洋楽歌詞を不確定的に訳してみた

完全に自己満足なブログです。
名曲だと思うものしか訳しません。
ジャンルは、ロック、ヒップホップ、R&Bなど、洋楽と言われる音楽です。
聴いたことのない曲が訳されていれば、是非聴いてみてください。


洋楽和訳日本語


テーマ:
雪―レッド・ホット・チリ・ペッパーズ


Come to decide that the things that I tried
Were in my life just to get high on
When I sit alone come get a little known
But I need more than myself this time

気付いたんだ、今まで自分がやってきたことしか見えてなかったってことに
一人で腰かけてると少しずつわかってきた
けど今回ばかりは僕の手に負えない

Step from the road to the sea to the sky
And I do believe it, we rely on
When I lay it on come get to play it on
All my life to sacrifice

ここから一歩踏み出せば海と空だ
そう信じてたのに僕たちはいつのまにか
手に入れたものを弄ぶようになった
その罰が僕の命だ

Hey oh, listen what I say, oh
I got your hey oh, now listen what I say, oh

おい、僕の声が聞こえるか
君のは聞こえる、だから僕の声を聞いてくれ

When will I know that I really can't go
To the well once more time to decide on
When it's killing me, when will I really see
All that I need to look inside

いつになればわかるんだ、今さらもう
後戻りはできないっていうことに
時は迫っているのに、いつになれば
自分を見つめ直せるようになるんだ

Come to believe that I better not leave
Before I get my chance to ride
When it's killing me, what do I really need
All that I need to look inside

思ったんだ、逃げちゃだめだって
僕にはやるべきことがある
時は迫っているんだ、僕は何をすべきか
それは自分を見つめ直すことだ

Hey oh, listen what I say, oh
Come back and hey oh, look at what I say, oh


おい、僕の声が聞こえるか
応答してくれ、僕の声がわかるか

The more I see, the less I know
The more I like to let it go
Hey oh, whoa

考えれば考えるほどわからなくなって
どうでもよくなってしまいそうだ…

Deep beneath the cover of another perfect wonder
Where it's so white as snow
Privately divided by a world so undecided
And there's nowhere to go

深く沈んだら不思議な感覚に飲み込まれた
それはまるで雪のように真っ白で
僕はぼんやりとした世界に引き裂かれて
もうどこにも行けはしない

In between the cover of another perfect wonder
And it's so white as snow
Running through the field where all my tracks will be concealed
And there's nowhere to go

不思議な感覚に飲み込まれている最中
それはまるで雪のように真っ白で
僕の足跡もいずれ消えてなくなる世界を通り過ぎたら
もうどこにも行けはしない

When to descend to amend for a friend
All the channels that have broken down
Now you bring it up, I'm gonna ring it up
Just to hear you sing it out

ぼろぼろになって友のために改心したんだ
すべての道は閉ざされたから
さあ、君がそれを言ってくれれば僕も教えよう
君の声を聞きたいだけなんだ

Step from the road to the sea to the sky
And I do believe what we rely on
When I lay it on, come get to play it on
All my life to sacrifice

ここから一歩踏み出せば海と空だ
僕たちの信じるものを信じよう
手に入れたら、弄ぶようになる
その罰が僕の命だ

Hey oh, listen what I say, oh
I got your hey oh, listen what I say, oh

おい、僕の声が聞こえるか
君のは聞こえる、だから僕の声を聞いてくれ

The more I see, the less I know
The more I like to let it go
Hey oh, whoa

考えれば考えるほどわからなくなって
どうでもよくなってしまいそうだ…

Deep beneath the cover of another perfect wonder
Where it's so white as snow
Privately divided by a world so undecided
And there's nowhere to go

深く沈んだら不思議な感覚に飲み込まれた
それはまるで雪のように真っ白で
僕はぼんやりとした世界に引き裂かれて
もうどこにも行けはしない

In between the cover of another perfect wonder
Where it's so white as snow
Running through the field where all my tracks will be concealed
And there's nowhere to go

不思議な感覚に飲み込まれている最中
それはまるで雪のように真っ白で
通り過ぎたのは僕の足跡もいずれ消えてなくなる世界
もうどこにも行けはしない

I said hey, hey yeah, oh yeah, tell my Love now
Hey, hey yeah, oh yeah, tell my Love now

僕の言ったことを神に伝えて
そう、いますぐ神に伝えてくれ

Deep beneath the cover of another perfect wonder
Where it's so white as snow
Privately divided by a world so undecided
And there's nowhere to go

深く沈んだら不思議な感覚に飲み込まれた
それはまるで雪のように真っ白で
僕はぼんやりとした世界に引き裂かれて
もうどこにも行けはしない

Deep beneath the cover of another perfect wonder
Where it's so white as snow
Running through the field where all my tracks will be concealed
And there's nowhere to go

不思議な感覚に飲み込まれている最中
それはまるで雪のように真っ白で
通り過ぎたのは僕の足跡もいずれ消えてなくなる世界
もうどこにも行けはしない

I said hey, oh yeah, oh yeah, tell my love now
Hey, hey yeah, oh yeah

僕の言ったことを神に伝えて
そう、いますぐ神に伝えてくれ









レッチリといえば、Dani CaliforniaかScar Tissueとかが有名。この曲もギターのコードがレッチリならでは。ホント特徴あるバンドだと思う。
でもこの前PVをたまたま見たら、いつのまにかおっさんたちになってた笑 まあ、その分この自分もおっさんに着実に近づきつつあることもまた確かなんだけど。
この曲はデスノートの主題歌で、多少その影響もあって歌詞が作られたらしい。
だが、映画は見てないし、マンガも友達に借りて途中で飽きてやめたというていたらくぶりのために、いまいち歌詞を実感できず。
むしろ、想像上のLが主人公の歌詞の翻訳になったと自負しているくらいだ笑
歌詞については、この物憂げなメロディと歌い方、そして歌詞のメタファーから、死そのものについての歌なのではないかと推測。もちろん、例のごとく、コカインの歌にすることもできる。ハイになったときの状態を雪の白さで表現しているのかもしれんし。
でも、今回はたぶん違う。大部分の歌詞は、明らかに死を目前にしてそれを覚悟しながらも困難に立ち向かうようなそんな意志すらも感じるものだから。ラリってるひとがそんな意志を発揮できるだろうか。
というわけで、曖昧に「死が迫りながらも頑張るひとの歌(仮)」ということにしておこうと思う笑


ちなみに…
文学的な歌詞なために、解釈が難しい。
Deep beneath the cover of another perfect wonder
Where it's so white as snow
Privately divided by a world so undecided
And there's nowhere to go
は特に秀逸。大詩人の詩とそん色ないのでは?って思うくらい。
訳自体はそれほど間違っていないと思う。よくわからないのは…
When to descend to amend for a friend
All the channels that have broken down
Now you bring it up, I'm gonna ring it up
Just to hear you sing it out
の部分。いきなりamendとfriendが出てきて、唐突なかんじがした。もしかして映画デスノートにそういうシーンがあるのか。謎めいてます。
しっかし、こんな名曲が映画のエンディングに流れたら、きっとどんな駄作でも「いい映画だったなー」と感極まりながら家路につけるだろうなあ。
主題歌だけでも映画見とくんだったな笑
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

管理人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。