自転車競技の優勝選手をケア

テーマ:

インディバ・スペインが自転車レース「マドリード・オープンXCM master 40」で優勝したMuriel BOUHET選手を、疲労やコンディションの早期回復を目的に「インディバ®・アクティブ」で施術しました。

 

Muriel BOUHET選手(女子MTB:マウンテンバイク):...
コスタ・ブランカ・バイクレース後の早期回復をサンドラ氏によるINDIBA activの施術で行っています。
マドリード・オープンXCM master 40*の優勝者
*自転車競技会の名称

 

AD

 2月22日に大阪営業所で「インディバ®・アクティブ」セミナーを開催し、平日にもかかわらず十数名が参加、活気ある一日となりました。2月のセミナーは東京、福岡は「手関節周囲のトラブル」と「足関節捻挫」がテーマでしたが、大阪では足関節に替わり「肉離れ」を取り上げました。

  

 肉離れは発生率、再断裂率が高く、アスリートの場合、競技からの離脱期間が長期化することもあります。それだけに、早期回復に導く「インディバ®・アクティブ」の施術は関心を集めていました。

 

また関節周囲のトラブルでは「ダイナミックRES」を活用。こちらは施術デモ中にも質問が飛び交い、インストラクターからも「現場目線からの質問が多かった」という感想がありました。

 

AD

東京本社で定例講習会を開催

テーマ:

本日、2月の定例講習会を東京本社で開催しました。今月は福岡、大阪と共通でエステティシャン歴30年、美容講師歴25年と美容業界に精通されている、マレア株式会社代表取締役、池田幸枝氏を講師に、「健康と美〜プロのエステティシャンのあり方〜(技術の向上と知識の向上)」がテーマ。予定定員の50名を超える約60名の参加となりました。

 池田氏には、2会場と同様にソワンエステティックについて、より良い結果を引き出すためのフェイシャルエステティックの目的と効果、施術法などの講演に続き、実際のフェイシャルエステティックのデモを行っていただきましたが、なかなか見る機会がない施術だけに、参加者の目は真剣そのもの。講習会終了後も大勢に囲まれて、質問を受けていました。...
なお、大阪での定例講習会は16日に開催しています。

 

(写真上)冒頭、山口会長が挨拶
(写真中)参加者の目を惹きつけた池田氏の施術
(写真下)大阪定例講習会の様子

 

 

 

AD