吉田裕子BLOG「国語で人生に輝きと潤いを!」 国語講師、古典講座、日本語本

国語を学ぶことで感受性と対話力を磨いたら、人生はもっと楽しいと思う。国語の先生を始めて12年目。(予備校講師、高校教師、カルチャースクール講師(大人向け古典入門講座)、ライター) 東大教養学部・慶應通信(文学部第1類・教職)卒。

予備校講師・カルチャースクール講師(二子玉川市川新百合ヶ丘 )・ライターとして、楽しい「国語」「古典」をお届けします。このブログには、日々の気づき・学びを記録!
ホームページはこちら 、「国語」ブログはこちら
 

国語で人生に輝きと潤いを! 吉田裕子(ヨシダユウコ)BLOG | 塾講師・家庭教師(東京西部)・講演・執筆-image 国語で人生に輝きと潤いを! 吉田裕子(ヨシダユウコ)BLOG | 塾講師・家庭教師(東京西部)・講演・執筆-image

テーマ:

6月に発売されたこちらの本、早くも増刷と相成りました! お求めくださった皆様には、心よりお礼を申し上げます。

2刷もそろそろ、書店に並び始めているのではないかと存じます。わたくし自身も、新宿駅構内のBOOK EXPRESSさんが置いてくださっているのを見つけました。


{4F8DC546-AD6B-4451-91B8-BF39B7A11B6A:01}


わたくしの携わったものが、こうして実際に書店に並んでいるのを見ると、しみじみ感動してしまいます。

置いてくださった書店の皆さんにも、置いていただけるよう働きかけてくださった永岡書店の皆さんにも、お一人お一人お礼をお伝えしたい気持ちです。

そして、一冊でも多く、必要とされている方に届きますように。



★お問い合わせやご依頼はホームページまで。6/17(水)、新刊『品よく美しく伝わる「大和言葉」たしなみ帖』(永岡書店)が発売です。

★これまでの著書…『美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法』(かんき出版)、『頭をよくする整理のしかた』、『人生が変わる読書術』、『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』(枻出版社)など。産業能率大学総合研究所の通信講座『文章力を磨く』のテキストも執筆いたしました。

都内の大学受験塾に勤務する他、NHK学園 市川オープンスクール産経学園 新百合ヶ丘校で古典入門講座を担当しています。また、月1回開催の古典サークル「吉祥寺 古典を読む会」も主宰しております。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
{08390BA6-8FB8-489A-B60F-699463F79E7A:01}

吉井和哉のツアー”STARLIGHT TOUR 2015”の追加公演にして最終日、東京国際フォーラム ホールAに行ってまいりました。取り急ぎセットリストを。

今回は、ニューアルバムはもちろん、ライブで育ってきた感じのする曲が多く散りばめられた、魅力的なセトリでございました。カメラが入っていたので、映像作品も楽しみです。

>> 吉井和哉、「STARLIGHT TOUR 2015」ファイナル公演収めたDVD&BDリリース

============

STRONGER
Hattrick'n
ビルマニア
ROCK STAR
紅くて咲こうとした恋の
迷信トゥゲザー
母いすゞ
TOKYO NORTH SIDE ※もとは山田孝之への提供曲
MUDDY WATER(+ありのままで、ウルトラソウル)
審美眼ブギ ※イエモン
Route69
MUSIC
点描のしくみ
Step Up Rock
クリア
You Can Believe
パール ※イエモン
(Everybody is)Like a Starlight

-----

HEARTS
ONE DAY
MOONLIGHT DRIVE ※イエモン
WEEKENDER
ボンボヤージ

============

リストバンドの光っているときは、こんな感じ。ライブ中は、特定の曲になると発光。こちらで色は変えられませんが、照明と連動して色が変わり、ステージと客席との一体感を増してくれました

{3EFAEF9D-FB91-4E74-B963-EBC8975DBDD1:01}


タイトル:未定 [Blu-ray]/日本コロムビア


さて、ここからは、一夜明けて、改めて書いております。頭がフワフワするような幸福感は強く残っているのですが、どうも細かいことが思い出せなくて……(苦笑) 特に覚えているところだけ少し。

============

STRONGER

以前「ノーパン」から始まるツアー(宇宙一周旅行)があったことを、ふと思い出しました。ほぼ声のみで聴かせる、この歌からのスタートには、吉井さんの自信が感じられます。一曲目から伸びやかで力強い歌声でした。

Hattrick'n
ビルマニア

ビルマニアの始まりがとても温かい空気感だったのが印象的でした。ステージ右のスピーカーの上に乗ってパフォーマンスする場面も。

ROCK STAR

この歌は、今の、イエモンの頃を髣髴とさせる金髪がよく似合いますね! イエモンのライブ映像でよく見る、間奏中、踊り狂う吉井さんが観られて楽しい! 死んだら新聞! 死んだら新聞! この曲では、あまりの盛り上がりに、2階席が揺れていました(笑)

紅くて咲こうとした恋の
迷信トゥゲザー

この曲の「夜中の3時はお化けのおやつタイム」のところで、「夜中の3時はバーニーのギター」と歌って、ギターソロを聴かせる流れが妙に好きでした。

母いすゞ

この曲は、カバー曲メインのライブの中だと結構溶け込む感じになるのだと思うのですが、吉井さんのアッパーチューン中心のライブの中では、独特さが際立ち、すごく存在感がありました。バンド各人を照らす、四角い感じの照明が格好良くて印象に残っています。

TOKYO NORTH SIDE ※もとは山田孝之への提供曲

「母いすゞ」からの流れがすごくしっくり来ました。何だか(吉井さんの中での)北区っぽいナンバーが続いたな、と(笑)

MUDDY WATER(+ありのままで、ウルトラソウル)

間奏の部分で、各会場恒例となっているらしいドラム ヨシフミさんの「ありのままで」。吉井さんがギターでサポートしていました(笑) 今回のツアーの開催場所がB'zと重なっていることをネタにし、吉井さんとバーニーでB'zっぽい写真を撮って遊んでいました。「Y'zにしたら洋服のブランドだし、K'zにしたら電気屋じゃねぇか!」とか言っていた気がします。「ありのままで」を歌うヨシフミさんも「少しも寒くない……ウルトラソウル‼︎」と歌って楽しそうでした。

審美眼ブギ ※イエモン
Route69

ステージは、スピーカーをビルに見立てての夕景。二階席の左壁に、アメリカの国道を車で進んでいるような動画が映し出されていました。

MUSIC

確かこの曲のあたりだった気がするのですが、ナポリタンズの演奏と、力作の照明とを讃えた後、「そして何より、俺と君たちの心の触れ合い!」みたいなことを言っていて、吉井さんのソロになってからは珍しい感じの、ちょっとオレ様的な煽り方が新鮮でした。

点描のしくみ
Step Up Rock
クリア
You Can Believe
パール ※イエモン

最近はイエモン時代の曲を数曲歌うのが定番になっていますが、「パール」は新鮮で驚きました。

(Everybody is)Like a Starlight

この曲で、入場時に配られたリストバンドが光りました。歌詞の「Everybody is Like a Starlight」を体現するかのような演出。客席が星空になりました。二階席だったので、その様子がよく見えて感動しました。「パール」を聴けた感激、そして、吉井さんの音楽を愛するたくさんの人達による星空を目の当たりにした感激で、思わず、涙、涙です。

-----

HEARTS
ONE DAY
MOONLIGHT DRIVE ※イエモン
WEEKENDER

ライブ恒例となった曲。私はこの「働いて」の後、吉井さんが「今週もお疲れ様!」などと叫んでくれるのが大好きなのですが、今回は「来週からも頑張って!」だった気がします。

ボンボヤージ

しっとりと聴かせるこの曲でラスト。「MOONLIGHT DRIVE」とこの曲でも、リストバンドは光りました。最後には、有賀さんの撮影で、メンバーが観客をバックにした記念撮影をしていました。ナポリタンズの後ろ姿、格好良かったなぁ。バンドというわけではないのに、とっても一体感のあるこのメンバー、大好きです。

============

★お問い合わせやご依頼はホームページまで。6/17(水)、新刊『品よく美しく伝わる「大和言葉」たしなみ帖』(永岡書店)が発売です。

★これまでの著書…『美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法』(かんき出版)、『頭をよくする整理のしかた』、『人生が変わる読書術』、『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』(枻出版社)など。産業能率大学総合研究所の通信講座『文章力を磨く』のテキストも執筆いたしました。

都内の大学受験塾に勤務する他、NHK学園 市川オープンスクール産経学園 新百合ヶ丘校で古典入門講座を担当しています。また、月1回開催の古典サークル「吉祥寺 古典を読む会」も主宰しております。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
万葉集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)/角川書店


吉祥寺 古典を読む会、7月定例会は『万葉集』を取り上げました。

いわゆる「万葉仮名」で書かれた和歌の解読に挑戦することからスタート。そして、天智天皇の病に際して詠まれたタマフリの歌、「百人一首」にも(形を変えて)収められた山部赤人の富士山の歌、子どもの愛おしさを詠んだ山上憶良の歌、笠郎女が大伴家持に贈った歌群、妻を亡くした柿本人麻呂の泣血哀慟歌を読みました。

当時の正確な発音は分からないですが、声に出して読みあげてみると、千数百年前の人々と通じる手がかりを得るような気がして、楽しいものです

会で『万葉集』を読んだのは初めてでしたが、たくさんのご質問をいただきながら、理解を深めていくことができたと思います。

皆様のご感想を紹介いたします。

「これまで万葉集は単に素朴というイメージでしたが、予祝の歌、国見の歌など、言葉のパワーを信じた歌について色々知ることができて楽しかったです。山上憶良の『銀も……』の歌も、背景に仏教があったと知ると、また違う受け取り方になりますね」

「2時間があっという間でした。先生の授業は、作品の中の人間が生きていく感じ、作品の中の人間の心そのものが裸で迫ってくる感じがして、本当に楽しいです。次回も楽しみです」

「時代によって、うたの常識が変わっていくことを知ることができて面白かったです。また、笠女郎の歌を詠んで、昔の時代でも、奈良時代には、女性から男性に熱烈なうたを贈っていることに驚きました」

「初参加で不安に思っていましたが、実際に参加してみると、そんな不安も消え、聞き入ってしまいました。ただの知識でなく、背景や成り立ちを細かく説明した読み解きで、本当に面白かったです」

などなど、今回は22名の方にお越しいただきました。ありがとうございました。

『万葉集』に興味を持った皆さんに、今回、会の準備にあたって読んだものの中で、読みやすい本を載せておきますね。

万葉集ハンドブック―『万葉集』のすべてがわかる小事典/三省堂


新編日本古典文学全集 (6) 萬葉集 (1)/小学館


新編日本古典文学全集 (7) 萬葉集 (2)/小学館

新編日本古典文学全集 (8) 萬葉集 (3)/小学館

清川妙の萬葉集 (ちくま文庫)/筑摩書房

{3E8F7EE6-F0BF-46A8-A455-90C35E3FEBDC:01}
会の2周年を記念して、吉祥寺駅 南口の「串鳥」で納涼会を開催しました。第1回から参加してくださっている方も、初めてお越しの方もご参加くださいまして、2時間ほど、古典談議に花を咲かせました それに飽きたらず、第1回からご参加の歌人 梶間和歌さんと、二次会まで開催。

興味のあることでつながる「事縁」には、「血縁」や「地縁」にはない面白さがあります。関心の重なる分、すぐに話が弾みますしね

「日本の古典文学」という、共通の関心のもとに集った皆さんとお話ができる嬉しさを噛み締めた1日でした。

今回、ご参加の皆さん。これまでご参加くださった皆さん。本当にありがとうございました。

次回は8/30(日)14時~、『落窪物語』を読みますので、初めての方も、いつもの方も、ご無沙汰の方も、ぜひお運びくださいませ。


★お問い合わせやご依頼はホームページまで。6/17(水)に発売された新刊『品よく美しく伝わる「大和言葉」たしなみ帖』(永岡書店)が増刷となりました。

★これまでの著書…『美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法』(かんき出版)、『頭をよくする整理のしかた』、『人生が変わる読書術』、『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』(枻出版社)など。産業能率大学総合研究所の通信講座『文章力を磨く』のテキストも執筆いたしました。

都内の大学受験塾に勤務する他、NHK学園 市川オープンスクール産経学園 新百合ヶ丘校で古典入門講座を担当しています。また、月1回開催の古典サークル「吉祥寺 古典を読む会」も主宰しております。
いいね!した人  |  コメント(0)