木村悦子のブログ2013-2016

ペット好きへ千葉松戸より発信。2025年までに日本から犬猫殺処分をゼロにしよう!o(^▽^)o


テーマ:

IMG_0647_R.JPG


前回までの続きです。

前回↓
(1)【報告】はじめましょう!地域猫活動@2016/3/24(木)小金北市民センター(千葉松戸)

(2)【報告】はじめましょう!地域猫活動 八柱動物病院 中島昭満先生(獣医師)のお話

(3)【報告】はじめましょう!地域猫活動 質疑応答(松戸市環境課×中村昭満先生×会場)



猫好きも猫嫌いも不満


質疑応答になると必ず生々しい「身近な猫の不満」が出てくるのが地域ねこの話題。いつも思うのは、猫好きも猫嫌いも不満で一杯なんですね。
お互いにお互いを悪く思い合っている。(→o←)ゞ

以前「犬猫殺処分がテーマの上映会」を行っていたため、色々な方の意見を伺う機会がありましたが、猫好きと猫嫌いのイザコザ・トラブルは本当…巷に満ち満ちています。(><;)

あらためて好き派、嫌い派、いずれにも共通するのは、
「自分の方の事しか見えていない人ほど、その問題が大きく深刻」だなぁと…。



猫嫌い「泣き声や糞尿が迷惑、殺せ」
猫好き「野良猫にも生きる権利がある」


さすがにセミナーでそこまで赤裸々なやり取りはないですが、現場で話がこうなってからではもう、かなり歩み寄りは難しいですよね…。ですが、既に両者がこういう心理状況になっている現場もあるのではと想像します。

それなりに面倒な事ではありますが、猫を巡るほとんどの問題は、問題の当事者が自分と反対の立場の人の意見を閉ざさず、根気強く対話を重ねていければたぶん全部解決します。基本的に対話の姿勢が重要だとしたら猫好きの方でしょう。猫嫌い地域住民に対して、以下のように伝えないといけないので。

1)まず、迷惑や心配をかけて申し訳ないと伝える。

2)猫の不妊去勢と餌場・WCの運用説明

・不妊去勢手術をしている
・猫はもう増えない(一代限りの命をまっとう)
・トイレの始末をする(している)
・餌やりを時間を決めて片付ける(している)等

3)今後迷惑をかける可能性を配慮しお詫び
(いつでも言ってくださいという姿勢を見せる)等

本当に知るほど地域猫は、すごく社会的な活動です。地域住民理解を得るとかも必ず入ってくるオープンな活動なので。

結局、猫トラブルは人間同士のコミュニケーション問題というのが現在の私の理解です。

そのように問題の構造は難しくないが、感情(というか煩悩)を収める事が難しいのだろうと思います。

「自分の意見が一番正しい」という思いが誰にもありますから…

猫好きと犬好きで異なる傾向

FCI アジアパシフイックドッグショー2014に出展します。 | ワンフー ペットフード

もちろん、キャットショーもありますが

不思議なもので、犬好きは外向的で、犬自慢の人さえいます。連れ歩いて(まったく感心しないが旅行まで)写真撮ったり他の犬仲間と仲良くなったり。社交的な人が多い。

人の性格にいい悪いはありませんが、現実的にこういう場合、その犬の事で何かあった時に問題が深刻になりにくいです。情報共有がありますから。(犬の糞や鳴き声に鈍感ならその限りでありませんが)

いっぽう猫愛者は単独行動派が多く、ヒッソリひとりで朝早くや夜遅くに、猫に餌をやっていたりします。(かつて私もその一人でしたが(><;)餌やりオンリーは迷惑行為。本当にゴメンなさい)

寄ってくんですよねー 餌の匂いを察知してどこからかワラワラと

そのような餌やり行為はありふれた事と思いますが、餌やりだけで周辺とのコミュニケーションがなければ、それは猫問題をこじらせる典型的行動パターンです。

今回のセミナーで、かつて猫にこっそり餌やりをしていた方から、近隣住民の通報で、ある日突然市から(苦情の)電話が来たという報告もありました。ご本人にとってはすごいショックだったようですが、全く不思議でないエピソードです。

そういう行動をしていると、結局そういう展開になります。


面と向かって言えなくても、その行為を快く思っていない人って必ずいるんですよ。(逆もありだが)

世間ってそういうもんじゃないですか?っていうのが素直な実感でしたが…そうですね。確かに怖いですよね。知らないとこでね。見られてるわけです。家政婦みたいにね…|壁|Д゜)ジ~


これは「世間がそういうもんだと知らなかった」という衝撃が大きかったのかな、と思いましたが、そういうものです…。

餌をやられているご近所の人にしてみたら、大変な迷惑行為なワケで。ゴキブリやネズミも寄せる餌の食べ残し、泣き声、糞尿被害…

片付けていたとしても、そもそも猫が嫌いな人にとっては猫の存在自体が苦痛でしょうし。

地域猫については全国に先駆け「殺処分ゼロ」を達成した熊本市の「熊本市動物愛護推進協議会」会長の松田光太郎さんの本


殺処分ゼロの理由―熊本方式と呼ばれて

にあった言葉で私は名言だと思っているのですが、

不妊去勢もせずに、勝手に猫に餌をやる行為は


「真夜中のヘビメタ音楽」と同レベル

の迷惑行為だ
と。(><;)


夜中にこの演奏と一緒!


餌やりさんは、そこまでとは思っていなかった人がほとんどではないでしょうか。でも冷静に行為の帰結を考えると、その猫も幸せになれない事は解って頂けるのでは。(栄養が良くなり不幸な子猫誕生⇒里親見つからず最悪殺処分、もしくは猫嫌いからの通報・虐待等、腹いせ行為

不妊去勢し、きちんと餌場や糞の片づけをしていても、猫の嫌いな人から心無い言葉を浴びせられる可能性もゼロではありません。そんな相手にも忍耐強くコミュニケーションを取っていく覚悟や根性も求められます。ホント、地域ねこ活動けっこう大変…

でも、猫の好きな人も必ずいるものです。

心身の負担軽減の意味でも、情報ネットワークを作る意味でも、その猫をめぐる仲間をご近所に作るのが本当に一番理想だと感じています。


Amazon.co.jp: 殺処分ゼロの理由―熊本方式と呼ばれて: 松田 光太郎: 本

すごいいい本なんですけど絶版なんだろうか?買っておいてよかった。地味な本ですが図書館でもいいので地域猫や動物保護に興味のある方はおすすめします。全て現場の苦労から書かれており、地に足がついている本です。

解決策=誰かに相談

とにかく猫を一人で抱え込まない努力が必要かと…。(けっきょく一人では解決できない事が多すぎる。日々の餌やり、糞片づけ、周辺住民理解を得る周知活動、捕獲に不妊去勢手術…)

もしこれらを一人でこなそうとすると、時々いらっしゃる

「猫の保護に(時間、収入等)人生の資源すべてを費やしている人」

になっていく可能性(→o←)ゞ

全て納得した人の「生き方」まで否定はしませんが、現実問題、1人の人が数十匹も不妊去勢するより、多くの人が少しずつ関わることの方が、野良猫問題解決の早道でもあり、無理のない展開ではとおもいます。

法務省:人権相談

人権相談から借りたんですけど、基本的に悩みって一人だと解決しないんですよね。私は自分では今、本当に申し訳ないけど直接飼ってあげる方に回ることができないので、せめてできることをしています。

個人的に野良猫問題は認知症のお年寄りとか、児童虐待と同じと考えています。(一見そう見えなくても)実は個人で扱うには問題が大きいので、誰かと協力して解決する方向で考えてはいかがなものでしょうか。


近所に知人が居なければ、松戸市の方でも相談に乗ってくれます。(もちろん、それなりにではあろうと思いますが)第三者を入れてみる事から何かが変わる事はあるので、一案として。

現実には、市の制度もあるし(全額ではないですが)、お金のことが一番何とかなる問題だと思います。

それより、毎日餌をやるとか、糞の始末とか、猫嫌いの人のフォローとか、捕獲とか、手術とか、術前に間に合わず生まれちゃったら里親探しとか、そういう「手間や人手」の方がずっと切実な問題

それはたいてい、本当に、お金じゃなくて人の助けが要ることです。

野良猫を増やしたのは人間なので、殺すという乱暴な方法でなしに、自然に減るよう出産抑制の努力をする必要あり、それは結局私達「猫の好きな人」がやるしかない…。

ニャゴ~

今回改めて、関心を寄せて下さる人とはどんどんつながった方がいいと感じました。

殺処分を減らすとかそういう「一大事業」は、本当に個々の立場を超えた「動物を愛する人全員で」しか成し遂げられないと思っています。だから本当に今回、理解ある役人や理解ある獣医師の先生にお会い出来うれしかったです。

初回の幸運かもしれませんが、今後も続けなくてはと思いました。

お蔭様で盛況になったため、本当に何か自分の疑問を解決するために来たのに質問ができなかった方も多くいらしたと思います。それは本当にすみませんでした。<(_ _)>

改善点は多々あると感じておりますので、次に取り入れたいと考えております。

IMG_0387_R.JPG

沢山の方が来てくださった。本当に長時間ありがとうございました。

結局、動物を飼う事は人間の子どもを育てるのと同じで、私的な事のようで、実はかなり社会的な事ができないと難しい行為です。

収入も、責任も、周辺住民(ご近所)とのコミュニケーション能力も…ぜんぶ必要。
犬も猫も、それが約10年~20年間(寿命が尽きるまで)続きます。

あれ?そうですね。大事業ですね。(→o←)ゞ
だから、ペットショップで気軽に動物を飼えるのはほんと変じゃないですか?

自分の取組も、本当に色々まだまだですが、またお誘いしますので、その際はぜひまたよろしくお願いします。<(_ _)>

(セミナー報告おわり)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

木村 悦子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。