雨季らしい雨

テーマ:

今朝方から雨が降り出し、今日は1日強い雨が続いています。


ここ数日、降ったりやんだりと、ようやく雨季らしい天気になってきましたが、


今日の降りは本格的で、1日たった今、外の景色はかなり変わりました。


以前川幅について書いた日記


http://ameblo.jp/indiansameera/entry-10121269611.html


雨季川幅増
このときの川幅がこれです。


川の真ん中あたりの小島がはっきりと見え、


せせらぎもあって、乾季とまではいきませんが、


それに近い状態の水量でした。











川幅
そしてこれが今日です。


もう対岸は、通常の川幅の河川敷を超えました。


こちら側も川沿いのバンガローの庭先を


脅かしています。



これこそ、通常の雨季のドキドキ度です。


8月の声を聞くと、やはり本格的に雨が降ります。


これで3日もこんな状態が続くと、通常の雨季に戻るのではないかと期待しています。


しかし、雨季に雨が降るのはうれしいことではありますが、両手をあげて喜んでばかりもいられません。



この水量だと多分ダムはすでに満杯で放流していると思われます。


しかしたった1日の雨で、これだけの川幅の変化があるのを見ると、1970年代にあったプネーの大洪水のことも


うなずけます。


突如ダムが決壊して水浸しということも多いにあるので、要注意です。



川幅

対岸の野鳥保護公園です。


水際にはコンクリートで出来た壁があるのです


が、浸水しています。

















川幅
カリヤニナガールへの橋も橋げたが半分ほど


浸水しています。


いつもは橋の足がしっかり見えています。


雨がひどく、水が増えるとこの橋と、イェロワラー


への橋が交通規制されることもあり、主要道路が


規制されることで街が大渋滞で混乱します。



いまだ雨は強く降り続き、弱まりそうにもありません。


この水量だと、すでに非難を余儀なくされてる川岸に住む人たちもいるでしょう。


ここ数日雨で大分冷え込んでいます。私もすっかり風を引いてしまいました。


湿ったシーツが冷たいので、毛布を引いてその上に寝てます。その上に布団を2枚かぶっています。


朝方は布団があったかくて、出たくありません。


そのような寒さで家を失っている人たちが心配です。


インドは暑い!というイメージが強いと思いますが、こんな風に、常に天候の激しい変化や、実は寒さにも


脅かされます。


そんな中で思うのは、やはり「生きているだけでもモウケモノ」。感謝せずにはいられません。




ちょっとまじめな話になりましたが、雨季についてひとつ観察したことがあります。


実は毎年雨季になると、家の中にアリの長い列が出来ます。雨が降って巣をなくしたアリたちが、


安らぎとえさを求めて人間様のおうちへ居候をはじめるわけです。


しかし、ふと最近気がついたのですが、今年はアリがまったくいませんでした。


雨の降りが少なかったせいでしょう。。。


ここ2日ほどで、ちらほらとアリが現れ始めました。


地上の土に、しっかり雨がしみてきた証拠でしょうか。


アリは暖かいところを求めて、PCの中や、DVDのケース、食べ物の箱の中などに卵を産みます。


気をつけないとなりません。。。



アリの存在によって、雨量を知る。。。


共存してるなぁ~ってしみじみ思いました。




とにかく、今年も適度な雨量を確保しつつ、少しでも被害少なく、無事浮きを越したいものです。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ
AD

コメント(3)