パナソニックは4日、09年11月から今年3月に製造した40ワット形直管蛍光灯のうち最大3万4000本に不具合があると発表した。最初から点灯しなかったり、1カ月以内に点灯しなくなる恐れがある。同社は不良品を無償交換する。

 主に業務用に販売された「FLR40SWMX36」など計13品番。インドネシアの工場で製造され、同期間に計171万本が出荷された。部品の接着不足が原因で、蛍光灯内部に空気が入り点灯しなくなるという。これまでに計56件の問い合わせがあった。専用ダイヤル(0120・878・530)。

【関連ニュース】
パナソニック:1億5000万円所得隠し…大阪国税局指摘
パナソニック:姫路工場が液晶パネル出荷を開始
パナソニック:住宅用太陽光発電システム 7月から発売へ
パナソニック:ブラジルに白物家電の開発拠点
パナソニック:インド売上高2000億円 目標引き上げ

口蹄疫 宮崎市が運動公園を閉鎖…高校野球県大会会場(毎日新聞)
荻野さんに卒業認定書=学部長ら両親に手渡す-千葉大生殺害事件・兵庫
新首相動静(6月8日)(時事通信)
淀川遺棄の相談電話放置、検証必要…警察庁長官(読売新聞)
<独禁法違反>シャッター3社に計55億円の課徴金納付命令 公取委(毎日新聞)
AD