小豆島でのせとうちの100年オリーブお花見会 、無事終了しました。
水星逆行中といえどもスムーズにゆったりと過ごすことができました♪

お花はピークを少し過ぎていたものの
お天気には恵まれ、この日は雨予報だったのが
晴れ間がときどきさす曇りでちょうどよかったです音譜




オリーブの品種によってはまだ花が見られるものもたくさんありました。
甘酸っぱい香りがときどき風に吹かれ香ります。




私はこの木の隣や中で過ごしていたのですが、
雨のように花殻がパラパラ落ちてきていました。




こんなにびっしり。



白い十字架と表現されていた方がいました。



オリーブ園のオリーブの根っこ。




翌日は別の場所ですが、スペインから持ち込まれた
樹齢1000年のオリーブの木に会いに行きました。

ここでも木の根っこに座って時間を過ごしました。


ほとんど1日半、ほぼ海とオリーブと過ごしていたのですが、
とんでもなく、長い時間がたったように思えて
何日も過ごしたかのような感覚です。



毎年、小豆島やオリーブと過ごす時間があるのですが、
つきあっていくごとに付き合い方が少しずつ変化しているように思います。

現代人はどこかへ出かけると観光に忙しくなりますが、
何度か同じ場所へ出かけると時間の使い方も変わります。

ただオリーブといるだけのために
時間もお金も使って宿泊して過ごすというのは
とても贅沢ですが、

大きなものをもらえるように思います。





【東京】7月個人セッション(フラワーレメディー&パーソナルアロマ)
無料・日本の花フラワーエッセンスリサーチプロジェクト




旗ブログランキング参加中ですビックリマークよろしかったらポチってくださいませベル

これ↓


にほんブログ村



AD