看護職のナレッジマネジメントを支援する変な保健師~創世看匠

看護職(受験生・大学生含)向けに、個人の学びをサポートし、個人が持つ知識やスキルをさらに促進する創世看匠(そよみしょう)のブログです。教員・臨床の経験をベースに、特に情報管理を専門としています。


テーマ:

こんにちは。

創世看匠(そよみしょう)のふじたです。看護職のキャリア支援と、一般向けの健康支援を中心に活動している変わり者な保健師です

 

ただいま、看護師の仕事の現状を、サービス利用者としてリアルタイムで体験中です。

 

もう21世紀になって、ずいぶんたつというように、疼痛コントロールという言葉はどこへやら・・・

ここまでの私の辛さは、原疾患であることはほとんどなく、

1.動けない時の腰痛地獄

2.テープがかぶれた疼痛地獄

3.肌着や衣服が摩擦でできた皮膚の疼痛地獄

 

この3つの地獄が辛さの全てです。

しかし、医療が、この私の三重苦を和らげることはありません。

 

医師や看護師が私にやったこと

1.我慢させる & 「みんな、そう言うんだよね~」とスルー

2.「あ~、ここね」とガーゼを貼る & 鎮痛剤

3.「あ~、ここね」と皮膚用のテープを貼る & 鎮痛剤

 

これ、国家資格を持った人じゃなくても、できませんか?

子どもが同じようなことを言ったときに、世間のママたちの方が、もうちょっといろいろとやってると思います。

特に、私の場合は、2.3.は皮膚トラブルです。看護には、今、いろいろな専門家がいて、WOCという創傷ケアの専門家もいますが、今のところ、私のところへやってくることはありません。何のための専門制度なのか。

窓から見える薬局に、皮膚保護剤を買いに行きたい衝動にかられます・・・しょぼん

 

鎮痛剤を要求すると、30分以上待たせた後に、ようやく看護師が持ってきます。わざとか?むっと思うほど、待たせます。

やってきたと思ったら、いきなり薬を手渡そうとするので、こちらも手のひらを出すと、そこへ薬だけパッケージから出して、渡されます。無言でねパンチ!

私は、ただいま、右手があまり使えない状況にありますので、いきなり左手に渡されると、いったん、どこかに置かないと、水を入れられないので、そのままでは薬は飲めません。

では、その看護師はなぜそのような行動をとったのか。

 

彼女が知りたかったのは、私の痛みがどの部分だとか、どんな痛みだとか、どのくらいの程度なのか、ということ・・・ではありません。彼女が「欲しい」ものは、薬の空パッケージと、私が確実の内服した、という「証拠」です。

それを、凝視した彼女が一言

「あとは、変わりないですね」

 

おーーっと・・・痛みのことには、全く触れずです。去ってしまった・・・ドクロ

 

う~ん・・・看護は、いつから、こんなにも患者の訴えに近づかなくなったんだろーなあしょぼん

観察する必要も、判断する必要もないので、数週間の「研修」だけで、誰にでもできそう。

ベッドのシーツ交換に来た東南アジアの留学生(?)の方が、たどたどしい日本語ですが、よっぽど看護していました音譜

ナース.〇epperの誕生も、それほど遠くない。ますます確信してしまう私でした。

 

本日も、ドレーンからの排液、少なくな~れ、とお祈りしている、私です。

昨日よりは、少なくなったけどね・・・。

 

 


☆創世看匠についてこちら☆

 

ランキングに参加しています!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いつもお読みいただき、ありがとうございます。応援クリックしていただけると、ますますブログを更新する力がみなぎります。チョキ

 

 

にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


看護 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

創世看匠さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。