産婦人科医が不妊、妊娠、出産を経験しました

産婦人科医として働く自分が患者になるとは夢にも思いませんでしたが日頃感じることも含め綴ります。
個々の疾患、治療に関するご質問はお受けしていません。

こちらをいちどお読みくださいませ。
http://s.ameblo.jp/infertility-gyne/entry-11913613124.html


テーマ:
あの人はいま、みたいな番組をたまたま見かけて、
きらり、という女優さんの苦労闘病エピソードをやっていました。

19歳で子宮頚癌になって
円錐切除して
妊娠6週での流産を2回経験して
3度めの妊娠で癌の再発がわかって
無理を通して子供を出産した、
というもので
そのあとの話は見なかったのですが

どうも、子宮頚癌ではなくて高度異形成で手術をした模様で、再発も高度異形成がふたたび出た、ということのようで

19歳で子宮頚癌というセンセーショナルなタイトルはでたらめでした。

それに、確かに円錐切除後は流早産のリスクですが、6週の稽留流産は関係ないと思います。
早期の流産は染色体異常が主な原因です。

手術した医師に流早産のリスクを告げられたそうだけれど、
流産を診断した医師にもそう言われたんだろうか?そうだとしたらちょっと違うかなと、思います。

それに、妊娠のイメージ映像として使われていたエコー映像は
肝臓が写っていたし(笑)
普通は胎児や子宮のエコーじゃないのかな?
興ざめ。

突っ込みどころ満載だったので、つい記事にしてしまいました。
正しくない放送にはがっかりさせられます。

この内容できらりさんが良いとしたなら
彼女の病気への理解が不十分と言わざるを得ません。
妊娠のときに高度異形成が再度指摘されたことからしても
ちゃんと理解して定期的なフォローを受けていたのかもビミョーです。

患者さんもかしこくなる必要があります。

医師並みの知識を持て、ということではなく、
自分の正しい病名と必要な治療、適切な受診ペース等を把握することです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。