一夜明けて今日は有数な盛り上がりを見せるシヴァジエリアのFCロードとJMロードの交差点のあたりの祭壇をいてきました。

といっても祭壇は通常、夜の7時くらいから開けられ、それまでは幕が掛けられガネーシュ様には会えないのが普通です。

ですが、帰国直前で子供も小さいのでそんな遅くに悪名高き渋滞ゾーンを通って遠出するわけにもいかないので、何かそれらしい雰囲気が撮れたらなぁと足を伸ばしてみました。

このエリアには4年前のガンパチに足を踏み入れたことがあります。

そのときは一人目の子をお腹に宿していまして、私のかかりつけのドクターがこのエリアにクリニックを持っていたので、そこに来るのが目的でした。

が、初日の夜だったため本当に混雑して大変だったのですが、
そのおかげでたくさんのきらびやかな祭壇を拝むことが出来たのが印象的でした。

そのときのイメージは、やはり神話を造形した様々な祭壇です。

そんなものがたくさんあるかと思ってやってきました。。。


やはり、幕がかかっていてみんな外からは見れません。。。


でも、ちょうど学生たちが帰宅時間で、その子供たちが幕の中に入って、やいやいいいながらのぞいてるのを見ました。


よし!私も!!

と一緒になって幕の中にもぐりこみ、撮ってきましたよ!

この力作!!




ガネーシュ祭り


ガネーシュ祭り

なんのお話の一説でしょうね?

まだ幕の中なので、椅子とかあってすみません。


ガネーシュ祭り
あ!
この人見たことあります。


以前本サイトでご紹介した
ガネーシュテンプルにこのような人の絵がありました。




ガネーシュ祭り

まわりの人形の割りに
ガネーシュはずいぶんと小さいですね


ガネーシュ祭り

昔のインド男児ってこんな感じだったのかな?
ワイルド!

ちょっとインド版スリラー と言われている方に
似ています。。。




と、このあたりから異変が。。。


どうやらお祭りもインディアンタイム。
初日はあくまでもガネーシュさまを運び入れることであって、
祭壇は完成してないのが普通のようです。

話に聞けば最終日の川流しまでに出来てればよいような。。。
実際、その場で作ってるところもいくつか目につきました。

だいたい昨日の疲れで
翌日の午前中なんて誰も作業はしてないですね。



ガネーシュ祭り
あら!

まだ準備中。
今衣装を準備中かしら?


ガネーシュ祭り

感じだけ、感じ取っていただけました?








ちなみに、大きな町はこのような祭壇でストーリー仕立てにされますが、私の住むような住宅地では


だいたい祭壇そのものにお金をかけることの方が多いようです。



私の住む街で一番のお金持ちの住む通りの祭壇。



ガネーシュ祭り

ピンクのオーガンジーにキラキラでかわいいでしょ~。
バッグのすかし屏風のようなものも素敵です



ガネーシュ祭り


ガネーシュ祭り
夜になると電飾がつきます






なかなか遠くにはいけませんが、残された日々で目についたものは、またお届けします。

AD

コメント(2)