2011年05月12日(木) 17時27分47秒

悲しむ力

テーマ:私の想い

何か大切なものを失った時、人はその喪失感にさいなまされ、なかなか立ち直れなくなるもの。


今回の震災では「いのち」ばかりではなく、家・仕事・故郷、そして思い出までが全て無くなってしまった。


その喪失感にさいなまされている人に向かって「頑張りましょう」「ひとつになろう」と言う方がいます。


確かに、言いたいことは理解できます。そう言わないといけない雰囲気すらあります。


しかし、自分の気持ちを押し殺して「頑張ろう」とすることは、果たして本当に良いことなのでしょうか?


苦しい時、「助けて」「今、苦しい」と勇気を出して言うことも、また大事なことのような気がします。


被災地に行ってみて、今、一番必要なことは、「頑張る」ことよりも、「安心して悲しめる場」「泣ける場」を作ることのような気がしています。(衣食住の確保は言うまでもありませんが・・・)


家族や仕事、住む場所すらない中で、一体何を頑張ればいいのか?というのが、多くの方々の本音だと私は感じています。


しかし、私たちの社会は弱音を吐くと「そんなんじぁ、駄目だ!」「元気よく!明るく前向きに」と言われかねません。


暗くて前向きじゃない人は、生きていてはいけないのでしょうか?



「ひとりになって、思う存分泣きたい!泣かしてくれよ!」


私が家族や仕事、その他、何もかも失った時はそう感じると思います。



しかし、男が泣くなんて、女々しいと言われてしまいそうです・・・


でも、男だろうが女だろうが、自分の気持ちに素直になれば、泣きたい時だってあります。


そのような安心して「悲しめる力」が、今の社会にはあまりないような気がします。


とことん悲しんで、涙も出ないほど泣きつくした後に、希望と言う光が差してくることだってあるのになぁ。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

nakashitaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。