BB6}
誰かが買ってくれるのを待っているそうです笑
本当に楽しい人です。
そうそう、楽しいばかりではない一面もありました。
朗読の中に何度か出てきた「小金井先生」。
この名前のイントネーションが、沖縄出身の彼には馴染みがなかったみたいで、とても苦労をしていました。
最終的にはちゃんと言えていた……と、思います(覚えてない)。

そして、もう1人の主催である坂巻さん。
坂巻さんとは、随分前に劇場版ブリーチで共演したのが初めましてでした。
その後も、マウスプロモーションの役者さんとは様々な場面で会うことが多く……とはいえ、あまり会話をした記憶はありません。
ただ、オシャレな人だな〜と漠然と思っていた気がします。
そういえば、坂巻さんには、私たちの結婚式の二次会で受付をしてもらったんです。
{58A7F1CB-7D65-44E5-8BF8-F0163C641871}

あら?
よく見たら、今回ぽわわわわんに出た皆さんしかいませんね!
実は、ここにはいませんが藍子ちゃんも会場整理などを手伝ってくれていたのです。
つまり、公私ともにお世話になっている坂巻さん。
穏やかで、優しくて、ちょっと変態ちっくな、ぽわわわわんの潤滑油。
帰り道が一緒になった時、朗読への、ぽわわわわんへの想いを聞くことができたのは、とてもいい時間だったと思います。
藍子ちゃんがふわっとしている分、多くは語らずドシっと構えている姿は、とてもバランスのいいコンビに見えました。


{AF1A7AED-59C2-417D-853B-C56E136D0C94}
こちらは☆組。
疋田涼子さんと、内匠靖明さんです。

♡と☆、両方観劇された方はどれくらいいるのでしょうか?
役作り、相手へのアプローチの仕方、まるで違う2組。
あえて変えたわけではありません。
自然とああなったのです。
だからこそ、私は☆組から受ける刺激はたくさんありました。

涼子さんは今回初めまして。
歳も近いし、同じ系列事務所ということで、稽古初日から話が盛り上がっていた気がします。
最初の頃はしっかり者のお姉さんだと思っていたし、声も演技も落ち着いてるし、「よーし頼っちゃうぞ!」なんて思ってたんですが、蓋を開けてみると……ドジっ子?
金城くん曰く、ぽんこつ。
でも、そこがまた可愛いんですよね。
本番で絡むことはなかったけれど、稽古中、涼子さんからもらったものはたくさんあります。
この言葉を立てるとセリフが聞きやすいんだな、とか。
このタイミングで入ると相手にバトンを渡しやすいんだな、とか。
同じ役をやっているからこその特権。
とても勉強になる時間でした。
そして、終わってから知ったのだけど、納豆好きでつけ麺好きでカレー好き!
稽古から本番まで「私甘いものがすごく好きで、たくさん食べちゃう!」って言ってたから、一緒にご飯に行けないなぁなんて思ってたら、全然そんなことなかった笑
いっぱいご飯行こうね、涼子さん!

役者陣最後は、内匠さん。
「無邪気の楽園」で年に一度ご一緒していたので、今回(組は違えど)共演がとても嬉しい人でした。
なかなか同じ日に稽古が被ることがなかったけれど、少ない機会の中で見た真剣な表情、大胆な挑戦は脱帽ものです。
いっこめの時に出ているということもあって、ムードメーカー的な存在でもありました。
愛されキャラというか。
さすが、ぽわわわわんの常連さんですね!
きっと、この先のぽわわわわんにも出演されるでしょうから、次の機会が楽しみです。
その時はご一緒できますように。
そうそう、内匠さんといえば、本番があった23日がお誕生日当日だったんですよ!
みんなでお祝いしよう!ということで、内匠さんにだけ遅い入り時間を伝えて、みんなでスタンバイ。
入ってきた彼に、生演奏と生歌の「ハッピーバースデー」をプレゼント。
照れ笑いを浮かべる内匠さんの表情が見られて、私たちは大満足でした!
でも個人的に、その歌の後に坂巻さんが即興で歌った「でも ケーキは な〜い〜♪」の歌がツボでした笑(ハッピーバースデーのメロディーです)
本当は打ち上げで用意してたんですけどね!
1日に2度もお祝いできて楽しい1日でした!


役者の話はここまで。
結構長くなっちゃったから、音楽陣と総括は次のブログに回します。
ではまた〜☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は「ぽわわわわん にこめ」の最終日。
お越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。
皆さんの笑顔と拍手が、何よりのご褒美です。
アンケートやツイッターにも、たくさん感想をありがとうございます。
嬉しくて嬉しくて。
全員そうですが、やっぱり藍子ちゃんが一番喜んでいた気がします。
よかった。
主催、制作、演出、出演と…たくさん頑張っていた藍子ちゃんが、最後に笑顔でいてくれたのが、私は一番嬉しいです。
そして、それを支えていた坂巻さんも感慨深げで。
養成所からの付き合いで、事務所も同期で、お互いのことをわかっている2人だからこそ、大きな問題なくここまで素敵な世界を作れたんだろうなと思います。
またいつか「さんこめ」があることを祈って。
2人とも、本当にお疲れ様でした!


ここからは、ちょっとくだけた感想でもいいですか?


あーーー楽しかった!!!
「いっこめ」を見た時にね、すごくあたたかい素敵な世界だなと思ったの。
前の時は、地下にある洞窟っぽい会場で。
その中で、生演奏をバックに朗読をする出演者がカッコよくて、羨ましくて。
いいなぁって思ってた。
スピーカーから流れる音楽と、目の前で演奏される音楽って、同じ曲でもたぶん印象が違う。
心にダイレクトに響く。
それをお客さんとして感じて、友達として誇らしくて、役者としてちょっとウズウズして。
でも、いっこめからずいぶん時間が経っていたし、もう無いのかな?と思っていたら、藍子ちゃんから誘ってもらえて。
すごくすごく嬉しかった!!!

そして、今回はピアノが加わることで、よりドラマチックで繊細な音楽づくりを真近で見ることができました。
あーー音楽素敵だったな〜!!
音源化してほしいよねーー(>_<)
作ってほしいよーー。


ってところまで書いて、打ち上げになって、今帰ってる最中なので……
続きはまた明日書くね( ´ ▽ ` )ノ
ばいばーい!
{8CB9BC27-1E0B-4BA2-9B56-8A3E37807361}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み