産婦人科医が不妊、妊娠、出産を経験しました

産婦人科医として働く自分が患者になるとは夢にも思いませんでしたが日頃感じることも含め綴ります。
個々の疾患、治療に関するご質問はお受けしていません。

こちらをいちどお読みくださいませ。
http://s.ameblo.jp/infertility-gyne/entry-11913613124.html


テーマ:
少し前になりますがネズミがいる夢の国に行ってきました。
子供らもそれぞれの年齢相応に楽しんでくれていて
連れていった甲斐があるというものでした。

わたしが気になったのはそこではなく。

夢の国には妊婦がやたら多い!!
という、ことであり
怒りと情けない気持ちが込み上げてきました。
ため息が出ました。

そして夢の国の最寄りの大学病院産婦人科は、夢の国の妊婦のトラブル対応に悩まされており
かかりつけでない妊婦の出産、緊急入院などで、仕事が増えているそうです。
医療資源には、限界があります。
限られた医療資源は、重症者、緊急性のある患者に優先的に利用されますので、
そのように迂闊に仕事を増やすことは、
その自治体で生活している妊婦の医療資源を横取りすることと同じです。


安定期に夢の国に出没するのはやめましょう。いつも以上に長距離を歩き、長蛇の列にならび、時に寒い中、全身が冷えて張りやすくなります。

産気付いたら、どこを受診しますか?
かかりつけにすぐに戻れる距離ですか?
出血、お腹の張りなどで、夢の国の最寄りの病院に入院してしまったら
地元とは遠いところでそのままお産になるかもしれません。
長期入院でも家族の面会は無いですね、自宅が遠いから。


そんなケースは、自分の責任ですから、
まさかblogには書けませんよね。
結局、SNSには、無事に楽しんできた妊婦の書き込みばかりです。
でも本当はその影で、自分の行動で思わぬ結果になってしまった人たちがいるのです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(3)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。