雨の街の風物詩?

テーマ:

雨季らしく、降ったりやんだり、


時には晴れ間や青空も見えます。



我が家のリビングの景色と化している


河川も、日を重ねるごとに水かさが増え、


停電も少しずつ減ってきました。




少しくらい雨に濡れるのも気持ちがいいので、


今日はちょっと外出。



小雨なので、街はさほど人が減るでもなく、


いつもの仕事をこなす人々が行きいしています。


そんな中でよく目に飛び込んでくるのが、



ビニールキャップ


こんなビニールをかぶった人々の姿。




彼ら決してふざけていません。


ましてや恥ずかしそうなんて、


まったくといっていいほど感じられません。



雑貨屋で働くお兄ちゃんが


テンポー(輸送用の小型3輪)から


せっせと荷物を運んでいます。



「ちょっと写真とっていいかなぁ~」(ヒンディ:キャー アープカー フォートー レー サクティー(女) フーン?)


と、聞いてみると、仕事中にもかかわらず近くに居た友人に声をかけ、


快く「さぁ、とってくれ!」と肩を組んで笑顔くれました。


撮るたびに写真をチェックし


「アッチャー ナヒーン、 アウル エク!(写りがよくないからもう1枚とって)」といって、


結局4回ほどシャッター切りました。



が、彼、シャツや表情を厳しくチェックするにもかかわらず、


一向に頭のビニールは気にしないのです。



そして、やっと気に入ると、「その写真プリントしてちょうだいね」といいました。


インドのミドル階層以上では、いまやデジカメやアナログにしてもカメラというのは


ここ数年で急激に当たり前になりました。


オリンパス、キャノン、ソニー。。。何でもデパートに並んでいます。


しかし、まだまだ庶民の層には、自分の姿を紙に焼く、というのに


強い憧れがある人たちも居ます。


彼も、きっと自分と友人の友情をカメラを通して


紙に焼き付けたかったのでしょうね。




しかし、




いいのかい?このビニール頭で。。。




恥ずかしげもなく、涼しげに、この姿で道行く人は数知れず。


インドの雨季の風物詩といっても、いいかも(?)しれません。。。。

AD

コメント(6)