2012年10月04日(木) 15時12分01秒

福島で必死に生きる人々の生の声を、了解を得た方のみツィッターで呟いています。その声をブログにも

テーマ:私の想い

福島で必死に生きる人々の生の声を、了承を得た方のみですが、ツィッターで呟いています。


福島県民200万人の中のごくわずかに過ぎませんが・・・


https://twitter.com/nakashitadaiki


反響の大きかったものを、ブログにも転載します。


ご興味のある方は、是非、ご覧ください。


-------------------------------------------------


福島市の仮設・80代の女性「除染なんて、私達が若いころ(戦時中)、強制的に竹やりを持たされて鬼畜米兵と言わされていたのと本質的には同じ。小手先だけの対応で、何の意味もないことは皆、分かっている。でもそれを声に出すと、非難される。同調圧力だよ」


----------------------------------------------------

南相馬市60代男性「自宅一軒、竹中工務店に560万円で除染を依頼し、現場の下請けはピンハネされまくって、70万円で作業をする。末端の作業員は日当約8千円。除染が終了したら仕事がなくなるから、皆、いい加減な仕事しかしない。それで雇用が確保され、経済が回る。それが除染ビジネスの実態」


----------------------------------------------------

いわき市仮設60代男性「原発で30年働いてきた。でも今は被曝して働けない体。人は目の前の現実が辛いと、現実逃避するんだ。将来の事なんて、意図的に考えないようにしている。酒を飲んでカラオケを歌って気晴らしをするけど、いい年したオヤジが何やっているんだろう?と思って、情けなくなる」


------------------------------------------------------


いわき市仮設60代男性「どうしたら原発が止められるかって?そんなこと簡単だ。もう一回どっかの原発が爆発して土地が汚染され、人が住めなくならないと原発を止めることは無理じゃないのか?アメリカ・財界・官僚が政治家に圧力をかけている構造も問題だがな」


--------------------------------------------------------

大熊出身・福島の仮設入っている70代Aさんが言う「冬に出稼ぎに行かずに、安定した暮らしを得る為、子供や孫と同じ場所でずっと暮らすために、俺たちは原発を受け入れた。豊かな暮らし、安定成長を求めて原発を受け入れた。そしてそこで俺はずっと働いてきた。それがこんな事になるなんて・・・・」


---------------------------------------------------------


いわき市仮設70代男性「被災者と言っても、状況は皆、違う。家族が死んだ・家族が生きている人、仕事を失った人・仕事がある人、家を流された人・家がある人、帰る場所がある人・帰る場所がない人、カネがある人・カネがない人・・。確かな事は、震災前からあった格差が今、露呈しているという事」


---------------------------------------------------------

南相馬市50代女性「私は最近、放射能より、人間の方が怖いと思う時がたくさんあります。ここ福島では、放射能の話をするだけで、圧力がかかる雰囲気が一部に蔓延しています。命がけで、放射能の問題を意図的に考えないようにしている人がいっぱいいる。一種の思考停止状態。それは自分を守るため?」


---------------------------------------------------------


福島の仮設・70代男性「原発でずっと働いてきた。しかし、危険な仕事は下請けに回していた。山谷や釜ヶ崎のような寄せ場から労働者が連れてこられていることを、俺達は知っていながら、見て見ぬふりをしていた。事故が起こった今、改めて考えると、俺も東電と一緒で、加害者なのかもしれない」


----------------------------------------------------------


福島・中通り60代男性「ラジオを聞いてひっくり返ったよ。放射能に負けない子供になろう!って福島県教育委員会がラジオで呼びかけているんだもの。中通りの住民は、被害者という意識が薄い。だから教育委員会は、県外に避難した人を非難するんだ。もうマスクをしている人も、ほとんどいないよ」


------------------------------------------------------------


南相馬市・20代女性「今まで原発の勉強とかしたことない。でも、東電の下請け会社で働いている旦那が被曝して、入院してから、やっと目が覚めた。311以降<誰かが何とかしてくれるだろう・安全だ>と、放射能を浴びまくっても他人事のように考えていた。無関心は身を滅ぼすことにやっと気がついた」


-------------------------------------------------------------


いわき市仮設・40代女性「仮設で中高年の男性の自殺が起きた。明日は我が身・・・。でも、生きていればいいことがあるなんて、口が裂けても子供達には言えない。明るい未来なんて、ここ福島では絶対にありえない。普通に生きて、当たり前に暮らせることが、こんなにも難しいことなんて思わなかった」


-----------------------------------------------------------


南相馬市・20代女性「友達の女の子が中絶をしたという話を聞くたびに、私も子供はムリって思ってしまう。旦那や姑は子供が欲しいみたいだけど、もう福島では子供を育てられない。線量計で自宅周辺を図ると、ビックリするよ。子供を産んでも、どうせ外で遊ばせられないから、子供も可哀想だよね」


--------------------------------------------------------------


南相馬市・20代女性「原発事故以来、国・政治・東電は最悪と、ずっと他者を批判してきた。でも良く考えてみると、私は選挙に一度も行った事はないし、新聞も読まないし、テレビはお笑いだけしか見ないし。原発近くに住んでいながら原発の事なんて全く知ろうとも思わなかった。今思うと恥ずかしい」


--------------------------------------------------------------


(大熊出身)会津若松仮設住宅・60代男性「さあ考えてみて。仕事もカネも産業も何もないただの田舎町が、原発を誘致することによって、莫大な恩恵が手に入るんだよ。目の前にニンジンをぶら下げられて、それを断れる人がどれだけいると思う?カネで動かない人間もいると思うけど、全体の中の一握りだろ」


---------------------------------------------------------------


福島の仮設住宅・50代男性「仙台に行った。全国から建築関係者が集まり、復興バブルのような状態になっている。儲かってしょうがないって飲み屋で言っている経営者のような人がいたけど、心ではそう思っていても、言葉に出してほしくないね。だって、ここ東北では相当な数の人間が死んでいるんだよ。」


--------------------------------------------------------------


福島の仮設・50代男性「知人の男性が2名、ここ数カ月で自殺したよ。男は仕事や家族を失うと、本当に弱い。今まで名刺の肩書きだけで勝負してきたのに、311を機にゼロになってしまった。俺も今は無職。仮設の集会所でサロンとかをやっているけど、大の男が一人で参加できると思うか?」


--------------------------------------------------------------


福島の仮設・20代女性「子どもがいるので被ばくについて勉強したいと思い、県内の講演会等に行くようにしている。しかし偉い先生の講演会は、「放射線量はほとんどゼロ」「内部被ばくなどない」「福島は大丈夫」ばかり。正確な情報が、手に入らない。それを声に出すと、さらに非難される」


---------------------------------------------------------------


(大熊出身)会津の仮設・60代男性「もう覚悟はできている。瓦礫の処分場は、原発周辺の地域にするしかないだろ。だって、もう人が住めないんだから。除染なんかする金があるんだったら、原発周辺の土地を買い上げて、そこに瓦礫処分場を作ったらいい。地元住民は、誰も大熊に帰れると思っていないもの」


------------------------------------------------------------------


南相馬市・50代男性「東電や国のやり方は最低だ。人を人とも思っていない。でも、俺も今までずっと東電にぶら下がり、国に依存して生きてきた。一番悪いのは、俺の主体性のない生き方だ。思考停止に陥り、今さえ良ければいい、自分さえ儲かればそれでいいと、臭いものには蓋をしてずっと生きてきた」


------------------------------------------------------------------


福島の仮設・70代男性「若い世代にとっては、福島から逃げるのが一番の選択肢じゃないか?未来のある若者には、是非逃げてほしい。しかし、俺達のような年寄りは、今更逃げてもねぇ。生まれ育った故郷で死ぬまで暮らしたい。でも、それは自分で決めたこと。どうなっても覚悟を決めているよ」

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

8 ■どうもです!

おじゃまします!いろんな人のブログを見てまわってます♪僕はいろんな人に役に立てるような情報発信をしています♪遊びにきくださいね♪

7 ■Re:コンサートで紹介させてください。

>べるかんとさん

どうぞ使ってください!


6 ■無題

仕方なく、福島で生きています。
放射能だけでなく、近隣住民との軋轢などあり、肩身の狭い原発難民は色々と悩むことが多いです。
自分だけなら
「どこか遠いところに避難したい。」と思ってしまいます。

でも、福島に留まる老親を置いていくわけにはいかない。


私は幸いにも仕事を続けていますが、(←でも、避難生活をしながら仕事をするのは心身ともにきつい・・。昨年は夢中で頑張っていたのですが、最近、震災疲れが出たのか、体調がよくないです。そんなこと誰にも言えませんが。)

仕事を失った人、田畑を失った人は、狭いアパートや仮設で、これから孤独死する人も増えるのではと心配です。特に孤独な中高年男性は。

5 ■コンサートで紹介させてください。

Twitter経由で参りました。読んでいて涙が出ました。愛知県で主催する小さなコンサートで、原発、放射能などのお話をする際に、この声を紹介してもよろしいでしょうか?

4 ■時々読ませてもらってます。

この福島の人のつぶやき、私のブログやFBに転載してもいいですか?

3 ■こんばんわ。

ツイッター経由で日々雑感さんから知りました。

胸がいっぱいです・・・。

必死に生きてる福島の方、復興予算を横取りする
官僚、除染の権利を焼け太りする企業・・・
やりきれません。

日々雑感さんの記事を転載させていただきました。
不都合の場合は削除しますのでよろしくお願いいたします。

2 ■涙だけです・・・。

本日、このようなコメントに出会いました。FBでつながっている友達からのものです。一人一人の言葉は、本当の叫びであると思いますした。読んでいて、私達家族も南相馬市に今後住めるようになるのか?ならないのか?子供は戻せな位程の放射線量の高さです。そしたら、家族五人孫ともバラバラの生活になってしまうの?もっと、市民は、原発に関して知るべきであると思います。情報提供をすべきです。国も東電も・・・。

1 ■無題

福島の人々の生の声、
東京で原発が無ければ経済が・・と言っている馬鹿者どもに読ませたいですね。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。