木村悦子のブログ

ペット好きへ千葉松戸より発信。2025年までに日本から犬猫殺処分をゼロにしよう!o(^▽^)o


テーマ:

著者 石川 善樹

出版社 マガジンハウス

出版日 2014/11/20

 

 

 

こんにちは。木村悦子です。(^-^)

 

タイトルの通りですが、興味深く読みました。

 

同テーマの148の研究を統合・分析した結果、喫煙、飲酒、運動不足、肥満より、人間の寿命にもっとも大きい影響力を持つ要因は人間関係だったそうです。

 

極端にいえば飲酒喫煙しまくりで運動もしないけど人とのつながりがあるデブより、喫煙しない、お酒も飲まない、適度な運動も欠かさないけど孤独な人の方が早死の可能性ってことですかね? (*´Д`) 

 

overweightcoupleicecream.jpg (481×321)

 

Alone teenager 840x630px #584750

 

この本にはいかに「人間関係」が心身の健康と寿命に大切なものか、様々な研究成果が紹介されています。一つ一つが「へ~」というエピソード集としてサラッと読めます。


個人的に面白かったものをあげます

 

ar_post-363.jpg (1140×826)

 

◆仕事(ノウハウ等)


・会社の同僚とは飲み会より、勤務中の雑談(個人としての人間関係が大切)
雑談が多い職場ほど、仕事のパフォーマンスも上昇(生産性・創造性の向上)
・目標設定のコツは「結果を楽観的に考え」「プロセスは悲観的(現実的)に」
・積極的休養で仕事の能率が高まる(友達に会う、家事をするなど)
・日本人の仕事への意欲はイタリア人より低い(16か国中最下位)

 

 

 

◆仕事(心構え)


・40才以降は専門的スキル云々ではなく、生きる姿勢が問われるようになる
(こなす仕事のスケールが大きくなり、様々なつながりがないと成し遂げられなくなる)
・ソーシャル・ポジション(社会的地位)が上の人ほど心が健康(裁量も大きいため)

 

doctor-shaking-hands-with-patient.jpg (900×600)

 

◆高齢化・健康


・女性は子どもが社会人になった52才頃が定年(そこから「定年後の人生」を築きだす)
日本人は「家庭」以外のつながりが諸外国に比べ少ない(海外に孤独死は少ない)
・同じ病気でもお見舞いに来る人が少ない人ほど、早く死ぬ
・うっかりTVをつけることは要介護状態への近道

 

Raring_Group_Photo.jpg (984×300)

 

◆つながり全般

 

・友達が増えると健康への意欲も高まり、親密度も高まる好循環がある
・様々な「つながり」は、そのままストレス解消手段の多さ
・多様なコミュニティに所属する事が自分を救う
つながりは質より量で良い

 

yoga_meditation_735_350.jpg (735×350)

 

◆ノウハウ


・「瞑想」でも対人関係能力が高まる(自己コントロール能力が向上するため)
・調身、調息、調心(姿勢、呼吸、心を整える)⇒坐禅も同じ
・自慢話よりも失敗談
・メンタルの幸せは認知を変える事が一番
・思っていなくても「彼も大変なんだ」口に出すだけでネガティブ思考は抑えられる

 

 

◆研究成果

 

・身体的、精神的、社会的に良好な状態が「健康」

⇒つながりのない「健康」はありえない
精神の健康を決める要素は①状況10%、②認知40%、③遺伝50%
(状況…学歴・収入等 認知…物事の捉え方 遺伝…生まれつき)

 

 

◆幸せの本質


・脳科学研究で幸福度最高記録を出したのは、貧しい人に寄り添う共感瞑想をした僧侶
・誰かのためにお金を使ってつながりをつくる方が幸せになれる

 

bigstock-Child-holding-a-crayon-thank-y-70600159.jpg (2800×2660)

 

率直な感想

 

仕事の面も興味深かったし(雑談がそれほど大事とは思わなかったけど、経験的にうなずけることばかり)お見舞いに来る人が少ないと早死とか切なすぎるけどリアル(゚ーÅ)

 

健康や幸せ(幸福感)の本質みたいな話になってくると、結局仏教で教えている通りの話になっていったのが不思議でした。

 

誰かの幸せを願う事=自分の幸せに直結

 

身体の健康も心の健康も、その結果ともいえる社会的健康(沢山のつながりの中に生きていること)も切り離せず、有機的に深く絡み合っていることがよくわかりました。
タバコをやめ、お酒を飲まなくても、孤独な人は健康じゃない…。

 

だからといって無理して興味もないコミュニティに参加する事もないですが、確かに色んなその人に合ったやり方で、社会との縁を作っていくほうが幸せになれるだろうなと思います。

 

つながりの作り方は自分の好きな方法でいい

 

海外事例を調べて面白いのは、犬猫以外もどんどんアニマルセラピーに参加している事。これは…羊?

 

Nursing-Home-Farm-Visit-Edgars-Mission-Permission-Granted.jpg (640×428)

 

で、つながりの作り方ですが何だってOKじゃないかと。

 

私が真っ先に思ったのは、つまらないコミュニティに参加するくらいなら、自分で作った方がいいですよね?

 

 

ニワトリ

 

Nursing-Home-Farm-Animal-Visit-Rooster-Edgars-Mission-Permission.jpg (640×427)

 

自分がもし老いて1人だったら、動物と一緒に住めないのは嫌だから、そういう環境を作っていくように努力すると思います。

 

友達のご家族のようにコーポラティブハウスを作るとか。(希望者を募りオーダーメイドのマンションを作る)動物と住めない老人ホームなんかやだよー。

 

 

ガルー( ´艸`)

 

986685.jpg (669×439)

 

もっとも私自身は、40~60歳の「働き盛り期」が終わったら出家もあり得ます。( 一一)
そんな簡単な事とは思わないし、どういう形でしているかは全く見当もつきませんが…

 

動物の好きな人こそ必要な人間との「つながり」

 

 

この人の場合、人間が好きかどうかは解らないが、社会生活は順調

 

これは本物だ…?猫を本気で愛している芸能人男性の名言3選! | 猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

 

この頃、動物の好きな人には、人間が好きじゃない人も多いなぁってよく感じます。
私も正直なところ、人間より動物の方が好きかもしれませんが(^^;
それと人間関係をおろそかにしていい事とは全く別の話で…

 

動物を飼いたい時、求められる実務としては子育てと一緒なので、世話をする人手も養う経済力も必要です。もちろん一世帯で分担されていても良いけど、動物を助けることも、社会生活が普通にできないと無理なのは事実。

 

社会生活が普通にできる

=他人と一緒に物事を進められる

 

ことです。

 

他人と一緒に物事を進める能力?

=一番必要な力は、想像力

 

でしょうか。


相手はどういう風に感じているかな~っていう、この思考回路を鍛えるほど生きやすくなるので、結構バカにできない思考習慣なんですが…

 

地域猫の活動に足を突っ込んでみると、猫好きにそれが欠けている事は本当に多い(><;)

 

率直にご近所づきあいもそこそこ、やっていけない人に動物を飼うことも助ける事も、実際難しい話です。

 

うまくいかない人のパターンはみんな一緒

 

不妊去勢してWCの始末もし、地域にそれを周知すれば、与えても良くなる。(地域猫)その活動に片足突っ込んでみると解るが、無責任な餌やりさんは山ほどいるが猫どもの不妊去勢そして地域住民の気持ちを気にしている人は少ない。だからこんな立札立てられてしまう。

 

c0324303_09333255.jpg (425×312)

 

猫って気ままで、色んな所でウンチしたりオシッコしたり。完全室内飼いであっても鳴き声など何かしら影響は及ぼしている訳で。


そこを見込んでご近所をフォローしていない人は多い。私も最初はまったく同じだったので偉そうなことは言えませんが、本当にそこがトラブルの根っこです。

 

野良猫に無責任な餌やりを繰返し、猫を増やしてご近所に嫌われている人は山ほどいます(→o←)

 

猫に餌をコソコソ与える人達の気持ちも言い分も勿論わかります。私も猫好きの端くれ。

不幸な猫の姿を見るにしのびない気持ちは当然の事…

 

でも正直、それだけの人に今の自分が出来る事って何もないんです。

相談を受けても、話してて心が真っ暗になるんですよ。(><;)

⇒うまくいく芽が無いため

 

 

聞いた時、こういう気持ちDAYO!

 

hOOzbYELJ7qHZkF_xCqZV_323.jpeg (450×253)

 

仲介してあげても結局、援助を受ける話が流れちゃったり。(経験有)
ご自身がしていることの自覚が無いと、レスキューも結局上手くいかないことが多い。

 

そう言う人に限って目の前に乳飲み子猫や不妊去勢の済んでいない猫がいて、状況だけは待ったなしなのに(><;) 


頭抱えたくなるYO…((´Д⊂

 

 

猫相談で問題が深刻な人の共通キーワード

 

#最強伝説黒沢 - Twitter検索

 

「人間不信気味です」

「ご近所とうまく行っていません」

「ひきこもっています」

 

何かしら、周囲とのコミュニケーションがうまく行ってない気配。

増えすぎた猫の事ですでにご近所に通報されている人もいました。(役所とかに)

正直、事態がそうなってて本人に反省が無いともう…

 

私はひきこもり自体はまったく悪い事と思わないです。

でも、他者不信は問題だと思う。特にその理由が自分でなく他人や他者であるときは。

だいたい、

 

他人を信じられませんというあなたは他人から信じてもらえるような人間なんでしょうか?

 

聞いた人がまっ先に思うのはそれです。

 

打ち手が無い訳ではまったくないですが、例え一匹でも猫を助けるって色んな人の手を借りて可能になる事で。

 

助けた後だって里親を探すか、いなければ地域で面倒見るしかないですよね。大人の猫に里親なんかそうそう見つからない。

 

だから必然的に、そのあと地域で面倒見る可能性大=結局ご近所と協力し合うしかない。

 

その時、「人間不信です」では話になりません。

 

だから、相談されたところで当事者が自分の殻に閉じこもっている間、物事がいい方へ行く事は難しい。

 

 

明かりが少ししか無いとよく見えない 仏教では智慧をよく光に例える

 

「変わろう」としない

=「変わる必要が無い」と思っている

=「自分が正しい」と思っている

=「周りが間違っている」と思っている

 

私達全員にあるこのしぶとい思考を仏教では無明といいます。文字通り明るさが無い事で、物事の道理が正しく見えていない状態をさします。

 

内観は最高の「つながり」強化訓練

 

 

内観では自分が他人にかけた迷惑とか、してもらったのにありがたみを感じていない事とかを探す。放置してた物置を探すような、本当にこういうイメージ。

 

cbf5b9f60da99bf791c0aa12a770f42911.jpg (600×400)

 

とはいえ、自己客観視は人間にとって本質的に難しい事です。

 

その能力をつけるには内観が一番なので、そういう話にぶつかるたびに現実がうまく行っていない人がすべきことは本当に内観だなぁと感じます。

 

家族や他人に自分がかけた迷惑を苦も無く見つけられるようになれば、人間関係の悩みなどほんとに無くなってしまいます。

 

年齢を問わず「ひきこもり」やその予備軍、あるいは何かしら現実がうまく行っていない人は人付合い能力(社会性)を伸ばすことが最重要課題かと。(ひきこもっていても他人とうまくやれている人は除外ね)


いや別に人付合いしたくない、というなら何かそれなりの理由があると思うので、だったらその前に自己客観視の訓練(&セラピー)が役立ちます。それが内観です。

 

内観してみると、今までのモノの捉え方が変わる事が多いです。その結果、あなたの悩みが何であれ必ず解決の方向に向かうでしょう。

これは30ウン年間、人間関係の悩みに悩んでそれが無くなった私の結論です。
私自身が、そういう人でしたから。(ひどかった。詳細は下記にまとめています)

 

内観でAC(アダルトチルドレン)・人格障害克服

 

人間関係は鏡です

 

 

ひきこもり系の人は、ご近所と挨拶が毎日できるだけでも、良くなる芽は充分あります。

 

面白い話する必要もありません。どんな人の話でも黙ってしっかり聴ければ、確実に人気者です。

 

人付き合いって…

 

皆あなたと同じように、人が怖いとか信用できないとか、でも心の底では信用したいなとかね。不安に揺れながら生きている。みんな同じですよ。内観して自分の事をよく解って好きになれば、他人もそうなんだなあって解って許せるようになります。

 

そもそも私は生きている人間が「信用できる」なんて思った事ないYO(笑)

自分も含めて人間は不完全だし、何があるか解らないのが人生。

「人が信じられない」という人は、ただ単に「世間知らず」ってことなんじゃないだろうか。

 

と、猫好きで人を信じられないと話す人の話を聞いているといつもそう感じます。(年齢に関わらず人間不信という言葉が出る。響きに私は悪くないという気配があり、幼く感じる)

 

人間の汚さも愚かさも底なしですが、それと同じものが自分にもあるんだっていう事を解らないと、いつまでも悪いのは他人や他者のように見えると思います。同時に、誰もが聖人みたいな面も持っています。どっちかだけはない。

 

個人的な実感としては人間関係は鏡なので、世の中に嫌な奴が多いと思っている人は、その人自身が嫌な奴の可能性があります。(→o←)

 

あなたが「いい人」になれば、世間は「いい人」ばかりになっていくでしょう…

 

「つながり」をテーマに説得力あるエピソードが多かった本でした。
詳しくは本書をご覧ください。

 

著者 石川 善樹

出版社 マガジンハウス

出版日 2014/11/20

 

 

 

 

AD
いいね!(34)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。