ineatadmoのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
どうして女性は美の追求にあんなにもお金を注ぎ込むのか? 男性の私には永らく理解し難い疑問でしたが、この映画を見て少し分かった気がします. やはり女性は大好きな人の前では誰よりもずっと美しく輝いていたいからなのでしょうね. 『白鳥麗子でございます』でお馴染みの鈴木由美子先生の原作を映画化したこの韓国映画. 本国では大鐘賞最多12部門ノミネートという快挙まで成し遂げた大ヒット作品だそうです. ただ韓国映画好きの私から言わせていただくと荒削りな部分が多く12部門ノミネートはちょっと過大評価ではないかと思います. でもそんな心配など関係ねぇ~! とばかりにこの映画は魅力的で素直に面白いです. ゴーストシンガーだった巨漢の女性があることから一念発起し全身整形、そしてとんでもないべっぴんさんに生まれ変わるくだりはとても面白く、特に整形後に街に出ると出会う男性が次から次へと彼女を見るたびに態度を豹変させる様は最高でした. 中でも交通事故のくだりは爆笑してしまいましたね. 多分私もあんなべっぴんさんに出会ったら頭から流血していても笑顔で接してしまうと思います. あぁ~男ってアホなのよね~♪ またそんな彼女が美人になってチヤホヤされながらも巨漢時代の心の傷が忘れられずにストーカー男の気持ちまで理解できてしまうシーン. あれはあれでちょい感涙しちゃいました. あんなかわいい娘にああまで涙ながらに力説されたら逆に私は彼女のために何でもします! って神様に誓ってしまいそうなくらいでしたもん. その他にも前髪をかき上げる仕草が個人的にはチョン・ジヒョンちゃん以来の衝撃と言っても過言ではないほど最高だったなど、とにかく主演のキム・アジュンちゃんの一挙手一投足がかわいいすぎるほどかわいい! そしてそんな彼女が心を込めて「マリア」という曲を歌うコンサートシーンはたまらなくよかったです. 彼女の想いとリンクした歌詞が盛り上がる曲と共に一気に突き抜けていく様がとても気持ちよく、EDロールで流れる梨花版よりもキム・アジュンちゃん版でもう一度聞きたいと思わせてくれるほどでしたよ. また昔の自分を隠しながら生きていることに耐え切れなくなったキム・アジュンちゃんが涙ながらに真実を告白するラストもよかったです. PS Storeで配信中のスパイクタイト derpturneore 整形大国と言われながらも整形に対する社会認識は日本とあまり変わらない韓国. でも社会認識がどうであれ、大好きな人の前ではいつまでもきれいでいたいという純粋な想いが多くの女性の心に通じたからこそ、あの「大丈夫、大丈夫」と声を掛けてくれる優しさが観客の涙を誘うのでしょうね. モンクレール ダウン レディース 私もキム・アジュンちゃんに「大丈夫、大丈夫」と声を掛けてあげればあんな風に優しく抱きしめてくれるのかな~? そんな淡い期待をする男の私ってやはりアホなのよね~. ちなみにライバル役のアミがどうしても日本の「別に・・・」女優やその女優を擁護した窃盗疑惑のあったあの女性タレントに見えたのは私だけでしょうか. 雰囲気的にも似ていた気がしたのは単なる偶然かな? 深夜らじお@の映画館 にとってキム・アジュンちゃんは2人目の天女です.
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ineatadmoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。