吉田裕子BLOG「国語で人生に輝きと潤いを!」 国語講師、古典講座、日本語本

国語を学ぶことで感受性と対話力を磨いたら、人生はもっと楽しいと思う。国語の先生を始めて12年目。(予備校講師、高校教師、カルチャースクール講師(大人向け古典入門講座)、ライター) 東大教養学部・慶應通信(文学部第1類・教職)卒。

予備校講師・カルチャースクール講師(二子玉川市川新百合ヶ丘 )・ライターとして、楽しい「国語」「古典」をお届けします。このブログには、日々の気づき・学びを記録!
ホームページはこちら 、「国語」ブログはこちら
 

国語で人生に輝きと潤いを! 吉田裕子(ヨシダユウコ)BLOG | 塾講師・家庭教師(東京西部)・講演・執筆-image 国語で人生に輝きと潤いを! 吉田裕子(ヨシダユウコ)BLOG | 塾講師・家庭教師(東京西部)・講演・執筆-image

テーマ:
{6BC7E8AB-69D7-4322-B4EB-B63C8F2A02B6:01}


産業能率大学 総合研究所の通信講座『文章力を磨く』のメインテキスト・サブテキスト(ワークブック)を執筆いたしました。


執筆は去年の夏から秋にかけて。講座自体もこの4月から開講されておりますが、本日ようやく、テキストの現物を手にすることができました。

出来上がったものを見ると、無事、完成にいたったことを実感します。嬉しいことです。


{0EFCE4EC-D6F1-404D-A434-51EA9B95F246:01}


「文章力」というと、漠然としていて、何から始めたら良いか分からず、結局何も手を打てないでいる……という方もいらっしゃるはず。

そこで、このテキストでは、「文章力」を構成する要素を分析し、具体的に一歩ずつ学べるようにしました。

メインテキストには図表も豊富。的確な編集により、各項のポイントが見やすく、分かりやすく、まとまっております。

受講の際には、メインテキストに加え、書き込み式のワークブックや添削リポートもありますので、理解や上達を実感しやすいのではないかと存じます。



こちら、個人でお申し込みいただくこともできますし、会社の用意する自己研鑽プログラムの選択候補に入っている場合もあるようです。

このコースが、多くの方のお役に立てることを祈念するとともに、手を尽くしてくださった、産業能率大学の皆さまに心からの感謝を。



★ホームページはこちら。著書(『美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法』(かんき出版)、『頭をよくする整理のしかた』、『人生が変わる読書術』、『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』(枻出版社)など)でも情報を発信しております。

都内の大学受験塾に勤務する他、NHK学園 市川オープンスクール産経学園 新百合ヶ丘校で古典入門講座を担当しています。また、月1回開催の古典サークル「吉祥寺 古典を読む会」も主宰しております。

★産業能率大学総合研究所の通信講座『文章力を磨く』のテキストを執筆しました。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日重版になったこちらの本。

美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法/かんき出版



埼玉の書店 須原屋さんのビーンズ武蔵浦和店において、たくさん置いていただいているそうです

{725547E8-9B31-476F-966B-1DF0A0220250:01}
私も写真を見てびっくり! 冊数もありがたい限りなのですが、この飾り方はもはやアート! 本を魅力的に見せてくださる陳列、本当にありがとうございます。

さらに、関西 ブックスキヨスク森ノ宮店さま(大阪)の、“魅力的な女性になる♪”というランキングコーナーでも2位としてご紹介いただきました。大人気の『日本の大和言葉を美しく話す』と『フランス人は10着しか服を持たない』の間に挟まれた陳列、実に光栄なことです。

{0B4EF7BA-AA8A-4ACA-818E-7AB02FEA7F6A:01}

なお、枻出版社からも連絡がありまして、以下の2冊の重版が決まったそうです。近々、4刷がセブンイレブンや書店にも並ぶそうですので、こちらもチェックしていただければ幸いです。

東大生の超勉強法/エイ出版社


大人の文章術/エイ出版社



こうして重版の知らせを受けながら、ふと思い出したのは、3年前、フリーランスとしての生活が始まったころのことです。あのころはきちんと食べていけるかどうかの不安ばかりで、まさか、本を出せて、しかもそれが重版になるだなんて未来を思い描くことはできませんでした。
改めて振り返ると、短期間でたくさんのチャンスをいただいたのだなぁと思います。

まずは授業。塾に学校、カルチャースクール、各地での公民館での講演など、たくさんやらせていただきましたね。本も何冊も書かせていただきましたし、有難いことに、そのうち何冊もが版を重ねています。通信講座のテキストを執筆したり、新聞や雑誌にインタビューが掲載されたり、テレビに出演したり……こうして一気に振り返ると、私のフリーランス生活は順調に進んできたものだと思います。

ただ、うまく実を結ばなかったこともたくさんあります。そして、複数のプロジェクトに並行して関わる中で、たくさんの〆切が重なって体力的にシビアな時期も何度もありました。

そうしたときは、世界が敵のように感じてしまうときもありました。「誰も私の大変さを分かってくれない!」とヒステリーを起こしそうになったこともありました。

でも、落ち着いて考えてみると、世界は敵どころか、心強い味方になってくれているのですよね。無名の著者の本がこうして版を重ねるに至るまで、どれだけの人のご協力をいただいていることでしょう。
本をつくるプロセスでも、本を売るプロセスでも、様々な人が様々な形でお力を貸してくださっています。ありがたいことです。

……と、そんなことを考えていたら、ちょうど、でんぱ組の最上もかさんのこんなツイートと遭遇。

{D51121EF-0778-430B-99EA-C751505D7840:01}

「いろんな人の協力でやっとみんなの手元にいくんだなあ」。自分がまさに考えていたことを言葉にしてくださっているではありませんか。すぐ、お気に入りに登録しました
ニコニコ

支えてくださっている方への感謝を忘れず、恩返しをするような思いで、これからも邁進していけたらと思います。引き続き、よろしくお願いいたします!


★ホームページはこちら。著書(『美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法』(かんき出版)、『頭をよくする整理のしかた』、『人生が変わる読書術』、『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』(枻出版社)など)でも情報を発信しております。

都内の大学受験塾に勤務する他、NHK学園 市川オープンスクール産経学園 新百合ヶ丘校で古典入門講座を担当しています。また、月1回開催の古典サークル「吉祥寺 古典を読む会」も主宰しております。

★産業能率大学総合研究所の通信講座『文章力を磨く』のテキストを執筆しました。
いいね!した人

テーマ:
{B0F86966-C142-455A-886C-5B6B487969E2:01}



昨年秋に出しました『美しい女性(ひと)をつくる言葉のお作法』(かんき出版)が、このたび重版となりました。

これまでお手にとってくださった皆様、ありがとうございます。心よりお礼申し上げます。

また、かんき出版の皆さまにも感謝しきりでございます。無名の私に声をかけてくださっただけでもありがたいのに、内容面でも、装丁面でも、あれこれと力を尽くしてくださり、おかげで、とても素敵な本に仕上がりました。第二刷が出回って、またたくさんの方にご覧いただけるかと思うと、嬉しくてたまりません。




先月は、『ダ・ヴィンチ』書籍紹介でも取り上げていただきました。言葉遣いに関心のある皆様のお役に立てましたら幸いです。
(刊行から少し時間が経ってきましたので、書店の店頭にはない場合もあるかと存じますが、Amazonなどの通販、お取り寄せは可能かと存じます!)


★ホームページはこちら。著書(『美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法』(かんき出版)、『頭をよくする整理のしかた』、『人生が変わる読書術』、『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』(枻出版社)など)でも情報を発信しております。

都内の大学受験塾に勤務する他、
NHK学園 市川オープンスクール産経学園 新百合ヶ丘校で古典入門講座を担当しています。また、月1回開催の古典サークル「吉祥寺 古典を読む会」も主宰しております。

★産業能率大学総合研究所の通信講座『文章力を磨く』のテキストを執筆しました。
いいね!した人  |  コメント(0)