『光』『好き』『縄文暦』

テーマ:
2016.12.6 Tue 
月齢:6.62  八日月、宵月

感化するために ひとつにする
知恵を 引きつけながら
目的という 磁気の音とともに

{31A73AF5-03B5-46F3-9DF6-DC4F047F2BF6}
昨日、6時37分新幹線に乗車
朝の風景  車窓より

{FE3F8715-C87F-4AFF-95BD-0D27CCDC66ED}

わの舞講習会

久方ぶりに(1年以上振り?)の会場へとテコテコ

たどり着くのに ちと迷い、到着すると 

すでに早く到着されている方々を見る次第パー

ちゃっちゃと着替えをすませて会場内へ


講習会内容はアップできませんが


静寂な空間


はりと脱力


はりの意識を強くもつほど脱力時にくる睡魔が強くやってくるなあと


先生のお話がいつかしら子守唄のように


冬至にむけて

心身調えてまいりませう╰(`*)╯♡


シェアを許された

わの舞創始者千賀一生先生のメッセージキラキラ

とても素敵なのでご一読頂けたら幸いに存じます(╹◡╹)


クローバー


『ありがたいことに私の家からは

一面に広がる緑の山々が見える。


気持ちの良い朝の時間に

愛しく感じられるこの緑の

世界を見ていると

天から降り注ぐ光が

いかにも降り注ぐというように

感じられてくる。


あたかも意図して

幸せを注いでくれているかのように

感じられる。

たしかにこの感覚は

幸せとしか言いようがない。


いったい何が

この幸せを届ける活動を

もたらしているのだろう。


天から降り注ぐ

見えないけれども

他の者たちを見えるようにしてくれる

この光という存在に

私の意識は感応する。


ただただ

ありがたいという思いになる。


光にまっすぐに向かい合うと

決まってこんな次元に魂が導かれるのは

光自体がそのような意識をもたらす存在であることを示している。


この不可思議な感覚に向かい合うだけで

私たちは幸せに至る。

これだけですべては満たされる気がする。


私たちはただただ

本当は幸せの光の中にいる。


光に向かい合うと

私たちは真の現実に直面させられる。


人間には、思い煩う性質もあれば

幸せの中にいることのできる性質もある。


光に向かう植物が成長するように

私たちの心も

光に向かい合うと

あるべき方向へと導かれる。


私たちの祖先が、なぜ毎朝

お日さまに向かい合い続けてきたのか

その心を、光は

いつでも語り続けている。』


クローバー好き


『太陽系は

同じスピンを繰り返すことで成立し

創造を生み出します。


日本の茶道などの

道の文化を参考にするとわかると思いますが

毎日同じことを続けることができるということは

宇宙と同化する一歩であり

尊い創造行為の基礎でもあますが

これができる人にとって

次なる関門は、その継続が

惰性に流されないものであることができるかどうかではないかと思います。


マンネリ化してしまうような状態は

心のエネルギーが追いついてゆかない状態です。

このような状態に陥らないためには

何が必要なのでしょうか。


それは、一般的な言葉で言えば

『好き』という気持ちであると思います。


その物事が好きで好きでたまらない

そういうわくわくしている時には

このマンネリ化は起こりません。


『好き』とは、心の世界での

軸からの発動を意味します。


他人に負けまいとする比較意識は

その人の活動を『好き』という

中心のエネルギーからではないものにしてしまいます。


私は大人になってから

13歳の自分と

同じほどときめいているかを

何度も確認して毎日を過ごしてきました。


それは

『好き』でいっぱいの心で生きるためです。

私は今

『好き』しかないような生活を送っています。


『好き』を大切にすると

『好き』な物事は広がってゆき

『好き』ばかりになります。


これは、必ず、自分だけでなく

人を大切にすることに通じてゆきます。


『好き』でいっぱいの毎日は

幸せな光の毎日です。


『好き』は

にごりと停滞の一切を消し去る

宇宙本体の力です。』


クローバー縄文暦

宇宙周期カレンダー≪縄文暦≫


現代のカレンダーは

自然界のリズムを無視した

人工的なカレンダーです。


私の目から見て

ほんとうに自然界のリズムに合致した

カレンダーはどこにもないと感じていたため

作成してみました。


自然界と一つになって生きるためには

自然界のリズムで生きることが必要です。


私たちの心は

深いところで自然界のリズムとつながっていますので

このカレンダーは

今自分がどんなリズムにあるかが

一目でわかります。


とくにうまくゆかないことがある時に

今はどうすべきタイミングであるかの

物差しになると思います。

ぜひ実生活に

役立てていただけたらと思います。


1セット3000円


縄文暦のお申し込みはこちら

jimukyoku.tao@gmail.com


わの舞のサイトはコチラ




AD