イギリスに行く前に、可愛いパスポートポーチと旅行用のアクセサリーケースが欲しいなと、リバティプリントのグレーのワイルドフラワーのものを発見して購入しました。
 
そしてそして、同じ柄のペンケースも欲しかったのですが、そのアイテムはなく…
 
でも、どーしても柄をお揃いにしたくて、クリーマで別のリバティプリントのペンケースを制作している方を発見して、「こちらの柄で作れますか」とお問合せしてみました。
 
すぐに「出来ます」と、お返事いただいたので、イギリスに行く前にオーダー!
 
昨日、届きました~☆
 
image
 
なんという、統一感!
 
嬉しすぎる~!
 
がま口の内側は、他のポーチのフリンジに合わせて、ブルーの布にしてもらいました♪
 
image
 
いつも使っているこれらのアイテムが、いい感じで収まります☆
 
  • 手帳にさしているフリクションの青0.5の替芯
  • 私的に一番きれいに文字が書ける、安定のHybridのペン、黒と青
  • フリクションの蛍光ペン3本
  • フリクションの赤0.5
  • ペン型ハサミ
  • 油性ペン
  • 定規
  • のり
  • マスキングテープ
いつも使うものが、ぴったり、いい感じに収まります♪
 
↓私がクリーマでオーダーしたのは、こちらの作家さんです。
 
 
image
 
アクセサリーケースは、中は巾着スタイルになっていて、ピアスも指輪も、こんな風にキレイに可愛く収納できちゃいます。
 
↓アマゾンで買えます
 
 
私、可愛いものを可愛いものに入れるの大好きなのです。
 
なので、マトリョーシカのように無限ループに陥ります。
 
可愛いものを可愛いものに入れて、またそれを可愛いものに入れたいー!
 
という欲求が、すごいです。
 
image
 
パスポートケースの中もこんな感じで、ペン刺しや仕切りやポケットがあって充実。
 
持つときは、ゴールドチェーンに手首をひっかけておくと、空港などでも落とす心配がなくて、便利です。
 
↓アマゾンで買えます
 
 
image
 
カードもいっぱい入ります~!
 
image
 
オフホワイトの手帳との相性も抜群☆
 
image
 
見ているだけで、ウキウキしますね♪
 
なのですが、実は、リバティプリントってよく聞きますが、私、本当はよく知らなかったのです(笑)
 
ただ、「伝統のある可愛い花柄のシリーズ?」ぐらいで。
 
そんな感じで、イギリスに行ったのですが、ここにあったのね、リバティ(笑)
 
ドーン!
 
image
 
本店前に行って、初めて気づきました(笑)
 
-------------------
 
リバティプリントとは
 
イギリスにあるリバティ社の生地ブランドです。薄手のコットン生地にレトロで多色使いの小花柄をプリントしたものが代表的です。 でも今は、レトロな小花柄を指してリバティプリントと言ったりします。 リバティ社のものでなければ、「リバティ風」ということになります。
 
-------------------
 
イギリス最終日には、カフェリバティにも♪
 
image
 
可愛いですね♪
 
image
 
メニュー表もすこぶる可愛いです。
 
深いオリーブグリーンに、ゴールドの箔押し♪
 
image
 
フクロウ。
 
image
 
カラフルなカップケーキ。
 
image
 
オオカミ?
 
image
 
この日は、カリフラワーのスープと。
 
image
 
ケールとベリーのサラダ。
 
image
 
キャロットケーキ。
 
アテンドしてくれたGrandma's Pearl(グランマズパール)の佐伯ようこさんのおかげもありますが、イギリス、本当に食べ物全て、美味しかった!
 
しかも、本当に体によさそうで、食べると元気になります!
 
特に、ケールのサラダ、美味しかったー!
 
甘酸っぱい、ベリーとの相性も最高です♪
 
また、食べたい!
 
image
 
リバティの中は、こんな感じになっていて。
 
アンティークでシャングリラで、可愛くておしゃれです。
 
image
 
今見ても、本当に可愛いー!
 
可愛い小花の生地に導かれましたが、やっぱり、その大元には可愛いが溢れてました。
 
I LOVE リバティ♪
 

------------------------


■女性起業家・サロン運営サポート&コンサルティング「イニラボ」

 

☆いつも応援ありがとうございます☆
↓↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ