木村悦子のブログ2013-2016

ペット好きへ千葉松戸より発信。2025年までに日本から犬猫殺処分をゼロにしよう!o(^▽^)o


テーマ:



demosthenes.info – Understanding The Web’s Land and Ocean

山か、海かと言われれば…海。(^-^)

父方の実家は、おじいちゃんが漁師。父が長兄で、次男は海鮮お料理上手、三男の叔父は船長。
木村家(父方)の人間は全員、海が好き。

ちなみに、悦子は母がつけてくれました。「よろこぶ」という意味の名前に、今はとても感謝しています。

写真は、また行きたいタイの海。


こんにちは。木村悦子です。(^-^)

台風が~~~

来てて松戸も涼しいです!!

今日はすいません。私の内面的な心象風景の話です。

さっき、改めて感じました。

私が仕事を辞めて一番よかったこと。
それは、時間です。(そこに体力や気力も含まれる)

時間が出来て、何がいいのか。

一見ムダな、何の役にも立たなそうな事に、時間が使える。
具体的には、今すぐ活動に結びつかないような記事を読んだり…。

greenz.jp グリーンズ | ほしい未来は、つくろう。

そしてそれが、全然、役に立たない訳でもないっていうか…

少なくとも、心は喜んでいること。

色んな、(知らないうちに)見ないようにしていた自分の本当の姿に、気づかされたりすること。

そこに、はっとしました。

まだ、知らなかった自分がいた、て感じで。


話は脱線するようですが。

私は31才まで、ひきこもりとフリーターしか社会経験がありませんでした。

病歴は、心の病のオンパレード。

摂食障害(過食)、自傷行為(私の左腕には今も沢山カッター傷があります。消えないんだよね(゚ーÅ))、アルコール依存症、ヘビースモーカー(30才までセブンスター1日1箱刷っていた)

生活歴は、就活失敗、水商売、ブラック企業勤務、不毛な男女交際とそこから派生した超トラブル(訴えられるとかストーキングされるとか無言電話とか)etc.



そのように、私の20代は解りやすく、不幸でした。

でもその中で最大の不幸は、心に憎しみがあったことだと断言できます。

父親の暴力や家族内ストレスのはけ口になってきた経験から深く両親を恨んでいたことです。

今思い返しても、これが本当に地獄でした。

他の事は全部、そこにくっついてくるオマケのようなことで。

自分をこの世に生みだした元である親にすでに憎しみがあるから、他人との関係も憎しみになってしまうんだということ。


そんなことは何年も経って心理学をより深く勉強してからじゃないと解りませんでしたが、原理としては単純にそうでした。

自分で経験したから解りますが、親を憎んだり、恨んだり、しているうちは他の人間関係すべてにその影は影響しています。消えませんというか消せません。(笑)

自分では気づいていないほど深いところで、憎んだり恨んでいることも多いです。

憎しみを取るには内観してください。

内観の事はここへ書きましたので、苦しい方は参考にしてください。

内観でAC(アダルトチルドレン)・人格障害克服


そんな20代を経て、仕事に夢もない、結婚にも逃げられない(すべての試みに大失敗を続けたため)

そこまで絶望したところでフッと、「ただ生きるために働く」という境地に立てたのが31才でした。

数々の就活失敗や異性とのトラブルを経て

こんな仕事がしたい」
「仕事とかすべてが嫌だから、結婚するしかない」←相手への愛情ゼロ

という「自己中な欲望」を抱く余裕すら無くなった時。

そこが救いでした。今思うと。


その後、もちろん働くのなんか大嫌いでしたが(何せ人間が嫌い)今よりましだけの理由で、大手金融機関の事務を始めました。

生まれて初めてのオフィスワーク。すでに31才。

まるで
野山の動物が勝手も解らず「会社」に紛れ込んでしまったような感じ。

それから2か月前まで約9年間、大手金融機関を渡り歩きました。

母は定年までアジア人エグゼクティブの秘書をしていたため(そういう機関で働いてた)、組織というものを良く解っていました。

とんでもない失敗や状況が見えてない間違いをしでかし、会社の人に奇異な目で見られるたび母に相談し、それはこういうことだ、と自分のいる位置を教えてもらっていました。

最初の3年くらいは本当に、そのズレもひどかったです。


ただ、「会社」で働き始め「エクセル」や「ワード」の勉強は、自分がやってきた「絵を描く」ことよりずっと少ない努力で確実に報いられる事に気づきました。

絵というものはそれが上手くなるためにいくら頑張ったとしても、それが確実にカネになるようなものではないのです。

だけど、Officeの勉強はそれよりずっと簡単なのにリターンがちゃんと還ってくる。褒められたりして。これなら大丈夫かも。

そして30代から
まずは事務員としてふつうに役立つ資格をどんどん取り、会社が終わったら派遣先が提携しているスクールに通い、セミナーも受講。そして更にビジネス書や自己啓発書を買い漁るような人生に突入していきます。


それは私が人生にも仕事にも何の夢も持っていなかったからです。

正社員になりたい、それだけを考えていました。(余談ですが、私ほど安定を欲しながら安定しなかった人間も珍しいと思う)

人生に深く絶望していました。

自分には何の可能性もないと思うから、夢が「正社員」しかなかったんだ。

今なら本当にそう思うんですけどね。

その傾向は34才頃が一番ひどかったです。

自分の経歴が、社会でとことん評価されない事は身に沁みていました。

経済、数学、英語、法務。

金融機関では、一般にこんなスキルが強い人は有利です。

一方自分は美大卒なのです。しかも、30過ぎまでまともな職歴がない。

評価されるどころか、転職紹介に登録すらさせてもらえませんでした。(笑)

門前払い。


そうこうしているうち、3度目の派遣切り。

結局、色々全力でもがいてまたうまく行かずガックリ「あきらめ」、何でもいいから一生懸命やります、という気持ちになったらすぐ仕事の話があり。(この辺から、「おまかせする」事の大切さを真剣に捉えるようになった。人生は己の手前勝手でチッポケな計らいを離れたところで、動いていることがリアルに解ってきた)

そこから不思議な出会いが続き、大学院へ入学し色々あって現在に至るのですが。(すみません、30代は本当に色々が多くて)

それで、前置き長すぎで申し訳ないんですが、自分で自分を一番否定していたのはその頃だったな、と改めて思い出したんですね。今日。

NPOやソーシャルデザインなど、今少しずつ確実に広がってきている人やプロジェクトの紹介記事を読んでいた時でした。


私はNPOなど、全く興味のない人間でした。(笑)

正直に言うと、今もそうかもしれません。

自分に意外としっくりくる動きだと気づいてからは興味を抱いていますが、それまでそういう「美しく」しかし「儲かりそうもない」そんなムーブメントの力に、あまり関心はありませんでした。

すごい、偉い。応援する。

でも自分でやるのは興味ない。という感じで…。

若い頃から、そういう活動に憧れた事が全くなかったです。

そんな事より、お金に不自由せず(母が無職の父親へのストレスから癌で死にかけた)、やさしい男性(父親の大声や暴力に嫌気がさしていた)と結婚して、専業主婦になれれば本当にそれでいいという思いでした。


でも…。

自然のたくさんある、アジアが好き。
アジアに背骨のように通っている仏教が好き。
海が好き。
美しい絵や写真が好き。
動物が好き…。

そういう風に、言葉ではなく感情で選ぶものは、金にならないものばかり。(笑)


私が本当に好きなものは、ビジネス(営利事業)にはなりにくい、むしろその真反対のモノばかり。

美しい自然、芸術、仏教。

儲かるどころか、保持や維持にお金がかかるようなものばかり。

でも、価値が無いかと言われれば、そうではないですよね。

(犬猫の命だってそうですよね。そう思わない人が沢山いるのも知っているけれど…)

本当に本当に好きなものはこういうもので、結局そういう自分からは逃れられない。

だから、それでいいんだ。

本当は、それでよかったのに。

非営利事業をやっている人達の記事を読みながら、

私はずっとこういう自分を否定していたんだな、ということに気づかされました。


自分が一番無条件に好きである世界を、本気で自分の人生の中心に据えようとは(据えられるとも)私は思っていなかったんだな、と。


でも、それが自分なんだ。
なら、それでよかったんだな、って。
それが本当に腑に落ちるのに、すごい時間かかったなと。
でも、解ってよかったですね。(笑)


自分が、事業としてはド非営利方向の人間だということが改めて理解できました。
そして、ならそれを真ん中に据えて、自分が幸せに生きられるように人生を創っていこうと。
すいません。今日はセラピーの報告になってしまいました。

ありのままの自分とは、自分自身が一番よく解っていないものです。
どういう状態になるにせよ、とにかく自分の本音を否定せず、本音に気づきながら生きていこうと思っています。
私にとってはまじめにそれだけでもすごい進歩。

自分で自分を否定する事をやめるだけで、心が晴れていく。
まさかと思うが、自分にそんなことすら許していない事がある。ということがよくわかりました。
自分を否定する最大勢力は自分だとおもいます。


◆お知らせ◆

★8/23(土)第6回上映会 申込不要!小中学生無料!
会場…松戸市勤労会館BC会議室 (一般 500円)
上映時間…①11:00- ②14:00- ③18:00- (1日3回上映)
8月23日 第6回 自主上映会 in 松戸 「犬と猫と人間と」(千葉県)


◆勤労会館アクセス◆

■JR松戸駅からの道順 こちらです↓
松戸市勤労会館 JR松戸駅からのアクセス
■道が解らなくなったら…

松戸市勤労会館 047-365-9666


◆里親募集中◆

■里親さん募集中!!↓


■もじゃもじゃ美猫・マイクロチップ済(^▽^)
★ネコ8才メス★チンチラ ダイアナ


■グリーンアイ・活発な甘えん坊(o^-')b
★ネコ2才メス★日本猫 茶々


読者募集中です(^-^)!

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。