骨を感じるピラティス

兵庫・西宮のピラティス・スタジオkirala
杉山陽子のブログ


テーマ:
 

私自身が最初にピラティスを始めた最大の目的。

それは、私自身が脊柱側わん症をもち、
痛みや見た目のコンプレックスに悩まされていたこと。

そしてピラティスに取り組む中で、側わん症の症状・悩みがどんどん改善し、
これを同じ悩みを持つ方に伝えたい思いからピラティス指導に力を入れていること。

こんなことをこのブログを始めた当初の記事でご紹介させていただきました。
http://ameblo.jp/inner-beauty-style/theme-10012115825.html

この記事でもかなり反響を頂いたのですが、
その後も自分自身の側わん症の為のピラティスを実践し続け、
写真を撮りためています。

もちろん自分の体は客観的に見ることができないので、
私がとっても信頼している師匠。北佳子先生のパーソナルセッションの中で
いろんなアプローチを頂きながら実践しております。

今日は私の経過写真を、前回の記事の後・・も含め
ご紹介いたしますね。

 
 2006年12月

ピラティスを始める前か始めたばかりか・・・の写真。
レスミルズのイベントで偶然撮っていただいた後姿です。
胸椎の側弯も顕著ですが、頸椎(首)の位置が大変なことに!
このころはよく頭痛に悩まされておりました。

 
2009年3月

ピラティスを続けてかなり症状が改善してきたなぁと自分で実感し始めたころ。
自分で自分の後姿を客観的に見たくて、レッスン後に友達にとってもらった写真。

首の位置がかなり良くなっています。
これとともに頭痛もかなり減っていたのがこの頃。
ただ、右の肩甲骨がまだかなり外に出ており、
それをいつも無理に真ん中へ戻そうとしていたため、翼状が見られます。

 
2010年10月

北佳子先生のスタジオにて。
北先生のパーソナルレッスンによって取り組んだことが
顕著に結果としてあらわれ始めたころです。。
周りに「杉山さん背中よくなったね~」とよく言われるようになったのもこの頃。
肋骨のでっぱりもかなり改善してきています。
後は、肩甲骨のラインがまだ少し気になるよね~と話をしておりました。


2012年6月

かなり最近の写真です。
課題としていた肩甲骨のラインも新しい取り組みの中で改善が見られます。
大きな歪みがだいぶ取れてきたおかげで、今まで見えてこなかった
細かい重心のずれや回旋も見えてきて、これが次の課題になるなぁと感じております。


最近も整形外科に行きましたが、
そこで言われたことは、

「あなたの年齢だったら進行も改善もしないからね~」
「経過観察ですね。」

実際の私の例でも脊柱単体を見れば、
側弯角度は33°→32.8°とほぼ現状維持。

側弯症と他の脊柱の疾患が重なって出ていたり、
よほど重度なわん曲でない限り、
2006年の私くらい顕著に側弯が表に出ていても、
医療機関では「経過観察」という言葉が出ることがほとんどだということ。
できるだけ進行を防いで、現状維持をめざすのが現状だと思います。

でもやはり本人は、見た目が気になったり、
生活上不便を感じたりするわけで。
私自身も、脊柱の角度という数字に表れなくても
経過写真のように周りの肋骨や肩甲骨、筋肉の環境が大きく変わることで
QOLはとっても向上しました。

そこにきっとピラティスがお役に立てることが
たくさんあるのではと私は考えます。

と共に、実際「側わん症にピラティスがいいらしい」ということが
世の中でも多く言われるようになってきました。

そして私のもとにも、
「『側わん症 ピラティス』」と検索したら、杉山さんのブログにたどり着きました。」
とお問い合わせ頂くことが増えてまいりました。

となると、ピラティストレーナーの皆様へ
側わん症に対する知識と私たちの体験談をシェアさせていただくことが
私のような側わん症の方々のQOLにつながると感じ、
私と北先生の取り組みをもとに、今年の春、
PTCで側弯症とピラティスについてレクチャーさせていただく機会を頂きました。
http://blog.livedoor.jp/ptc_info/archives/6094491.html

成長期にピラティス始められた実際のクライアント様の改善例も発表させていただき、
こちらもかなりの反響を頂きました。

この回に参加できなかった方からの熱いオファーや、
続編をやってほしいというリクエストを頂き、
9月23日(日)のPTC本会にて、第2弾を実施予定です。
詳細はこちら

前回に加え、私と北先生との実際の取り組みの様子も、
映像でご紹介させていただく予定です。

そして私自身、もちろんまだ実践途中ですので、
これからも記録をとっていこうと思っております。

ピラティス・スタジオkiralaのコンセプト。
キラキラ(kirakira) ライフ(life)
私と同じ症状を持つ方も皆様にとっても、
キラキラ輝く人生でありますように!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。