人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室:銀座

「人前ではできる限り手書き文字を書きたくない!」って思っていませんか?それ、今日でおしまいにしましょう!
当教室では、ペンの持ち方やお手本の見方はもちろん、宛名の書き方やのし袋の書き方もお伝えしています。明日から、手書き文字が書きたくて仕方なくなりますよ!


テーマ:
こんにちは。

人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室の太田真采世です。


新学期が近くなり、新しいお稽古ごとを始めようと思う方が多いせいか、連日体験受講のお申し込みをいただいております。

{EDB21F39-A99D-43CE-B122-3D2073AF114D}


初めてペン字を習われる方は、かなりの確率でペンの持ち方が変ですね。

握りしめるようにペンを持つので、きれいなカーブが書けなかったり、真っ直ぐ線が書けないなど、持ち方の弊害が見受けられます。

でも字を習ったことがないと、「線が真っ直ぐ引けないんですー。」と言うものの、それが持ち方に起因しているとはわからないんですよね。

一度自分が字を書いているところを見てもらった方がいいですよ。

それと書き順もかなりいい加減な記憶になっています。

時折確認すると「えぇーっ?そうだったんですか?もうずっとこうやって書いてましたー。」と言われることが多いです。

おそらく学校では正しい書き順で習ったはずなのに、学生時代に流行りの文字を書きたくて文字の形を崩して書いてるうちに、書き順もいい加減な記憶になったのでしょう。

そういう積み重ねで、文字の形も筆順も崩れてしまっていることが多いです。

もったいないことですねー。

後になって振り返ると「いつからこうなっちゃったんだろう‥。」と思うでしょうが、学生時代には後々困ることになるなんて気付きもしませんからね。

4月からは気分も新たに美文字を目指してお稽古を始めてみませんか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。

人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室の太田真采世です。

今、上野の都美術館で第79回謙慎書道会展の真っ最中です。

私の作品も1階23室に展示されております。


私の教室の生徒さんも作品を見に行ってくださったようで、「長く展示されていたので、写真じゃなくて動画を撮ってみましたー!」とおっしゃっていました。

そんな中・・・、すでに次の展覧会が再来週に控えております。



先日作品締切で提出したばかりです。

4月初めの桜の時期のため、桜色と白地にピンクのぼかしが入っているものとどちらにしようか迷って、両方書きました。

結果的には白地にピンクのぼかしが入っている紙の作品を提出したのですが。

年間10回も展覧会に出品しているので、一つ終わってもすぐ次の作品締切に追われる現状です。

寝ないで夜中じゅう作品を書くという生活にどこまで耐えられるかわかりませんが、仕上げたときのホッとする気持ちは、やり終えたことがある者でないとわからないでしょうね。

今年は特に作品の質をあげることに注力したいと考えております。

4月6日(木)~9日(日)に浦和の埼玉会館で行われる『梅花書展』に出品しております

よろしければご覧ください。

詳細はまたあらためて載せますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室の太田真采世です。

昨日は上野の都美術館へ展覧会の作品陳列に行ってまいりました。

今日から27日(月)まで『第79回謙慎書道展』が行われます。

私の作品は1階23室に展示されております。



昨年理事に昇格したため、作品がかなり長めに展示されております。

4mくらいの巻子作品でも、通常の展覧会では50センチくらいしか開いて展示してもらえないのです・・・。

でも今回はかなり長めに展示されておりますので、よろしければご覧ください。

展覧会詳細は下記のとおりです。



私の作品は都美術館の1階23室ですよ。

本阿弥切という古典をもとにして書かれた巻子作品です。





こういう作品を書く先生に習ってみたいなーと思う方は、こちらの教室で本人に会えますよ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室の太田真采世です。

ペン字のお稽古をしていて「えぇーっ?未だにそう書いてるの?」という点があったので、お知らせしておきますね。

あなたは『何』という字を正しい筆順で書けていますか?

この後はどう書きますか?













正解は口が先です!

縦画書いてから、最後に口を書く人が意外にも多かったのでご注意くださいね。

ちなみにきれいな『何』にするには・・・



口の上の空間をきちんと残すように意識しながら、口の位置が下がらないように注意。

口を上部に置いて重心を上げておき、縦画の足を長くするように気をつけると、スキッとしたきれいな『何』になります。



ここに注意しないと次のようなかっこ悪い『何』になりますよ。



いかがですか?書けましたか?

こういうポイントは、こちらの教室で教えてもらえます。

今ならキャンペーン実施中です。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室の太田真采世です。

ペン字のお稽古をしていて「えぇーっ?未だにそう書いてるの?」という点があったので、お知らせしておきますね。

あなたは『何』という字を正しい筆順で書けていますか?

この後はどう書きますか?













正解は口が先です!

縦画書いてから、最後に口を書く人が意外にも多かったのでご注意くださいね。

ちなみにきれいな『何』にするには・・・



口の上の空間をきちんと残すように意識しながら、口の位置が下がらないように注意。

口を上部に置いて重心を上げておき、縦画の足を長くするように気をつけると、スキッとしたきれいな『何』になります。



ここに注意しないと次のようなかっこ悪い『何』になりますよ。



いかがですか?書けましたか?

こういうポイントは、こちらの教室で教えてもらえます。

今ならキャンペーン実施中です。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。

人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室の太田真采世です。

昨日は銀座一丁目にある奥野ビル6階のギャルリー ラーで開催されている『妖精展』に行ってまいりました。

昨年もイベントで撮影をお願いしているカメラマンの永田さんが作品の展示をされているからです。



あなたは『彩雲』って見たことありますか?

今回は『妖精展』というネーミングにちなみ、妖精が出てきそうな風景写真が展示されていました。

でも妖精よりももっと神々しいオーラを感じるお写心でした。



あなたは奥野ビルをご存知ですか?

銀座教室でのお稽古が頻繁にありますから、足繫く銀座に通っているのに、奥野ビルの存在を初めて知りました!

関東大震災の後、地震でも倒れないビルを・・・ということで昭和7年に建てられたビルだそうで、3・11の時にもタイル1枚落ちなかったそうです。

エレベーターの回数表示板が「三越と同じー!」などといろいろな部分に発見があり、ビル内探検も面白かったです。



銀座一丁目の奥野ビルで18日(土)まで展示されていますので、ぜひお出かけくださいませ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。

人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室の太田真采世です。

わが家の玄関では河津桜がきれいに咲いています。

やっぱり桜って美しいですね。

でも「桜」を書いてもらうと、なかなかうまく書けない方が多いです。

みんな口を揃えて「“女”が難しい・・・。」って言うんですよー。

そこで今日は桜のきれいな書き方を載せますね。



この二つの「桜」を見て、どちらがきれいに書けているとお思いですか?






はい、右です。

左側の桜は女がつぶれています。

でも結構多くの方が、このように書いてしまうんです。

女を書くときに、「くの字」の下向きの画をきちんと下に向けて書くようにしてください。

ここの角度が下に向かわず、横に向かう人が多いのです。

そして横画を書くときに、横画と「くの字」の角までの縦線を残すように注意してください。

横画が角を通ると女がつぶれてしまうんです。



このことを注意するだけで、右の字のようにきれいに書けますよ。

この『横画とくの字の角までの縦線を残す』というのは、女へんを書く時も気を付けた方が良い点なので覚えておいてくださいね。

どうですか?うまく書けましたか?

こういうポイントは、こちらの教室で聴くことができます。



今なら大宮教室移転記念キャンペーン実施中です。

お得なチケットは銀座教室でも使えますので、この機会にまずは体験受講されてはいかがですか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室の太田真采世です。

昨日は銀座教室で朝活から始まり、夜まで1日中お稽古でした。

体験受講の方も何名かおみえになったのですが、その中のお一人に言われたことに新鮮な驚きを覚えました。

「先生、はっきりおっしゃるんですね!男らしいー。好き!」



「そうよー、私は毒舌なのよ!スパルタなの。だってお稽古だもの。」

「そんなん言われたら、グサグサ刺されたみたいで傷ついちゃいますけど・・・。でも一人ずつの添削で言われるのでいいです。なーんか先生好き。」

イヤー照れますねぇ・・・、じゃないっ!

だってお稽古ですもの、みんなに字がうまくなってもらいたいですから、真剣ですし厳しくもなります。

添削して「はっきりおっしゃる」って驚かれることに驚いたので、午後の生徒さんに言ったんです。

「今日の午前の体験受講の方にこう言われちゃったのよねー・・・。」

すると、

「今だから言いますけど・・・」とある生徒さんが・・・。

「私が2年前に体験受講に来た日には、お稽古が終わったら疲れちゃって帰りにマッサージに寄ったんです。

そして『スパルタの先生でねー。』って愚痴を聞いてもらったんですよ。」とのこと。

えぇーっ?そうだったの?

初めて聞きました・・・。

「でも良いと思います。先生は真摯に細かく指導されてるので、それが良いと思います。

その時はそうでしたけど、今は先生のおっしゃってることが良くわかるようになりました。

達筆だと思っていた方からいただいた手紙の文字を赤で添削したくなりますもん。」

いやー、そこまでになっていただいて本当に嬉しいです。

その方は月に1回お稽古にいらしていますが、私が添削の時にお話しする点をしっかり聞いて、そこを直すようにもう一度同じ課題を書いて添削を受けて、頭と体に染み込ませてお帰りになります。

お稽古って素直に注意を聞けるかどうかで、伸び方が大きく変わります。

きちんと身につけたいとお考えなら、厳しい批評にも凹むことなくお稽古を続けることが近道だと思いますよ。

この体験受講に来られた方も、本講座でお稽古を始めることになりました。

これからの成長が楽しみです。

あなたが本気できれいな字になりたいと思っているなら、こちらの教室が最適です。

今なら大宮教室移転記念キャンペーン実施中です。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室の太田真采世です。

昨日は新しい大宮教室のお稽古初めでした。

樹ひかるさんの作ってくださったお祝いのお花を飾ってのお稽古をさせていただきましたよ。



私も以前、大切な方へのプレゼントを樹ひかるさんにお願いしました。

するとお店の雰囲気をきちんとつかんでくださり、ぴったりの色合いで素敵な作品を作ってくださったのです。

その時、「やっぱりプレゼントには想いが伝わるようなものがいいな。私もいつかこういうプレゼントが欲しいな・・・。」と思っていました。

その想いがこんなにも早く叶おうとは!

ものすごく嬉しいです。

今回の作品はこのような感じです。

ひかるさんのお写真が素敵なので、そちらを使わせていただきますね。



ひかるさんが作品について詳しくご説明くださっていますので、引用しますね。

「ピンクを基調にして、真采世さんの「優しい愛らしさ」を表現させていただきました!!

クローブやシナモンなどのスパイスに加え、木の実などもアレンジにいれ、更に、温もりを感じていただけるかと思います。

お花やスワロ、そして、木馬のリボンも同じ色味にして統一感を表現しました。

特に、ブリオン(飾りワイヤーのこと)フラワーを添えることによって、この作品が、より一層の品格と高級感、煌めきを醸し出していると思います。


本当に素敵です。

先日のイベントで、私自身がお客様全員に書を書いてお配りするうちわをピンクに塗ったばかりです。

いらしてくださるお客様のことを想いながら1枚1枚色を塗るのも楽しい作業でしたが、その時の想いがひかるさんのお気持ちとフィードバックして、一層胸が熱くなりました。

こんな風に私のことを想いながら創ってくださったのかと思うと、このかわいいピンクのお花がさらに愛おしく思えてきます。

素敵なお花には手書きにメッセージも添えられていました。



ハンドメイド作品に手書き文字・・・やはり素敵です。

いつも優雅な樹ひかるさんのお人柄の表れている作品は、こちらでもご覧いただけますよ。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。

人前で手書き文字を書くのが恥ずかしい人のためのペン字・書道教室の太田真采世です。

大宮教室は昨日が新しい場所でのお稽古初めでした!

そして大宮教室の移転をお祝いして、お花を頂戴しました。



贈り主は「さくらひめ」の相方、常磐津齋櫻さんです!

齋櫻さんは大宮教室の引っ越しの際にも手伝いに来てくれて、いつも大変なときに助けてくれるかけがえのないパートナーです。

こういうパートナーとの出会いは、なかなか恵まれるものではないので、この良いご縁を心から喜んでおります。

そして齋櫻さんに頼まれて、この素敵なお花を作ってくださったのが、樹ひかるさんです。

世界に一つだけのハンドメイドを贈りたい方は、樹ひかるさんのアーティフィシャルフラワーがお勧めですよ。



昨日は新しい大宮教室のお稽古初めでしたので、机の真ん中に飾らせてもらってのお稽古でした。



可愛い色合いの素敵なお花は、生徒さんにも好評でした!



このお花については、後の生地で詳しく書きますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)