今年もぼちぼちいきます。

昨年は、渡辺厩舎が開業し、私も久々に馬券購入を再開しました。

自分でも意外だったのですが、渡辺騎手が引退してからは馬券を全然買っていなくて、

実に2年ぶりにPATを開いて見たら、以前と同じように買うことができました。

今年は競馬を見る環境がさらに整いそうなので、とても楽しみです。

 

個人的には、昨年は10月の鳥取県中部地震(全国的には忘れられてしまっていると思いますが)の真っ只中にいて、多忙をきわめました。

人的被害はなかったものの、家屋被害が大きく、地震の恐ろしさを身を持って知りました。

避難といった初期対応はほぼ終わりましたが、家屋の修理はまだまだこれからで、

現在も対応に追われています。

2ヶ月経って他にも大きな災害が相次いで起こり、報道されることもなくなりましたが、現実にはずっと地震対応が続いています。

そんな中、新年を迎えました。

今年も忙しくなりますが、自分のできることを頑張りたいと思います。

皆様にとって良い1年でありますように気合いピスケ

 

AD

新人の季節

テーマ:

3月は競馬界では新人の季節。

今年も新人騎手の皆さんが初々しい表情で、緊張しながらも頑張っています。

今年は特に西原騎手以来の女性騎手の藤田騎手が注目されています。スポーツ紙だけではなく、一般紙までも写真入りで、取り上げています。

十数年前、西原騎手がデビューしたときも、同じように周囲の盛り上がりがすごかったのを記憶しています。

藤田騎手は今週、2着があったものの、未勝利。いつか近いうちに初勝利をあげてくれると思います。

ただ、心配はマスコミの過熱ぶり。

今週の成績は新人騎手としてまずまずのもの。決して突出しているわけではありません。

しかし、トップジョッキー並みの露出ぶりで、その対応に追われるのも大変だろうと思います。

どうか周囲に振り回されず、自分をしっかりと持って成長していって欲しいと思います。また、マスコミをはじめとする周囲もその成長の芽を摘むことのないよう、見守ることも大切だと思います。


また、新人調教師も今週からデビュー。渡辺師は小倉8Rで波乱を演じてくれました。万馬券男復活です(笑)


AD

桜花賞

テーマ:

今日の桜花賞は

梅田厩舎のレッツゴードンキが優勝しました。

レースを終えてドンキが引き上げてくると、

そこに嬉しそうな女性の姿が、、、

「めずらしいなぁ、女性の助手さんかぁ」

と思ってテレビを見ていると、その顔に見覚えがありました。

かつて期待の女性騎手として活躍した西原玲奈さんでした!!

5年前に騎手を引退されて、確か調教助手になったと思っていましたが、ここで顔を拝見するとは!

騎手時代、デビュー当時は注目されて活躍されていましたが、

その後、なかなか勝てず、大きな怪我もされて、その後引退という

辛い時代もあったと思います。

でも、けっして諦めていなかったんですね。

ずっと馬に係わり続けていてくれたんですね。

そして調教助手としてのGⅠ制覇!!!

おめでとう!!

とても嬉しいです。

桜花賞にふさわしい調教助手です。

西原助手がGⅠをとれて、本当にうれしいです。

こんどは、オークスでしょうか?

さらに高みに向かって頑張っていってほしいです。


AD