さて、今日のガンパチの1日を少しずつ報告しますね。


実は今やっと家に帰ってきたところです。

今さっきまで街のいたるところでやっているガンパチ御神体奉納のためのパレードをいくつか見てきたところです。

興奮した子供もやっと寝て、一息ついて。。。


毎年のことながら、本当に心地がよいドラムの音がいい厄払いになる感じがします。

雨季で滞った何かが、ぱぁ~っと手放される感じで本当に気持ちがいいですよ。



さて、今日の昼間の様子から何度かに分けてお伝えします。


まず、今日のプネー一番の商業地区、ラクシュミーエリアでの様子です。


昼間にも書いたとおり、今日はこの夜から始まる2週間のガンパチウィークスのために、ヒンドゥの各家族が


街に買い出しに来るので、すごい熱気です。


リクシャで向かう中でも、各家庭にお連れするガネーシュ像を大事そうにもってる姿をたくさん見ます。


しつこいくらいに行きますよ!


ほら!



ガネーシュ像

隣のリクシャにも!


ガネーシュ像

ああ、バスの前を横切って!


ガネーシュ像

おじさんも大事そう。


ガネーシュ像

おっとっと
なるべく端をとおってっと。。。


ガネーシュ像

ぶつからないようにね。


ガネーシュ像

おじさん、立ち話しながらも大事そうに


ガネーシュ像

あ、足元の水たまりにも気をつけないとね


ガネーシュ像

僕も長男としてね!
やっぱしやることはするさ。

セレブレーションもしてもらった模様。




こんな光景を何度も見かけましたよ。写真の数でもわかるとおり。。。


そしてみんなガンパチは白いハンカチで顔を隠されているでしょ。多分人の目に触れてはけないのですね。


今度友人に聞いてみます。


インドでは人の目に触れさせることも災いを招くといわれているので、いろんなタブーがあるんですよ。


それと、神聖なガンパチ様を運ぶ人の多くは、頭にもハンカチかぶってました。


お葬式や、お寺に行くときなど男性はこういう布を頭に巻きます。女性もサリーなどで覆います。


なので、ガンパチ付近になるとこんな普通のハンカチも大繁盛で、道すがら、何件も専門店が出てました。



ガネーシュ像



さてさて、道行くガネーシュ像を運ぶ人たちはどんなところからやってきたのか。。。


こちらも町中にこんなお店が立ち並びます。


まるで日本のだるま市。



ガネーシュ像

わ!ガネーシュがいっぱい!


ガネーシュ像

店員:どれにするんだい?


ガネーシュ像

おばさん:そうね~、どれも迷っちゃうわ。
あの、お腹の大きな(私似の)ガネちゃんにしようかしらぁ~。



こんなお店も本当に山ほど、道に並んでいて、壮観でしたぁ~。


色とりどり、お顔も様々、お腹もさまざまのガネーシュさまがあって、これを1体ずつ眺めるのでも、十分


楽しめそうです。



街でまずそろえるのは、ガネーシュ神です。



~つづく~

AD