ここ数日大阪でアーユルヴェーダ学会総会があったのだそうです。


インドの風にも記事をいただいている佐藤先生も大忙しだったようですが、


そこに参加していらしたすばらしい先生のワークショップが急遽ハップンしたとのことで


ここでお知らせさせていただきます!!


なかなか無いチャンスだとのことなので、ご興味のある方、ぜひこの機会をお見逃しなく!!



以下、貼付


インド インド インド インド インド インド インド インド インド インド インド インド インド インド


インドのマッサージでは ツボみたいなものあるんですか?

と、よく聞かれます。

答えはYes,でもあり、No,でもあります。

アーユルヴェーダの古典書、スシュルタ・サンヒターの中には、人体には107のマルマという生命点がある


と 書かれています。が、それは、ともすると生命に危険を及ぼしかねない急所として紹介されています。


しかし、南インドで、カラリパヤットという伝統武道をやっている人達は、


107のマルマを知り尽くして 攻撃と防御に使い、


カラリ療法という治療法にも使います。




マルマをとりいれたマッサージの治療法は、


南インドでしか見ることが出来ない貴重なものです。




今回、ナショナル・ジオグラフィックTVなどのドキュメンタリーでもとりあげられたことのある、


この分野の第一人者、C.M.シェリフ氏が来日し、急遽、ワークショップをやってくださることになりました。



現地の写真も豊富なプレゼンテーションと、ダイナミックなカラリヨーガのデモンストレーションと、治療法に


ついてのワークショップをご用意しています。


なかなかないチャンスですので、みなさまの御参加をお待ちしています。




日 時 11月3日(月) 午後13:30~16:30(開場13:00)


場 所:目黒中小企業センター 会議室
http://www.megurokuchushokigyocenter.jp/access.html クリック


受講料:5,000円


主 催:Satvik Inc クリック


講師紹介:Prst. CMシェリフ(KKA)ケーララ.カヤリパヤット.アカデミー主宰


通訳:小山内薫 グジャラート・アーユルヴェーダ大学医師資格取得
CMシェリフ氏はケララ・カラリパヤット・アカデミーにてカラリチキツァ(カラリ療法)のテクニカルディレクターとしてカラリパヤットの指導はもとより治療マッサージを多くの人に実践的におこなっている。

【申し込み方法】


下記1~3の必要事項をご記入の上、必ず、メールタイトルに「ワークショップ申込み」とお書きいただき、メールにてお申し込みください。


1,(御名前)


2,(御住所)


3,(携帯番号):当日急な変更があった場合に連絡が付く先をお願いします。


申込み先:info@satvik.jp

※お申し込みいただいたあと、お申込み完了のメールを差し上げます。


お申し込み後、3日以上連絡がない場合は不達などの可能性がありますのでお手数ですがお問い合わせください。


(問い合わせ: satvik.ink 佐藤 )電話でのお問い合わせはsatvikのHPより番号をお調べください


なお、お支払いにつきましては当日受付にて御願い致します。

AD

コメント(4)