大阪弁天町の漢方薬局「廣田漢方堂薬局」のブログ

大阪弁天町の漢方薬局「廣田漢方堂薬局」です。



$大阪弁天町の漢方薬局「廣田漢方堂薬局・鍼灸院」

〒552-0007 大阪府大阪市港区弁天4-5-1
TEL:0120-70-3989 FAX:06-6573-3952
【営業時間】
(月~金)10:00~18:00
(土)10:00~14:00

$大阪弁天町の漢方薬局「廣田漢方堂薬局・鍼灸院」


NEW !
テーマ:

当店では剥脱性口唇炎の悩まれる方の相談件数が比較的多い。

 

急性口唇炎などになってしまって皮膚科を受診し、ステロイドなどの薬を使えば、ほとんどの方はすんなりと治ってしまう。

 

だから剥脱性口唇炎になってしまった人たちも、最初はあまり深く考えずに皮膚科を受診し、通常の治療を行う。

 

しかし何が悪かったのか、ここで治りきらずに唇の状態がどんどんおかしくなって剥脱性口唇炎になってしまう。

 

剥脱性口唇炎になってしまうと、今度は治療法が確立されていないため、皮膚科に行ってもよくならずに路頭に迷う人が結構多いのではないかと思う。

 

そして頼るべきはインターネット。。。

 

自分の状態をネットで検索し、医師からの診断も下っていないが、自己判断で「自分は剥脱性口唇炎だ!」と思い込む人も少なからずいる。

 

厄介なのはここから。

 

自己判断で剥脱性口唇炎と思うのは問題ないのだが、今の自分の唇の状況が、一体どんな状況なのかを知る判断基準を持っていないため、唇のケアについてはネットで検索して、ほとんどの人が自己流で行ってしまっている。

 

一部の人は皮膚科や薬局へ行って、指示を受けているようだが、専門家であれ、剥脱性口唇炎に対しての知識を有しているかどうかはまた別の話。

 

これまでいろんな人にケアの方法をどのようにしているのか確認してきたが、本当に皆さんバラバラ。

 

リップやワセリン、ステロイドやアズノールなどなど、外用薬を塗布する人もいれば、一切何も使用しない人もいる。ひどい場合は、化膿しているのにほったらかしているケースもある。。。

 

急性口唇炎から剥脱性口唇炎へと移行してしまった場合、剥脱性口唇炎の状況に応じて、ケアの仕方がコロコロと変わってしまう。

 

唇の皮というのは非常に弱く、脆い。

 

また唇のすぐそばにある口腔内にはたくさんの常在菌がいるため、唇に傷がついてしまうと容易に細菌感染を起こしたりする。細菌感染を起こさなくても、たとえば強い紫外線を浴びて急性口唇炎に逆戻りしたり、急にリンパ液が漏れたりしてくることもある。

 

常に状態は一定ではないことに注意が必要。

 

そのため、時と場合に応じてステロイドを使いこなしたり、ワセリンで保護したり、何も塗布しないで様子を見たりする必要があり、その判断はなかなか自分ではできない。

 

僕たちはこれまでの経験から、今どのようなケアが必要かについてもアドバイスを行っている。

 

そういうアドバイスがあると、相談者自身も「今はこうすべきなんだ」という基準ができるため、安心してケアすることができるようになる。さらに適切なケアができると、たとえ急性口唇炎が再発しても、細菌感染を起こしても、リンパ液が漏れても正しく対処できるため、悪化を食い止めることができる。

 

当店にはほかの医療機関にかかっている方が、明らかにケアの仕方を間違って指導され、ひどい化膿を起こした状態で相談に来られるケースも少なからずある。

 

大切なことは、今の状態を正しく判断し、その時々に応じてケアの仕方を指導してもらえるようなアドバイスをきちんともらうことにある。インターネットなどの情報に頼ったケアは間違っていることが多いので、専門家にきちんと相談してほしい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アトピー性皮膚炎でこちらに相談に来られる方には、湿熱+気滞血瘀型の方がしばしばいます。

 

ただ困ったことに湿熱の兆候は、全身症状として反映されていないことが多く、本当に湿熱がアトピー性皮膚炎に関与しているかどうかは、方剤を使ってテストしなければならない現実があります。

 

全身症状としての湿熱とは、例えば舌苔が黄膩苔、体臭がきつい、黄色い小便が出る、黄ばむ汗が出る、脈滑数などになりますが、これらの所見が揃うことは、僕の中ではまぁ~少ないです。夏に症状が悪化すると言っても、実際に相談時期が夏でなかったら、どういう症状が悪化するのかわからないので、それを一概に湿熱の仕業とするのは少々乱暴ですし。。。

 

唯一確認できることは、皮膚という局所において、黄色く、ベタベタした肌汁が出るというくらいです。

 

ただ一言に湿熱と言っても、脾胃湿熱・肝経湿熱・膀胱湿熱・三焦湿熱などなど、各臓腑に湿熱邪は停滞します。

 

皮膚に湿熱現象が出ているからと言って、脾胃湿熱と片づけてしまうのも乱暴な話です。

 

実際、アトピー性皮膚炎では肝経湿熱の竜胆瀉肝湯や膀胱湿熱の五淋散などがフィットすることもあります。

 

この肌汁が湿熱の仕業だということがほぼ確実な場合には、その湿熱の出どころと存在位置をどう見極めるかが課題になります。

 

僕の場合は、鍼灸の勉強をしていることもあり、十二経絡の走行が頭の中に入っているため、ある時にはその走行部位によって湿熱の存在する臓腑を特定したりすることもあります。また肌汁が皮毛レベル(肺・膀胱)で出ているのか、肌肉レベル(脾胃)で出ているのかという具合に組織の深さで判断したりします。

 

湿熱の場合、フィットする方剤が見つかり、肌汁が出なくなると同時に、痒みが落ち着いた状態を作れたときに、それらの方剤を減量、もしくは中止する時期の判断に非常に苦労します。

 

とくに最初から全身的な症状がみられない場合もあるため、判断を一歩間違えると再び肌汁が出たり、痒みが出たりして症状が逆戻りすることが考えられます。

 

つい先日も、前頭部付近からの肌汁が出る男性のアトピーに対し、五淋散を2/3量で用いてうまくコントロールできていた症例に対し、冬になって湿熱が暴れるような時期でなくなったこと、肌汁が落ち着いているのに清熱剤を長期間にわたって使う必要はないことから、徐々に減量して様子を見ることにしました。

 

そして五淋散を1/3量に減量すると、なんとまぁ、肌汁が復活したのです・・・。

 

その連絡を受け、すぐに五淋散を2/3量に戻して2,3日様子を見るように伝えたところ、肌汁が落ち着いて皮膚は改善したという報告を受けました。

 

この男性の場合には、皮膚の肌汁以外に湿熱を思わせるような症状は一切なく、五淋散は肌汁の出現部位と肌汁の性状からフィットすることを確信してお渡ししたものです、したがって汁が止まっている状況では、それらがまだ必要かどうかの判断を的確にすることが難しく、今回のような状況が起こってしまいました。。。

 

この男性の場合には、体質的に膀胱~三焦の水(津液)が濁りやすく、熱を帯びやすい体質を持っていると思います。

 

そしてそれの排出経路が前頭部となり、肌汁になって排出されているものと推測できます。

 

それを五淋散は経絡治療を通じて小便や大便から排出してくれているのだと思います。

 

そう考えると、五淋散はこのまま2/.量を維持し続け、症状が出ないようにコントロールしておく必要があると思います。減量・中止については、現時点では考えるべきではなく、清熱燥湿によって乾燥症状やその他の症状が出たときに、改めて考察すべきだと感じました。

 

アトピー性皮膚炎において、湿熱の関与が続いているかどうかの判断は非常に難しいものがありますが、こういう経験を経て、徐々に理解が深まると思いますので、1つ1つ経験するしかないですね・・・

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

50代女性

 

リウマチによる手首の骨変形に対し、手術で変形した骨を整形し、残った疼痛コントロールのために漢方を希望。

 

この女性は医療従事者のため、専門的な知識を有しており、リウマチに対してNsaidやステロイドを使用することに抵抗を感じていた。

 

痛みは手首の強張りやズキズキする痛みが中心であり、その時々において処置すべきステージ。

 

つまり炎症期・組織破壊期・新陳代謝活性期がコロコロと入れ替わる女性であった。

 

今回は季節の変化によって気温が著しく変わるためか、安定していた症状が一気に悪くなり、左手首の痛みが強く感じるようになったということであった。

 

詳しく確認すると外気温によって症状が変化することはなく、気圧の変化、天候の変化によっても症状は変わらないことから、リウマチの基本は東洋医学では風寒湿痺にあるとはいえ、外邪としての風寒湿邪の関与はないと考察。

 

あったとしても内生五邪としての風寒湿邪であるが、それらが形成されないように日常生活も気を使っているし、患部を触っても熱感もないことから炎症期に逆戻りしたとは考えにくい。

 

そこで症状悪化の原因は、組織破壊と新陳代謝活性低下によるものと判断。

 

特に左手首、左肩、左足という風に症状が左に偏っていることから、瘀血が関与している可能性があると考え、左に偏った症状を取るのが得意な疎経活血湯を選択。

 

疎経活血湯は風寒湿邪と瘀血を取る生薬配合でできているが、これでは新陳代謝を活性化する補気薬の配合に乏しいため、舒筋活絡の方剤を1種類加えて処方。

 

これらの処方を15日分続けることで左側に特に強く出ていた痛みは⑩⇒①に軽減。

 

ご本人は大いに喜ばれていた。

 

 

疼痛性疾患の場合には、それがどのステージにいるのかを見極めることが非常に大切であり、他のリウマチの患者さんでは炎症期に突入したと考え、疎経活血湯に清熱活絡薬をかまして風寒湿痺・瘀血・熱痺に対応するようにしたりと工夫が必要となる。

 

そのステージを無視したような漢方療法では冷静な判断ができず、さらに処方した漢方に対しての反応についても考察が曖昧になったりするため、今、相談者がどのステージであり、その症状から自分がどのような対処をすべきなのかをしっかりと考える必要がある。

 

そのためには話を聞くのみならず、患部を確認し、舌・脈・腹・ツボなど全身各所に現れている反応をしっかりと確認しなければならない。

 

臨床経験が何十年にもなるベテランではなく、まだ経験が10年の若造漢方家には多くの判断基準が必要と自分自身は考えるのであった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)