杷木神籠石

テーマ:

白村江の戦い前後 九州には神籠石と呼ばれる石垣が数箇所築かれました。

この時代博多は海でしたので神籠石で護っている地域は、斉明・天智天皇のいた朝倉・日田地域と有明海のある地域のように思います。

ここは斉明・中大兄皇子のいた朝倉地区の廻りを護る杷木神籠石です。



福岡県朝倉市杷木林田・杷木穂坂にある城跡。筑後川北岸の筑後平野最東端、標高192mを最高所とする丘陵に所在。朝倉市には斉明(さいめい)天皇の朝倉宮跡とされる場所があるなど、交通・軍事上の重要な場所である。神籠石は1967年(昭和42)に工事中に発見されたわが国で9番目のもので、1972年(昭和47)に国の史跡に指定された。列石は2つの谷を含む山の稜線に沿って造られ、その形は長径約800m、短径約400mの楕円形で、列石線の全長は2250m。列石の石材はすべて安山岩質火山岩に属し、凝灰角礫岩と溶結凝灰岩で、杷木神籠石の東方一帯にかけて広く分布する。土塁は流出した部分が多いが、4m以上あったと推定される。列石線の高低差は約90mで、西に向かって開いた2つの谷間には水門が設けられている。

第一水門

神籠石

杷木神籠石は(夕月城・三日月城等)幾つかの城の周辺をぐるりと取り囲んでいます。

点在する社には男神が

神籠石の上部からの眺め

この神籠石は「日本書紀」には記載されていませんが、7世紀前後に築かれたものです。

当然何を護っていたのかも記載されていませんが、確実に何かを護っていたようです。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD