木村悦子のブログ2013-

ペット好きへ千葉松戸より発信。2025年までに日本から犬猫殺処分をゼロにしよう!o(^▽^)o

思わず二度見したお像。現時点(16/8月)で17か所の観音巡礼札所を巡ってきましたが、これほど薄気味悪い仏像は初めて…(ほめてます)

 

こんにちは。木村悦子です。(^-^)

 

ここのところ、巡礼一色ですみません。あせる

なにせ33カ所あり、これで18カ所目。巡りだすと結構あります(終らない)。

 

日本橋界隈の最後は「新高野山 大安楽寺」。場所は人形町から徒歩10分程、東京メトロ小伝馬町駅前です。

 

wikiによればここは元々伝馬町牢屋敷という刑場ではなく未決囚や死刑囚を処断する拘置所に近い存在だったらしい。

 

要するに…あまり想像したくない、血生臭い歴史がある場所です。

 

▼描写、凄惨注意(死刑廃止していない今の日本もだが、昔の刑罰は更に野蛮)

伝馬町牢屋敷 - Wikipedia

 

大安楽寺 建立エピソード

 

伝馬町牢跡は火事が出たり、人も怖れ寄り付かず空き地のままだった。当時通りかかった僧侶の山科俊海が「人魂(ひとだま)」を見て、成仏しない刑死者達を供養するため、豪商大倉喜八郎と安田善次郎の支援を得て建立された。

 

好んでそんな場所行かない方ですが、観音巡礼札所になっているためやむを得ず(-_-;)が、結果は行ってみて良かったです。

 

「ここは寺になるしかなかったよね」と思う納得感ある場所でした。今回はそのレポートです。

 

IMG_2126_R.JPG

大観音寺から歩いて小伝馬町へ向かう道すがらのぬいぐるみショップ。

 

変哲もない猫や犬のぬいぐるみ。かえって素直な猫らしさや犬らしさがあり、好きなのでつい魅入ってしまった。

 

IMG_2127_R.JPG

うわっ(かわいいな~)

 

IMG_2128_R.JPG

うわっ…(ノ≧∇≦)ノ

 

IMG_2129_R.JPG

かわいいね…( ´艸`)

 

IMG_2131_R.JPG

とか思っているうちすぐ着きました。

 

大通りから見た大安楽寺の第一印象はこんな感じです。

 

IMG_2132_R.JPG

高野山真言宗。

 

本山は、高野山のてっぺんにあるあのお寺か(行ったことあり)ということも解りました。

 

DSC_1121.jpg (1930×1295)

▲高野山の総本山金剛峯寺(奥の院)。奥の院までの道は森林浴そのもの。すごく気持ちいい場所。また行きたいです。

 

 

IMG_2133_R.JPG

ここから足を踏み入れました。

 

IMG_2179_R.JPG

入ってすぐ小さなショーケースのような空間に、異様な仏様が…。(後で詳しく描きます)

 

IMG_2141_R.JPG

ショーケースの真下、小さな池に金魚達。

 

IMG_2142_R.JPG

IMG_2144_R.JPG

すぐ真横にお地蔵様。

 

IMG_2148_R.JPG

牢屋、処刑場であったこと、その供養のため建てられたお寺である事が簡潔に記される。

 

地蔵菩薩は六道(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道。人間が死んでその何処かに行くと信じられている輪廻の世界)に現れ、衆生を救うことになっており、死後の世界と関わりが深い。そこがいかにもでちょっと怖かったガーンです。

 

地獄に佛、自分が地獄に落ちた状態なら、お地蔵様に会ったらすがりつきたいほどありがたいだろう。というか、落ちたくないっ!!(><;)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E8%94%B5%E8%8F%A9%E8%96%A9#/media/File:Jizo_(Ksitigarbha)_(Nara_National_Museum).jpg

 

IMG_2152_R.JPG

とにかくお参りをしよう。

 

IMG_2153_R.JPG

唐破風造りというらしい。噂通り、和洋折衷の独特で美しい建物。

 

IMG_2156_R.JPG

高野山真言宗らしい提灯。

 

玄関に提灯、そういう様式なのか。(以前訪れた「放生寺」もこうでした)

 

IMG_1663_R.JPG

▲(参考)放生寺 そっくり

 

IMG_2155_R.JPG

ご詠歌と札所番号が掲示されていた。

 

IMG_2159_R.JPG

どこのお寺にもあるものだが、あまり注目していなかったことに気づく。

 

「はなのうてな」=蓮の(極楽往生した者が座るという)台、風雅です。観音様、極楽へ導いて下さいと詠っている。ここの来歴(元刑場)を考えれば、成仏してほしいという切実な思いも感じますが。。オバケねこへび

 

IMG_2160_R.JPG

IMG_2166_R.JPG

丁寧なことに、お賽銭箱の上におりんがあった。

 

写真で分かりづらいかと思いますが、普通の家には中々無い大きさでした。一般におりんは大きいほどいい音です。鳴らすと案の定、低くいい音がしました。

 

▲こんな音。小さいおりんでは出せない(ちーんではなくごーん)※確認は最初10秒でOK

 

そのようにお参りを盛り上げる工夫がされ、親切なお寺だ、と思いました。(お賽銭箱におりんが設置してあるのは初めて)

 

IMG_2161_R.JPG

ご本堂の中。奥行あり立派な建物。

 

IMG_2162_R.JPG

高野山真言宗の寺院らしく、弘法大師が真ん中にお祀りしてありました。

 

この宗派はお釈迦様より、弘法大師が前面に出てきます。

 

IMG_2164_R.JPG

うす暗く神秘的なしつらいも共通。

 

IMG_2167_R.JPG

IMG_2168_R.JPG

来た道を戻り、気になっていた「異様な仏像」をちゃんと見てみる事にしました。

 

IMG_2170_R.JPG

この円柱を横にしたショーケースのような?小さな建物の中にその仏様はおわしました。

 

中を改めてよく覗き込んでみると…

 

叫び

 

大安楽寺2に続く!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

木村 悦子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。