国語で人生に輝きと潤いを! 吉田裕子(ヨシダユウコ)BLOG | 塾講師・家庭教師(東京西部)・講演・執筆

国語を学ぶことで感受性と対話力を磨いたら、人生はもっと楽しいと思う。国語の先生を始めて12年目。(塾講師、家庭教師、大人向け古典講座) 東大教養学部卒。今は慶應通信生(文学部第1類+教職コース)

予備校講師・カルチャースクール講師・ライターとして、楽しい「国語」「古典」をお届けします。このブログには、日々の気づき・学びを記録!(ホームページはこちら 、「国語」ブログはこちら

 
国語で人生に輝きと潤いを! 吉田裕子(ヨシダユウコ)BLOG | 塾講師・家庭教師(東京西部)・講演・執筆-image 国語で人生に輝きと潤いを! 吉田裕子(ヨシダユウコ)BLOG | 塾講師・家庭教師(東京西部)・講演・執筆-image

テーマ:
{6F032EC8-75F7-462C-83B1-FCFE728529B6:01}



本日、慶應義塾大学文学部(通信教育課程)を卒業しました。


私が慶應通信に学士入学したのは、2009年秋。

当初は最短卒業(2年半)を目指しておりましたが、教職科目の追加履修や教育実習のスケジュール調整に手こずりまして、結局、4年半かかっての卒業となりましたあせる


2009年の夏、緊張しながら願書・小論文
を書いた日のことを昨日のように思い出します。入学が許可されない場合もあるとの噂に冷や冷やし、無事、入学許可通知が届いたときは、嬉しくて、嬉しくて、ワクワクしました音譜

 >> ブログ「慶應通信に入学した頃の思い」


レポートの審査は厳しく、4回も5回も再提出した科目もありました。不合格のレポートが返ってくるたびに、心が折れそうになりましたが、先生方がきちんとレポートに目を通してくださっていることが分かるコメントには、ありがたい気持ちでいっぱいでした。

いわゆる「慶友会」には入学直後だけの参加でしたが、慶友会やスクーリング、教職課程などを通して知り合ったお仲間の存在も、励みと支えになりました。

 >> ブログ「慶應通信のレポートの愉しみ | 添削指導・叱咤激励のコメント」
 >> ブログ「2011年夏スク | 慶應通信の夏期スクーリング@日吉キャンパス」


慶友会の中でも、岩松名誉教授のもとで『源氏物語』を読み解くゼミ、「三田国文学研究会」には、最後まで参加させていただきました。

諸注釈の蓄積を活かしながら、根拠を持って、自分なりの読みを確立していく。そんな読みの姿勢を教えていただきました。

 >> ブログ「三田国文学研究会への参加」


今回、卒業と同時に、中学・高校の教員免許をとることができました。

免許取得に向けて動き出し、一歩一歩進み、目標を達成できた自分を誇りに思います。

最初の大学を卒業後、「教員免許を取っておけば良かった……」とうじうじ後悔しておりました。その後悔を、未来に向けての行動に変えられたこと。そして、実際に、免許を取るところまで辿り着けたこと。この、過去から来る喜怒哀楽を、未来への行動に変えるスタンスは、これからも大事にしていきたいです。




あー、卒業できて良かった!!


お世話になった先生方、学友の皆様。
励ましてくださった家族、友人の皆様。
本当にありがとうございましたニコニコ


{7F09A6FE-05E3-4607-8981-F261E8EBC887:01}




★ホームページはこちら。著書(『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』、『百人一首を知りたい』(枻出版社))でも情報を発信しております。隔週月曜13時に東急セミナーBE講座「古典文学Cafe」を担当する他、吉祥寺 古典を読む会も主宰(4月は13日(日)「更級日記」)。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
{6F798924-0E0F-467D-AFB7-E3CB8A6B4524:01}



自宅に近い老人ホームで、月1回、古典朗読教室を開催しています。


その季節を感じる和歌・俳句をお持ちし、簡単に内容を解説してから、皆さんと一緒に朗読します
ニコニコ


入居者さんや、デイサービス利用者さん、だいたい15名前後でおこなうのですが、最近は、職員の方も楽しみにしてくださっているようで、和気あいあいと、楽しい45分間です。


今日は、3月中旬ということで、梅や桜を詠んだ作品が中心だったのですが、春の雪を詠んだ一首で、「へ~」という声の上がった歌を、ここではご紹介しようと思います。

二重の意味がある歌なのですが……
にひひ


{180FE0BB-1C36-4D61-A520-411A3A8778C4:01}




「春の日の光に当たる我なれどかしらの雪となるがわびしき」


こちら、字面通りに現代語訳をするなら、「私は春の穏やかな陽射しに当たっているのだけど、頭には雪が降りかかってくるのが辛いなぁ」といった感じです。

春の、にわかに雪がちらついた日の出来事を描写した一首ですね。


……ただし
!!

「かしらの雪」は、「頭に白いもの」ということで、白髪を示唆することができます。

また、前半の「春の日の光」も何かを暗示しています。

ここを読み解くのには、少し古文常識(歴史・文化)の知識が必要ですが、ここが示唆しているのは、春宮(とうぐう)=東宮、つまり、皇太子様の輝かしさです。

この2つを踏まえて訳すと、

「皇太子様の輝かしさを目の当たりにしている私ですが、残念なことに、私ときたら(若々しい皇太子様とは違い)すっかり頭は白髪になってしまっていることよ」

という、少し自虐的な笑いの歌になるのですねべーっだ!


ちなみに、この歌、『古今和歌集』「春上」には、以下のように出ております。正月のおめでたい場面で、皆がこの歌を聞いて笑っているシーンが目に浮かぶようです音譜

……………………


二条の后の「東宮の御息所」ときこえけるとき、正月三日お前に召しておほせごとある間に、日は照りながら雪の頭に降りかかりけるをよませ給ひける。
       
文屋康秀(ふんやのやすひで)

春の日の光にあたる我なれどかしらの雪となるぞわびしき

(『古今和歌集』春上・8)


……………………

★ホームページはこちら国語・古典作品に関するブログや著書(『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』、『百人一首を知りたい』(枻出版社))でも情報を発信しております。隔週月曜13時に東急セミナーBE講座「今こそ学びたい日本古典文学」を担当する他、吉祥寺 古典を読む会も主宰しています(4月は13日(日)「更級日記」)。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
{67D9E02F-6524-4A2B-BA73-CB42E4D408F4:01}




吉祥寺 古典を読む会、第8回定例会、「『古今和歌集』 仮名序・春の歌を読む」を開催しました。


『古今和歌集』は、10世紀初頭に編まれ、その後の勅撰和歌集の部立・配列などを決定付けました。

そして、『古今和歌集』は平安貴族の必須教養ともなりました。『枕草子』には、千首以上の和歌の全てを覚えていたという女御のエピソードが紹介されています。『源氏物語』などの物語にも、『古今和歌集』の歌に基づいた表現(引歌)が見られます。


採録された和歌群に加え、紀貫之が書いたとみられる「仮名序」も、歌論の先駆けとして、後世に大きな影響を与えています。


短歌革新を志した正岡子規には「貫之は下手な歌よみにて『古今集』はくだらぬ集にて有之候」などと批判されてしまいますが、わざわざ彼がこう述べたのは、それだけ『古今和歌集』の影響力が大きい証でしょう。


{EA6D8D9C-9068-497C-A8C8-6D00C700B7C4:01}



「春 上」、壬生忠岑(みぶのただみね)に、こんな歌があります。全体の11番目にあたる歌です。

「春来ぬと人はいへども鶯の鳴かぬかぎりはあらじとぞ思ふ」

(「春が来た」と皆はいっているけれど、僕は、鶯が鳴かない内は春ではないだろうと考えています)

情緒には多少欠けるかもしれませんが(笑)、鶯にこだわっている感じが妙に可愛らしく、個人的には大好きな一首です。

それぞれの季節の風物詩というものが確立されつつある、そんな時代の空気も感じられます。


{1331E2C6-C176-4631-BA5C-6448BF0253A7:01}



先月末、伊豆に河津桜を見に行きました。そのときに思い出したのは、この一首でした。

「見てのみや人にかたらむ桜花手ごとに折りて家づとにせむ」

(見ただけで都の人にこの山桜の美しさを伝えられようか、桜の枝を皆それぞれに折り取って家への土産としようじゃないか)

彼が山桜を見に出かけたときの一首でした。山桜と河津桜、種類は違えど、その美しさを何とか友人と分かち合いたい気持ちは同じですねニコニコ


さて、吉祥寺 古典を読む会、次回は4/13(日)14時『更級日記』です。菅原孝標女の物語への憧れを、彼女の書いた物語とともに読み解きます。ご興味のおありの方はお気軽に!


★ホームページはこちら国語・古典作品に関するブログや著書(『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』、『百人一首を知りたい』(枻出版社))でも情報を発信しております。隔週月曜13時に東急セミナーBE講座「今こそ学びたい日本古典文学」を担当する他、吉祥寺 古典を読む会も主宰しています(4月は13日(日)「更級日記」)。
いいね!した人  |  コメント(0)