原口一博総務相は11日の衆院総務委員会で、政府が地域主権改革の一環で進める国の出先機関の見直しについて、政府の行政刷新会議の「事業仕分け」の手法を用いて出先機関の業務内容の無駄を整理していく考えを示した。自民党の秋葉賢也氏らへの答弁。
 出先機関をめぐっては、国と自治体の二重行政が問題視されている。原口氏は「(出先機関の)仕事の中身を今のままにして国から地方に移したところで、地方は迷惑でたまらない」と指摘。事業仕分けを通じ、地方に移管できる仕事を選別したい意向だ。 

【関連ニュース】
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
〔写真ニュース〕吉川氏、刷新会議議員に就任
吉川氏、刷新会議議員に就任
仕分け第2弾に期待=鳩山首相
吉川氏の刷新会議起用を発表

2か月女児を揺さぶり殺害、容疑の母親逮捕(読売新聞)
「なぜ自分のところにだけ」 強制執行に ホリエモン憤慨(J-CASTニュース)
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル(医療介護CBニュース)
<喜多方ラーメン>商標登録ダメ 店主らが知財高裁に提訴(毎日新聞)
<融資金詐欺>コシ社長に実刑 東京地裁判決(毎日新聞)
AD