Radiance energy  works

輝く今を生きる✨✨✨


テーマ:
みなさん~お久しぶりです^^

前回のblogが10月1日(・∀・)

そんなblogに毎日アクセスがあり驚きと感謝で、ありがとうございます!

どんな形でも興味を持って頂けることは、有難く思っています

4か月も放置すると書きたい事がいっぱいでw

何から書こうかと思うのですが、今日は、今日の事を書こうと思います

今朝起きたのは、12時過ぎ・・・

一応の言い訳としましては、お布団の中で、旦那さんと喋って面白くて愉しくて寝るのが遅くなりまして・・

起きたのも、旦那さんが先に起きて出かける用意の音で

昨日の晩に、今日は農園に出かけるからと聞いていたので

起きた直ぐに「おうどんでも作ろうか?」って尋ねました

そうしたら「外で食べるからいいよ~(^∇^)」って

ありがとう(≧▽≦)と即答しました!

また寝よかな~と思ったけど、起きて珈琲を入れて

暫く本を読んでいました

そうしたら~洗濯がしたくなり洗濯をしました

また、本を読んでいました

次は、帰ってくる旦那さんにご飯が作りたくなりました

出かけるのは、面倒臭いと思ったのでwお家にあるのもで喜ぶもの作れないかな?

炊き込みご飯と豚汁なら作れる!

帰って来て喜んで食べてくれると思うと作ることが愉しくて

最近、2人の間でお蔭様やなという言葉がとっても増えました

「ちーちゃんのおかげやわぁ~」

そんな事を言ってくれます

もちろん!その時は、とっても嬉しくてハッピーで

ありがとうって受け取ります

でも、自然に私も「ゆきちゃんのおかげよ~」と言葉が出てきます

そんな事が感じられるようになって嬉しいねと昨晩は、そんな話で眠れなかったのでした!

おたがいさまのおかげさま
 
思えない日もありますがw
 
2人の間のおかげさまも周りの大きなおかげさまに支えれている
 
そんな事が身近な2人の間で一緒に感じられるようになって来た事が嬉しいです^^

この4か月も今日のように、したい事をして毎日過ごしていました

その中で、気付いたことボチボチとblogにしようと思ってますので

みなさま!これからも宜しくお願い致します(*^▽^*)

ありがとうございます(*^▽^*)
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん~こんにちは^^

最近、肌寒くなりましたね!やっと秋が来た感じですね~^^

本日は、秋晴れとっても気持ちがいいですね^^

今日は、そんなお天気にも関係する高気圧と低気圧と体の関係のお話です

本日のようなスキットしたお天気の日には、体調が良いと感じる方が多いのではないでしょうか?

逆に雨降りや台風の日には、体調を崩したり古傷が痛んだりというお話をよく聞きます

私も10年くらい前の体調が悪い時期、台風が来ると体調もメンタルも崩していましたし、雨の日は、気分が優れませんでした

気圧が何故こんなに体調に影響するのでしょうか?

それは、1つに空気の流れが関係しているのではないでしょうか?

 高気圧の下の地表付近は周囲より気圧が高いため、周囲との気圧の差により風が吹き出しています(図1)。それを補充するために空気が上空から降りてきます。これを下降気流といいます。高気圧の中では一般に雲が発生しにくくなっています。一方、低気圧では逆に周囲との気圧差により中心に向かって空気が集まり上昇気流が発生します(図2)。「雲のできる仕組み」で説明しているように上昇気流があると、雲ができ、雨が降りやすくなります。低気圧が発達するほど、中心に流れ込む風は強くなるために、上昇気流も強くなって大規模な雨雲ができます。

 
天気の部屋よりお借りしました



これは、どういうことかと言いますと

高気圧では、下降気流によって空気が下に向かって(私達に向かって)流れ込んでいる状態

低気圧では、上昇気流によって空気が上に向かって(私達から離れて)放出している状態

言い換えれば

高気圧は、空気(エネルギー)が入ってくる

低気圧は、空気(エネルギー)が抜けていく

地表で起こってる事(エネルギーの流れ)が、そのまま私たちの体で起こっているのではないでしょうか?

そして圧力

高気圧の時は、私たちの体は、押されている状態

普段よりも内圧が上がっている

体の中に圧力がかかると云う事は、血液、リンパの流れが良くなる

ホースの先をつぶすと圧力がかかって勢いよくなる、あの感じです^^

低気圧は、圧力が低下して血流やリンパの流れが低下する

空気の流れと圧力が体調を左右する一因ではと思います

発酵する体の方向とは、内圧を上げるともいいます

晴れた高気圧の時に体調がよく気分がいい事から内圧が上がるとはどういう事かとかとご理解頂けるんではないかと思います

息をする事、暖める事、身体の細菌をバランスよく活性させ内圧を上げる


発酵する体って?何だか分かりずらいセミナーですが、地道にお伝えしていこうと思っています^^

こんなお話とワークのセミナー!お待ちしています^^

図1

図1 高気圧のモデル(北半球) 

図2
図2 低気圧のモデル(北半球)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん~こんにちは^^

菌のワークショップのお話の内容を少し・・・

この夏に、菌、ミクロとマクロ(⇐2度目・・前回は咀嚼不足って事ですw)、微生物、渡すものなど色々とキーワードが降りていました

元々もお漬物が好きなので糠漬けを検証を兼ねてやって見ました

夏ですから発酵も早くわかり易かったです^^

発酵が進んで行くとあれ?腐敗しかかっている?という時間が出来ます。

でも、空気を入れて混ぜると発酵の匂いに変わります?

??殺菌してる訳でもないのに??

方向性が変わってる!ここで、圧力に気付きました

混ぜること圧力、そして空気を集めている

その行為が変化を起こしている事

細菌も私はですが、例えばボツリヌス菌という1個の細菌で成り立っているのではなくて、色々な細菌微生物の集合体だと見ています。

そして、編成する集合体であると

糠漬けの発酵と腐敗の方向の変化は、ここではないかと思いました

菌の編成が変化した

リアリティという会社のマナウォーターという製品があります

その原点になっているのもが、豚の排泄物

畜舎で排泄物を集めて放置していたところ、たまたま傷があった方が、放置していた所で出ていた水のようなものが傷に付いて治ってしまった

そんな事例が次々と起きてそこから研究を始めて発酵水を開発しました

腐敗も臨界点に達すると発酵という方向に変わったという風に見えてきます

放置しても臨界点に達したら方向性が変わりますが、時間とプロセスがもったない

私も失敗だらけで問題点もたくさんあってwだからこそ活き活き生きるととは何か?これが原点です

今まで臓器のワークを沢山の方にさせて頂きました

そこで臓器の働きや関係性も学んで行きました

この原理を使える臓器は、何か?

腸ではないか!?

肉体には、無数の微生物、細菌が存在します

もちろん腸だけではありません

腸を司令塔にする

腸内細菌の編成をエネルギーを使って司令塔を作る

発酵する腸内環境をつくる編成に方向つけていく

それと同時に意識の変換、それが何であるかと認識して行く事

そうするとどうなるのといいますと

エネルギーを引き込む方向性の体となります

この話は、いろんな方向からのお話で気付いて頂くしかありません

複合する視点で気付いて頂けるのではないかとワークショップを開きます

少しずつこちらでも書いていきます^^


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)